« 超人の気になるニュース 新コロナウィルス感染拡大のニュース 余滴 | トップページ | 超人の面白読書 148 小冊子ザッピング 混沌とした時代のはじまり 佐藤優 39 コロナショックと社会不安(『一冊の本』) »

2020/04/20

超人の面白読書 134 小堀 聡著『京急沿線の近現代史』

20181221194944_00001_3 20200407175330_00001

【速報】本書が第45回交通図書賞を受賞されたみたい。いわば、交通界のオスカー賞。おめでとうございます!受賞理由は、「全く新しい近現代史をまとめあげたこと」だそうです。詳しくは日刊の「交通新聞」2020年3月23日号・31日号を読まれたい。またはクロスカルチャー出版ホームページを参照されたい。http://crosscul.com (2020.4.2 記)

【速報2】2020年(令和2年)4月3日、新コロナ感染(4月5日現在、東京都では1日の感染者が143人、過去最多と報道された)防止で自粛のなか(京都在住の著者は欠席)、交通新聞社社長、事務局関係者それにクロスカルチャー出版の関係者出席のもと授賞式が行われた。クロスカルチャー出版関係者がその模様を撮影(撮影=高山茜)。その動画を見るはこちら→https://youtu.be/JMuySUmc85A(2020.4.5 記)
【速報3】神奈川新聞(2020年4月20日)地域総合版に紹介されたみたい。

京急本 - 20200420124336.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京急は西の阪神、東の京急と例えられるほど海沿いを走る庶民の電車として親しまれている。しかも目立つ赤い電車でスピードもある。電車のなかで書きものをするものならすぐさま字が踊ってうまく書けないほど揺れる。その極致はカーブのある線路を走るときで、何とも言えないスリリングさを体験できるのだ。さて、そんな大手私鉄の京急について蘊蓄を傾けた本が刊行された。小堀 聡(名古屋大学准教授 横須賀市出身、日本経済史、エネルギー産業・環境史)著『京急沿線の近現代史』だ。キーワードは120年の京急を繙く、である。本書の関連年表によると、1899年(明治32)1月 川崎(のち六郷橋)―大師、国際標準軌(1435ミリ)にて開業とある。更に本文には1月21日午前10時開始と詳しく書いてある。京急はこの1月でちょうど120年になるのだ。本書は今までの電車本とは切り口が一味違って京急「沿線」の歴史だが、読み応えがあり考えさせてくれる一冊だ。筆者は全12章174頁を一気に読んだ。前から、章によっては二三度、最後の章からは、上りの各駅電車に乗った気分で反対にも読んだ。行間からは〈つよさ〉と〈やさしさ〉が感じられ、〈知見〉が迸る。少壮歴史学者のなせる業だ。初詣(川崎大師)や神社参拝(穴守稲荷)、在来産業(海苔養殖、漁業など)に従事してきた地域・住民が京急の鉄道敷設で変貌していく様を小気味良く抉る。在来産業海水浴・リゾート→大規模な埋め立て・大企業の誘致と進出・重化学工業の勃興と発展・公害→宅地開発・沿線人口増→開発に歯止め・自然破壊・住民運動・自然保護―といったように歴史の光と陰を分かりやすく、ときに資料を駆使して簡明に描き出す。大雑把に捉えれば、前半は京浜工業地帯の発展史、後半はその歪みと警鐘。京急沿線のもう一つの顔である軍隊(帝国陸海軍、占領軍、自衛隊)の話(写真とコメントがいい、特に「小松・パイン」、横浜、逗子、原発誘致失敗の言及もある横須賀とその周辺)を織り混ぜながら、京急延伸と宅地開発の歯止め→三浦半島の自然保全に言及する。そして、京急と沿線―脱工業化の設計図等→自然との共生を模索―の未来像を巡らせて終わる。京急沿線を世界史的、とりわけ東アジアのコンテキストで捉え直したことが画期的だ。ここで目次を掲げてみよう。その前に本書の狙いを著者が書いているので覗いてみたい。

「京急沿線各地での生産活動と生活(住居、行楽、住民運動など)とが、臨海工業地帯の発展とともにどう変わっていくのかを具体的に追跡したい。本書はあくまで沿線史ですから、各章には京急以外にも企業家、政治家、住民、宗教家など様々な人物が登場します。京急は時として主役を、また脇役を演じるでしょう。なお、特別出演として軍隊(帝国陸海軍、占領軍、在日米軍、自衛隊)が登場することを予め補足しておきます。神奈川県にとって軍隊は戦前・戦後を通じて大きな存在であり、それは湘南電鉄、京急やその沿線自治体に数々の影響を与えてきました。京急沿線に注目することは、世界各地からの資源輸入の背後にある日米安保体制を足許から見直す機会にもなるでしょう。」(本文P.10―P.11)

第1章 世界史のなかの京急沿線 第2章 川崎―初詣からハンマーへ 第3章 羽田・蒲田・大森―行楽、空港、高度成長
第4章 品川―帝都直通の夢
第5章 鶴見~新子安―生活と生産との相剋
第6章 日ノ出町・黄金町―直通、戦災、占領
第7章 上大岡~杉田―戦後開発の優等生
第8章 富岡~金沢八景―おもしろき土地の大衆化
第9章 逗子海岸と馬堀海岸―残る砂浜、消えた砂浜
第10章 安針塚~横須賀中央―軍都の戦前と戦後
第11章 浦賀と久里浜―工業化とその蹉跌
第12章 三浦海岸~油壺―三崎直通の夢と現実
あとがき、関連年表

筆者的には第6章、第10章~第12章が印象的。どの章から読んでもいい。鉄道史はもちろんのこと、政治経済史、環境史、都市史、社会史、軍事史、不動産史などのアプローチを可能にする、多面的な読み方ができる本だ。ぜひ薦めたい本。
CPCNo.9 エコーする〈知〉A5判、174頁、クロスカルチャー出版 2018年12月25日刊 定価 本体1,800円+税。

【追記】著者の小堀聡先生が地域情報紙『タウンニュース』横須賀・三浦版の「人物風土記」に登場しました。
その記事を読むはこちら→「20190201112835.pdf」(2019.1.1 記)


« 超人の気になるニュース 新コロナウィルス感染拡大のニュース 余滴 | トップページ | 超人の面白読書 148 小冊子ザッピング 混沌とした時代のはじまり 佐藤優 39 コロナショックと社会不安(『一冊の本』) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白読書 134 小堀 聡著『京急沿線の近現代史』:

« 超人の気になるニュース 新コロナウィルス感染拡大のニュース 余滴 | トップページ | 超人の面白読書 148 小冊子ザッピング 混沌とした時代のはじまり 佐藤優 39 コロナショックと社会不安(『一冊の本』) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31