« 【追悼詩】M・K君に捧ぐ一篇の詩 | トップページ | 超人の面白読書 151 田村紀雄著『自前のメディアをもとめて―移動とコミュニケーションをめぐる思想史』 »

2020/08/04

クロカル超人が行く 133 横浜戸塚駅西口周辺 再開発商業施設『 トツカーナほか』

下記は10年前に書いたもの。

春の詩 トツカーナ考

その昔 歌人与謝野晶子が詠んだ 花の道 向ひて長く 白きかな 水の流れは 一筋にして 柏尾川の桜並木 そのまた昔は 東海道53次の宿場町 本陣跡の碑もある

Dsc_0043_20200818090801

異人さんも泊まった旅館もあった 歴史のある町 坂が多い町 そして企業城下町

花冷えのする夜
ぷらぷら過去をあるく

ここはアサヒストリ―ト
こちらはサンセットストリ―ト

まずはケーキヤとヨーフータベモノヤ パチンコヤとキッチャテン 角のカシヤ その左奥 テイショクヤ トコヤ モールはヨウフクヤ ごちゃごちゃ 角の交番の前のストリート フクヤ クスリヤ フロヤ サカナヤ スーパー ヤキトリ アゲモノヤ 戻ってアサヒストリート パーマヤの上が キッチャテン ギンコウヤ ホンヤ パンヤ オモチャヤ ニクヤ ツケモノヤ ケーキヤ カナモノヤ デンキヤ スーパー イシヤ その向かいが トケイヤ ヤオヤ ブンボウグヤ クスリヤ ちょっと手前の路地を右に シチヤ チュウカヤ ヤオヤ が見えるあたりを左折 ホンヤ ガクセイフクヤにハキモノヤ フトンヤ イトヤ ノミヤ チュウカヤ キッチャテン テイショクヤ タチグイソバヤ エイガカンにパチンコテン カイテンスシヤ

ほとんどアド街状態
メインストリートは
アサヒストリート

サブストリートは
サンセットストリート

ごちゃごちゃ
こちゃこちゃ

パチンコヤ ヤキトリヤ キッチャテン ハナヤ カメラヤ オニギリヤ キッチャテン クスリヤ ヤオヤ その先信号左にフロヤもあった

見るもの捜すもの
食べるもの遊ぶもの
みんな同居雑居状態

路地は一時期活性化した
ロジはマルかった
ヘビが昼寝していた 形

どこか垢抜けなかった
どこか置き去りにされた

鎌倉か
横浜

過去がほんのり透けて
見えた


2010年4月春 花満開に
風が舞う
苦節50年 踊る会議は
5000回以上とも

やっとこ
やっとこ
やっとこさ

サカス花はカシオリバー
ではなく
アタリヤはト―ス・カ―ナだそうな

君達 僕達
オバタリアン

ヨコがタテに
タテがテンまでノビソウ

ビルル ビルルッ
ビルル ビルルッ

ランドスケープ
カラーレイアウト
はタイジョウブ

タイシン
はダイジョウブ

食料品店のカジョウ
ブティックのハンラン

コンセプトは
ナンセンス

誰も今は言えない
誰も見たい

未来の 形

ここは誰が名付けたか
イタリア トスカーナ地方
否 TOTSUKANA SHOPLAND

あるぞ
あるぞ
そのかず80以上

さあさあ
泣き笑いの人生
まずは明るく笑顔で
はじまりだ

ここは新生地
TOTSUKANA
トツカーナ

スパゲッティヤ
が初登場
すでに人が一杯

A LA TOTSUKANA

複合施設には
TOKYU PLAZA
も入っている

メタモルフォーゼ

ジャズでもクラシックでもいい
カルチャーがほしい

2010.4.2 20:53

10年後のコロナ禍の夏、トツカーナは?

« 【追悼詩】M・K君に捧ぐ一篇の詩 | トップページ | 超人の面白読書 151 田村紀雄著『自前のメディアをもとめて―移動とコミュニケーションをめぐる思想史』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【追悼詩】M・K君に捧ぐ一篇の詩 | トップページ | 超人の面白読書 151 田村紀雄著『自前のメディアをもとめて―移動とコミュニケーションをめぐる思想史』 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30