« 超人の面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策 14 | トップページ | 超人の面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新と型コロナ感染拡大克服策 16 »

2020/07/14

超人の面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策 15

超人の面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策
【その11】

アルナルソンは帰国するとすぐに気分が悪くなった。彼の娘が新型コロナウィルスの家族の検査を申し込み、デコード社に提出された。陽性反応が出たときに、アルナルソンはアーティストの友人が借りていたスタジオに隔離された。毎日看護師と医師のチームの誰かから電話が入った。「体調はいかがですか?」「彼らが訊ねた。「症状はどうですか。助けが必要ですか」」彼は思い出した。「本当に驚きました。彼らの仕事が分かって快適でしたね」非常事態で呼び出される電話番号を受け取った。「彼らはそんに多くの電話を受け取っていないと思います。理由は彼らが積極的だったからです」「隔離されている間に妻と娘は新型コロナウィルスで最初陰性反応が出ていたがかかってしまいました」彼女らは同じ治療を受けた。みんな病院やクリニックに行くのを止めた。
アルナルソンは1人で6週間過ごした。家族と離れて彼は一度回復しても帰宅しなかった。その間アイスランドの他のところと同様に彼は毎日2時に始まる3人組のブリーフィングを見ていた。「政治家、医師、疫学者の3人組はヒーローです」とアルナルソン。「彼らは冷静に人びとに話しかけています。事実と基本を踏まえて。こういうやり方なら政治や政治家は必要ないんですよ。」
発生の真っ只中アイスランド政府は、20人以上の集まりを禁止した。また、高校や大学も閉鎖した(小学校やデイケアセンターは時間を制限して開けていた)。

« 超人の面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策 14 | トップページ | 超人の面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新と型コロナ感染拡大克服策 16 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策 14 | トップページ | 超人の面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新と型コロナ感染拡大克服策 16 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31