« 超人の面白読書 151 田村紀雄著『自前のメディアをもとめて―移動とコミュニケーションをめぐる思想史』 | トップページ | 超人の面白読書 151 田村紀雄著『自前のメディアをもとめて―移動とコミュニケーションをめぐる思想史』2 »

2020/08/07

超人の面白ラーメン紀行 272 東京駅駅ナカ『雷 東京本丸店』

Dsc_0049_20200807052701Dsc_0048_20200807052701Dsc_0047_20200807052701Dsc_0046_20200807052801Dsc_0039_20200807052801

北松戸のラーメン店がリニューアルした東京駅駅ナカに進出して一週間、丸の内側北口のカレー屋(それなりに美味しかったのに突然閉店。東京駅リニューアル構想の犠牲?)のあとにできた豚骨醤油が売りの店だ。ガツンと一杯のラーメンでトッピングのニンニクがさらに濃厚さを引き立てていた。因みに、筆者は「雷そば ミニ」(900円)を頼んだ。極太縮れ麺は食べ応えがあるものの、豚骨醤油ベースのスープによく絡み、チャーシューも美味。常時20人近くは並んでいて入るのに一苦労するかも。しかし、段取りが良いのか流れはそう悪くない。筆者は店の閉店時間間際に入ったが、12人の席は満席、隣には若い女性客もいた。アクリル仕切りはコロナ禍を反映して可笑しいが、それも感染対策の一環で仕方があるまい。『一蘭』の仕切りはこの時代を先取りした感じか(笑)

①スープ★★✩②麺★★③トッピング★★④接客・雰囲気★✩✩⑤価格★✩✩

« 超人の面白読書 151 田村紀雄著『自前のメディアをもとめて―移動とコミュニケーションをめぐる思想史』 | トップページ | 超人の面白読書 151 田村紀雄著『自前のメディアをもとめて―移動とコミュニケーションをめぐる思想史』2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 151 田村紀雄著『自前のメディアをもとめて―移動とコミュニケーションをめぐる思想史』 | トップページ | 超人の面白読書 151 田村紀雄著『自前のメディアをもとめて―移動とコミュニケーションをめぐる思想史』2 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30