« 超人の面白読書 150 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策 18 最終回 | トップページ | 【追悼詩】M・K君に捧ぐ一篇の詩 »

2020/07/19

超人のジャーナリスト・アイ 181 元国連事務総長ハマーショルド殺害説報道 5

ローデシアの報告書を読んだオスロの国立病院のトール・ヤコブ・エイデ教授は、これは簡略な報告書だと答える。 この簡略な報告書は身体を多少詳しく調査したりはしているが、完全に検視解剖はしていないようだとエイデは書いている。 殺害されたハマーショルドの写真があるが、それはエンドーラの死体安置所で入手したものだ。現在この写真は王立図書館のハマーショルド文書館にあるが、この写真を見た人はごく少数の人たちだけである。ハマーショルド家は写真の公開をはっきりと禁じているのだ。ダーゲンス・ニーヘーテル紙は写真の内容を知らなければいけないと不首尾ながらも要請した。何年か後にノルウェー人の歴史家で作家のボーデル・カタリーナ・ナエヴィダルが、何日かだけという条件でその写真を借り出せたのは幸いだった。その写真は一人のアルキヴィストによって取り出され、後に彼は王立図書館でその地位を保った。その写真で分かることは、ハマーショルドの頭には損傷は何もなかったことだ。
オスロのノルウェー国家犯罪警察庁の犯罪専門官にその写真を鑑定してもらった。私は写真が修正されているということがはっきりと判った。かなり荒削りに仕上げてあるのだ。ダーゲンス・ニーヘーテル紙に犯罪専門官のアスク・ロヤーンは言うのだ。【2007.3.31の記事】

【追記】この記事を書いて13年が経つが、今日の毎日新聞朝刊(2020年7月19日)日曜版の国際政治学者藤原帰一の〈映画の愛〉で、元国連事務総長ハマーショルドの事故死を追ったドキュメンタリー映画を紹介している。タイトルは“誰がハマーショルドを殺したのか“。陰謀説みたいな映画でパラノイアのような作品と藤原先生は評している。その毎日新聞の記事を読むはこちら→

https://mainichi.jp/articles/20200719/ddv/010/070/002000c

【追記2】毎日新聞7月24日朝刊のコラム「金言」には、ハマーショルドが俳句を嗜んでいたことが書かれている。その記事を読むはこちら➡https://mainichi.jp/articles/20200724/ddm/002/070/102000c

« 超人の面白読書 150 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策 18 最終回 | トップページ | 【追悼詩】M・K君に捧ぐ一篇の詩 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白読書 150 雑誌『ニューヨーカー』を読む アイスランドの新型コロナ感染拡大克服策 18 最終回 | トップページ | 【追悼詩】M・K君に捧ぐ一篇の詩 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30