気象

2019/11/04

超人のジャーナリスト・アイ 176 いわき市平下平窪・中平窪などの床上浸水の水害 2

【追記4】スーパー台風19号が日本に上陸してはや10日、同時多発的な河川氾濫で流域などの住宅地の被害は甚大だ。水が引けるにつれ犠牲者の数も増えてその数現在84人。そんな中、夏井川の堤防決壊で水没した平浄水場も復旧して通水が可能に。これでやっと水道が使えるようになったと実家の清掃応援に駆けつけた知り合いが写真や動画を送ってきた。大変な惨状だが写真を見る限りでは少しずつきれいになりつつある。彼が送ってきた動画には家庭で出たゴミの山があった。いわゆる災害ゴミである。https://youtu.be/_c9ZcBsE82g
【追記5】ユーチューブ投稿より。「被災地平窪を走る」を見るはこちら→https://youtu.be/OmKaZAvm1sk

【追記6】昨日の温帯低気圧の影響で再び夏井川が氾濫、避難を余儀なくされた知り合いは、友人宅に避難したらしい。どうなってしまうのいわきとやるせなさを隠せない様子。非情の自然災害だ。それでもガンバっぺ、それがいわき魂、気丈夫に何事にも挑戦するしかない、ともかく前に進めて――。(2019.10.26 記)

【追記7】上記『日々の新聞』最新号(タブロイド版12頁、隔週刊。第400号、2019年11月1日号)を友人が送ってくれた。そこには10月12日のスーパー台風19号の平窪水害の様子が写真とともに詳細に描かれている。その新聞を読むはこちら→
特集: 日々の新聞2019年11月1日号台風19号平窪地区 - 20191106192709.pdf

今朝のNHKの「おはよう日本」」の番組では、平窪で出た膨大な災害ゴミを消防団の方々がその処理に追われている姿が映し出されていた。団員の一人は、いち早く復旧して元の生活に戻してもらいたいと語っていた。(2019.11.4 記)


【追記8】友人から送られてきた『日々の新聞』を読んだ。小さい頃遊んだり、生活の場だったりしたところが今回大水害をもたらした。それは必死になって取材を試みた『日々の新聞』の紙面に如実に表現されている。ここにはリアリズムの極意が示されているかのようだ。たとえ何人しか声が聞こえなかったとしてもその声は響きわたり読む人の心を動かすのだ。中でも中平の常勝院住職の奥さんの話は感動的で涙なしには読めない。こういう人たちがいるから救われるのだ。ここにもたくさんの生きるヒントがある。人々がつながり明日への希望も生まれると思うのだ。問題なのは行政の対応の遅さだ。
その夜遅く何人かと必死に屋根に登って水の引けるのを待ったそうで、月明かりはあったが眼下は湖化した光景で地獄絵そのものだったとその恐ろしさを述懐していた。本当の意味で常勝・院である。筆者の親戚の菩提寺でもある。
筆者は杉原千畝の勇気ある行動を思い出した。(2019.11.7)

2019/10/26

超人のジャーナリスト・アイ 176 いわき市平下平窪・中平窪などで床上浸水の水害

スーパー台風19号は昨夕静岡に上陸して関東から東北を通過して、13日の午後には温帯低気圧になり太平洋に抜けた。予想をはるかに越えるスーパー台風の威力は、静岡、神奈川、千葉、東京、埼玉、群馬 、栃木の河川を次々と氾濫させるほどパワフルで地域に深刻かつ甚大な被害をもたらした。また、長野県の千曲川流域、福島県の須賀川、郡山市の阿武隈川、いわき市の夏井川も堤防の決壊で住宅が冠水(福島県のあとも宮城県や岩手県でも被害が)。未経験の自然災害である。いわきの水害の模様は地元夕刊紙が伝えている。その記事を読むはこちら→
http://www.iwaki-minpo.co.jp/
夏井川といえば思い出す、それこそ大昔、台風の影響で川の水かさが増し中洲で遊んでいた少年らが取り残されて消防団に救出された事件ー。 それにしても気象庁やテレビで再三注意を呼びかけているにもかからず、川の増水を見に出かけて自ら命を落とした人がまたいたことである。至極残念だ。気持ち的には分からないこともないが、ここは踏ん張りどころ、止めて耐えることと肝に命じるべきだ。自然を甘くみてはいけない。

水害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。元気を出して一早い復旧を望みます。

【追記】 テレビ報道で分かったことだが、水害救助でハプニングも。一つは90歳を越えた高齢者を助けようとした矢先に流されたこと、他方は、孤立した人をヘリで救助の際にフックしてヘリに持ち上げるが、そのフックを救助隊員が装着し忘れて落下、病院に搬送されたが死亡したことだ。何とも気の毒な話だ。また、浄水場が水浸しになり断水を余儀なくされた。いずれもいわき市平で起きたスーパー台風直後の出来事だ。 今回のスーパー台風19号の特徴は埼玉、長野、群馬、栃木の海のない県を襲い、いろんな河川が氾濫したことだ。気象の想定外が日常化しつつある。地球温暖化や気候変動が大きく関わっている。身近なところでは各自治体作成のハザードマップをよく見ることやまた、国の治水政策の抜本的見直しが急務だろう。

【追記2】今朝のNHKのニュースでスーパー台風19号で水害にあったいわき市内の高齢者の一件は、言葉にならないほどショッキングな出来事だ。一軒家の家に高齢者夫婦のみで暮らしていて、台風で水かさが家の床上まで上がり、2階に避難しようとしたが足が悪く階段を上れない。奥さんが先に上ったようだが彼は足が悪いせいでどうしても2階には行けない。それで長い間お世話になりましたと奥さんに告げて水の犠牲になった。その生前の写真が痛々しい。何ともやるせない。こういう最後の見放し方があるのか。酷いの一言に尽きる。家族、地域の互助会、自治体の助けがなかったのか。ここにも非常時に備えることの大切さの教訓がある。自助、共助、公助の精神が浸透し生かされることを切に願いたい。筆者的にはこの集落がこういった災害で登場するとは夢にも思わなかった。大昔は田んぼばかりの地域で、湿地帯で住宅を建てるのが不向きの一部を除いて、高専教員住宅、市営住宅など集合住宅や一戸建てが次々と建てられ、それこそ夏井川の堤防付近までびっしりと並ぶようになった。半世紀ほどで景色は一変したのである。近くにある愛谷堰では鮎取りや水浴びをしたものだ。嗚呼。
そうそう、思い出した、今も残る愛谷堰近くの地名の「寺内」は、大昔ここに寺があったが大洪水があって今は山裾にある。地名だけが存在していることを付言しておこう。

【追記3】毎日新聞の2019年10月19日の記事から。https://mainichi.jp/articles/20191019/k00/00m/040/117000c

2018/08/07

超人のジャーナリスト・アイ 172 世界的な異常気象 続

相変わらず世界的に異常気象が続いていて甚大な被害をもたらしている。下記はアメリカのNPR(アメリカ公共放送)のカリフォルニアの山火事の記事から。史上二番目の山火事で死者まで出ている。少し前にワインの産地のナパも山火事でやられて大きな被害が出たが、今度はその北の方。異常乾燥が原因で一大山火事が。詳細な記事を読むはこちら→

https://www.npr.org/2018/08/06/635983535/photos-as-one-california-wildfire-ebbs-another-explodes

2018/07/27

超人のジャーナリスト・アイ 171 世界的な異常気象

Viktigt meddelande till allmänheten om skogsbränder på flera håll i landet.
今日スウェーデンのインターネットラジオ放送を聴いていたら、上記のような警告が掲示されていた。「国の数ヶ所の山火事について住民への重要なお知らせ」とあった。また、「庭でのバーベキューは禁止」と。その記事を読むはこちら→https://sverigesradio.se/sida/artikel.aspx?programid=83&artikel=7000326

朝出掛けに世界の短いニュースをNHKBSでみるのが日課になっているが、アメリカのノースカロライナなどでは大洪水、ニューヨークのハドソン川では溺れた人もいて救出中とか。ギリシャのアテネでは山火事で多数の死者、韓国でも猛暑と報道されていた。更にネットニュースではアラブ首長国連邦では52℃、スウェーデンではこの季節は普段20℃位が30℃に、カナダのトロント州では熱中症で多数の死者、ロシアの北極圏の沿岸部でも高温、氷が更に解けているのは間違いない。ドイツやフランスでも猛暑と世界の終わりを告げるような異常気象が世界的に広がっているのだ。スイスの世界気象機関が注意を呼びかけていて、この地球温暖化による異常気象は、やはり二酸化炭素排出が原因と指摘、世界規模で考えないと大変になると警告している。

ちきゅうはおこっている。
はやくなだめないとておくれだ。
みんなてをつなげ。
みんなのちきゅうが
わらえるように。

さて、今日は少しは涼しいと思いきや、この時間になって暑さが振り返している。こういう時には昼食は少しばかり涼を感じるつけ麺に限る。ミシュランガイドで星一つを獲得してから行列のできるラーメン店に変身した店へイコカ。
で、食べたのは少し高い細麺・太麺とやわらかチャーシューがたっぷり味わえるつけ麺だった。

_20180727_090125

「特製つけ麺」(1,030円)


2017/09/12

超人のニュース拾い読み アメリカの公共放送電子版(NPR online)から最新ニュース ハリケーン「イルマ」最新情報


Irma Brings Floods, Tornado Risks As Tropical Storm Leaves Florida For Georgia
Updated at 2 p.m. ET, September 11, 2017

In Florida, Hurricane Irma has brought dangerous floodwaters, knocked out power to millions and turned human possessions into debris in the past 24 hours. After making landfall on Sunday, the huge storm remained a Category 1 hurricane as it moved over the state's northwest early Monday, before finally being downgraded to a tropical storm.

Irma has maximum sustained winds of 60 mph, with stronger gusts. At 2 p.m. ET, Irma's center was about 50 miles south-southeast of Albany, Ga., and 55 miles east of Tallahassee.

Flash flood warnings have been issued in Jacksonville — a victim, like other eastern Florida areas, of the heaviest rains that are commonly found in hurricanes' northeast quarter. Flood and tornado warnings have been issued for parts of coastal Georgia and South Carolina.

More than 6 million electricity accounts in Florida are currently without power, state officials say. While the full extent of Irma's damage isn't yet known, the storm has weakened at a faster rate than expected.

As the sun rose Monday, many Floridians anxiously began to assess the damage wrought by the hurricane, either inspecting their houses and neighborhoods for themselves or contacting those who stayed behind.

For those caught in Irma's path — and wondering what to do after it passes — member station WLRN in Miami has assembled a guide to help.

Irma was a hurricane for part of 12 days, having been dubbed a hurricane on Aug. 31, when it was far from land in the Atlantic Ocean. For days, it was a Category 5 storm, wreaking havoc in the Caribbean, where recovery efforts are still underway.

On Monday morning, the storm brought storm surge risks as high as 4 to 6 feet above normal water levels in parts of Florida. Irma was also extending tropical-storm-force winds outward up 415 miles, the National Hurricane Center says.

The perilous storm and the massive evacuation it sparked were reflected in an unusual scene in Florida early Monday, when the state's skies were empty of airliners. A screenshot taken by journalist Sam Sweeney shows, as he wrote, "not a single airplane over the state of Florida."

Irma is moving north-northwest at nearly 17 mph — a motion that's expected to continue through Tuesday. The storm's center is forecast to move near the Florida Peninsula's northwestern coast and cross the eastern Florida Panhandle into southern Georgia Monday afternoon. It will then move through southwestern Georgia and eastern Alabama through the night and into Tuesday.

Hurricane Jose, which had shadowed part of Irma's route toward the Leeward Islands, has veered off north, as expected — but forecasters say the storm will follow an odd curlicue path over the next several days, putting it south of its current position and possibly threatening parts of the Bahamas this weekend.

When it arrived in Florida, Irma was more than 400 miles wide; the storm remains huge. Consider that when it made landfall at the bottom of Florida's peninsula on Sunday, Irma's thick bands of rain were already drenching parts of northern Florida and southern Georgia.

Hurricane Irma made landfall twice in Florida on Sunday, smacking into the Florida Keys as a Category 4 storm before moving over water and hitting Marco Island as a Category 3 on Florida's southwest coast.

Here are some of the stories we're seeing in Florida:

Jacksonville

The city has already seen bad flooding, as the St. Johns River overflowed its banks — and it's going to get worse around 2 p.m., when high tide will come, the Jacksonville Sheriff's Office says.

The sheriff's office writes Monday morning: "Historic flood levels already. Levels will continue to rise. Expect 4-6 feet above normal high tide levels. You need to be concerned."

Officials had been calling for people to leave areas along the St. Johns River, and to contact emergency numbers for help leaving. To those who didn't leave, the sheriff's office says, "If you can't get out, you need to get to a house with a second story."

Key West

The far-flung island lost power and phone connections, but some news began to emerge from Key West late Sunday night. Photographer Rob O'Neal relayed an account of damage, highlighted by flooding, and downed trees and utility poles. Some buildings had also lost their rooftops.

"Counted 10-20 utility lines & 20 trees down in Oldtown. Downed trees & tree limbs scattered throughout KW. Counted at least 100 ppl walking around outside after eye wall passed," O'Neal said.

"Heaviest damage from Marathon to Lower Keys," O'Neal said.

Thousands of people are believed to have resisted mandatory evacuation orders to stay in the Keys. Sunday night, Monroe County Sheriff Rick Ramsay ordered a dusk-to-dawn curfew for the Keys.

Online

People in the hurricane's path are using a Facebook group to check in and mark themselves as safe, with nearly 400,000 people in the group as of Monday morning, offering peace of mind to loved ones and giving a hint at this storm's reach.

Members of the group also used it to commiserate, share tips and vent their feelings about Irma.

As the sun rose Monday, they also shared some of what they're seeing. A sample, from Davenport, in central Florida, where Benjamin McKinney wrote:

"Walked around to check out my yard. The neighbor's screen patio was torn off and is laying in the street. The stop sign on the corner is missing. The neighbor behind us fence is down. We're missing some pieces from our roof overhang. Our boughanvilla bush was uprooted and pulled our fence out. Nothing too crazy."

Tampa

As the storm approached, it sucked water out of Tampa Bay and other areas, prompting curious residents to head out onto the muddy ground — and, in at least one case, to rescue stranded manatees.

The hurricane center warned on Sunday, "Don't be fooled by low water conditions on the FL W coast ahead of Irma, water will rapidly surge back when the winds change direction."

Around midday on Monday, the National Weather Service office in Tampa extended flood warnings for at least 10 rivers, saying they're close to flood levels — and will rise further.

"Significant river flooding will continue over the next several days as heavy rainfall from Hurricane Irma drains into West Central Florida rivers," the agency says.

Orlando

From member station WMFE:

"Florida Highway Patrol said they're seeing too many people out 'sightseeing' and not obeying the curfew. FHP reports trees are down and there's standing water from the exit ramps at 528 to 520. Those ramps have been closed in both directions...
"FHP says traffic's starting to build up on 95 and the Turnpike southbound. They expect traffic to pick up as the day goes on and people want to go home and check out their property. Officials say people can't enter the Keys, so evacuees need to stay put."

Miami

The city is focusing on clearing roads of debris trees, and sand — in some areas, parts of the beach have been pushed over roadways. Mayor Tomás Regalado said 72 percent of the city of Miami is currently without power, NPR's Hansi Lo Wang reports. Police report at least 26 looting incidents, with 13 arrests made.

"At one time, Miami was dead in the center of the track, and could have been hit very hard," NPR's Jon Hamilton says on Morning Edition. But today, Jon says, much of the city looks "surprisingly normal" — at least out toward the airport.

"I have seen a whole lot of power trucks going by on the freeway out here," Jon adds. "There's still water on the ground in places, they're picking up lots of palm fronds, but the city looks like it's getting back in business."

Miami International Airport saw wind gusts near 100 mph and "sustained significant water damage throughout," the airport director, Emilio Gonzalez, said via Twitter. The facility is closed to passenger flights at least through

From NPR latest news:
http://n.pr/2eYdXQA

2016/11/24

11月の初雪は54年振り

1479946730637.jpg

We had the first snow of the season in November
for the first time in fifty four years !

Image_2


2014/01/31

超人の面白写真 ニューヨークからの最新フォト

昨日届いたNew York最新フォト。このところの異常な寒波は海の向うでも同じらしい。下記はニョーヨークの公園雪景色。

Image_4 Image_5

 
Image_6   Image_7

追記 寒波襲来でスーパーボールの2月2日ニューヨークメットライフスタジアムの初開催が危ぶまれたが、どうやら天気も和らぎ開催できそうだ。さて、シアトルシーホークス対デンバーブロンコスの優勝争い、勝者はどちら?

 

2012/06/20

6月に8年振りの台風

Ajisa201106171023000

昨日6月としては8年振りの台風が上陸した。台風4号は南の海上に発生してからわずか2、3日で日本上陸という速さ、幸いにそれほど大きな被害が出ずに済んだ。昨夕和歌山に上陸して一旦海上に出たが、再上陸、静岡、長野そして宮城沖へ。台風一過の今朝は快晴だが、すぐに台風5号が近づいている。
久し振りに「8 sidor」の電子版を覗いたら、スウェーデンも6月としては記録的な雨降りの多い月、1956年以来らしい。ストックホルムの人々が傘を差しレインコートを着るのは極めて稀だと報じていた。今は晴れている日が続いているが、本格的な夏のシーズンに雨降りの日が戻って来ると予報。昨夜遅くのテレビ番組ではライブでニューヨークの街角を映し出していた。30℃を超えて蒸し暑いらしい。今は世界各地の気象情報など瞬時に得られるから便利だ。情報の”洪水“には充分気をつけなければならないが。
写真は街角に咲く紫陽花。


2010/07/19

超人の面白、街の話題 2 ゲリラ豪雨去って本格的な夏到来

 ゲリラ豪雨のあとに本格的な夏がやってきた。梅雨前線が日本列島から消えた日に、気象庁が梅雨が明けたと“みられる”という可笑しな日本語で事実上の梅雨明け宣言をもって本格的な夏が始まる。予報はあくまで予報だから夏の風物詩と解せばそれでいい。今年の梅雨は、鹿児島、福岡、北九州、広島、京都、岐阜などの地域に崖崩れや川の氾濫、それに記録破りの集中豪雨をもたらし大暴れした。被害は死者も出て大きかった。斯くも日本は自然災害に悩まされて来たのか―。昔の文献にもよく出て来るし、生活の知恵で凌いできた。今、自然災害大国には予知能力の速さと正確さが求められる。ある意味では、人災ともいいかねない現象もしばしばみられることもあるからだ。それにしても、今年の台風はまだ2号しか発生していないという。可笑しな自然現象だ。温暖化ということは科学者間でも解っているが、それ以上の突っ込んだ科学的成果を出せないでいるのが現状らしい。パリやモスクワ、北京、ニューヨークなどでは猛暑、中国では洪水など世界各地で異変が起きてい
るが、その異変が恒常化現象に繋がらないとも限らない。それが怖い。
 昨日は群馬で36℃以上を観測、夏はぎらっとして短い。

  
 こちらは情報の氾濫で、鞄にコピーや新聞記事などが詰まったままだ。

2010/04/18

超人のジャーナリスト・アイ 119 アイスランド火山噴火報道

下記はレイキャヴィークの英字紙「ICELAND REVIEW」の火山爆発報道。

17/04/2010 | 16:52

Iceland Review Reporters: This is Like Ragnar k, the End of the World
“We tried driving into the darkness and it was like we had stepped into another dimension. We felt it was the end of the world as described in V lusp , the old Icelandic Poem the tells the story of the end of the world called Ragnar k or G tterd mmerung in the famous opera by Wagner.

“We saw nothing. The windshield filled with ash and we did not dare leave the car. It was like the sun had gone out in the middle of the day,” said Iceland Review editor Bjarni Brynj lfsson and photographer P ll Stef nsson. “It is not only fine ash but rough small grains. We did not dare go further. After three kilometers we felt we had gone too far. So we returned to Sk gar. The ash is so thick that it was like driving through snow.”

Sk gar was beaming with life when the Fimmv rduh ls eruption was still going on, but now it is deserted. Only a farmer was there. The shop and hotels are closed. Now our reporters have to decide whether to go east or try so see if there is a chance of going again through the thick ash towards the west.
400x400_skogar_i_reyk

Sk gar on Saturday April 17 at 16.05. Photo: P ll Stef nsson/Iceland Review
V lusp  says:

The sun turns dark,
earth sinks in the sea,
the fair, bright stars
disappear from the heavens.
Sizzling blaze
around the tree of life
colossal heat plays with
the heavens.

400x400_aska_17_4_ps

Photo by P ll Stef nsson/Iceland Review
But let us not forget that the sun came out again and the world rose, more beautiful than before.


17/04/2010 | 16:12

Iceland Eruption: How Frigthening to Pronounce Eyjafjallaj kull
One of the difficulties on reporting on the Iceland eruption is the difficulty in pronouncing the name of the glacier now turned volcano. The reporter at Fox said: “Too many letters to pronounce.” Others have dared to try, but often not with much luck.

By looking at the video you might learn how to say the word and how not to.
詳細を読みたい方はこちらへ→http://www.icelandreview.com

追記。2010年8月1日NHK BS放送で世界のドキュメンタリー「世界を止めたアイスランドの火山」と題したイギリスBBC制作の番組があった。火山噴火後5日目に現地に入った地質学者の現場からのレポートなどアイスランドの火山噴火の模様をリアルに伝えていた。番組は最後に1918年に噴火したカトラ火山が再爆発する可能性が近づいていると警告していた。ヨーロッパの国々は、事前に備えないと4月に起きた火山噴火より被害が大きくなる恐れさえあるという。(2010年8月2日 記)

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31