« 超人の面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策 17 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 61 元国連事務総長ハマーショルド殺害説報道 5 »

2020/07/16

超人の面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策 18 最終回

面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策
【その14】最終回

ヤコブスドッティル首相は接触追跡チームを讃えた。そのチームは彼女の3人の息子の1人を隔離した(彼女の夫は2週間サマーハウスに連れて行っていたのだ)私は国境を再開する計画について訊いてみた。彼女はヨーロッパのすべての国々がこの問題で苦慮しているのに気づいていた。
「私たちが考えたのは、ステップを慎重に踏むことでこの実験をスタートしました。国民が検査か隔離かチョイスできます」と言った。「もしうまくいかなければ調整します。少なくとも次の数ヶ月間。今年はアイスランドの観光部門は救済できません。そのことはわかっています。しかし、私たちは人びとが入国したり出国したりできる保障が必要です。健康管理システムにあまりプレッシャーをかけずに成し遂げたい。だからそこは微妙なバランスを取ることです」
その日の夕方は天気は快晴で肌寒かった。外で食べるには肌寒いが、ニューヨークの気候を考えればレイキャビークはむしろ爽やかな方だ。
屋外のカフェは混んでいた。レストラン側はテーブルを2メートル離すように客に頼んだ。いくつかのレストランを覗いてだが。私が気づいたことは、その景色が完全に元の日常に戻った様子だということ。それにしても今は異国風にみえる。ちょうど夕食の時間帯で人びとは友人と会って寛いでいた。1人の旅行者にとって、これは氷河あるいはクジラを見学するよりもさらに良い抽選だろうと思った。

« 超人の面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策 17 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 61 元国連事務総長ハマーショルド殺害説報道 5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策 17 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 61 元国連事務総長ハマーショルド殺害説報道 5 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31