« 超人の詩鑑賞 T・S・エリオット『荒地』エトセトラ | トップページ | 超人の面白読書 134 小堀 聡著『京急沿線の近現代史』 »

2020/04/13

超人の気になるニュース 新コロナウィルス感染拡大のニュース 余滴

【追記25】NYCを含むニューヨーク州が、今大変なことになっている。新コロナウィルス患者が急拡大していて収容施設が追いつかないのだ。全米の感染者数は、69197人、死者数が1046人、その約5割がニューヨーク州だ。かつて友人がいて何回か訪ねたことのあるクウィーンズ地区では、屋外にテントを設置して対応しているという。医療崩壊の危機に晒されている。今朝の毎日新聞朝刊には、ジョンズ・ホプキンズ大などの集計を基に作成した(25日夜)感染者と死亡者が掲げられている。【写真左下】

_20200415_174823 20200415171950_00001
【最新データの図表右上: 毎日新聞2020年4月14日朝刊より】

日本の東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏域の住民は、昨日この週末の不要不急の外出は避けるようにと関係の自治体の首長がテレビ会議で協議し要請した。(2020.3.27 記)

【追記26】NHKBS「キャッチ!世界のトップニュース」の金曜日の@NYCの現地キャスター、マイケルさんは、先週セントラルパークで新コロナウィルス対策について街頭インタビューを行っていたが、今朝急遽メイン州ポートランドの妻の実家から放送していた。5時間かけてニューヨーク市から逃亡したという。子どもはオンライン授業とマミーの個人レッスンで凌いでいると語っていた。(2020.3.27 記)

【追記27】アメリカでは政府が民間会社に強制的に製造委託できる法律の適用で(朝鮮戦争以来初めて)、ジェネラル エレクトリックス(GE)に不足している人工呼吸器の製造を依頼したというし、また、ニューヨーク市では駐車場にテントを張って臨時の遺体安置所を作っていると報道された。イタリアでは新コロナウィルス感染が酷い北部地域に、イタリアのほかの地域や海外から医療関係者が応援にかけつけている。一方、新コロナウィルス感染の震源地の武漢では、徐々に封鎖が解除されているという。(2020.3.30 記)

【追記28】今朝の「キャッチ!世界のニュース」ではフランスのメディアが中国の武漢の墓などを取材した結果、公表されている新コロナウィルス感染で死亡した人の数が、統計数字の3000人台よりはるかに多いと数字のまやかしを指摘していた。(2020.3.31 記)

【追記29】日本の現在の新コロナウィルス感染者数は6748人、死者数は98人。(4月14日現在、感染者数は8141人、死者数159人)

全世界では感染者数は182万人達し、死者数も11万人に。最近特に多いのがアメリカで感染者数は55万人、死者数2.1万人以上。その半分はニューヨーク市を含むニューヨーク州だ。が、ここにきて入院患者が減少していると少し明るいニュースも。イギリスではジョンソン首相が新コロナウィルスに感染し入院していたが無事退院。医療従事者の努力が奏功したと感謝を意をSNSに投稿。彼はstay homeを強調していた。そのイギリスの感染者数は7.9万人、死者1万人以上、ドイツの感染者数12.6万人、死者2.9万人以上。今ドイツの医療体制のスピードが注目されている。フランスの感染者数は10万人、死者1万人、フランス社会がコロナの影響ですっかり変貌したらしい。イタリアの感染者数15万人、死者1.9万人、ピークアウトの現象と。スペインの感染者数16万人、死者1.6万人。遺族が新コロナウィルスで亡くなった父親の埋葬先を1週間かけて探し当てたニュースには胸が痛むが、感染防止のため死亡しても家族との引き合わせはできないらしい。酷い現実だ。(2020.4,13 記)

« 超人の詩鑑賞 T・S・エリオット『荒地』エトセトラ | トップページ | 超人の面白読書 134 小堀 聡著『京急沿線の近現代史』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の詩鑑賞 T・S・エリオット『荒地』エトセトラ | トップページ | 超人の面白読書 134 小堀 聡著『京急沿線の近現代史』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31