« 雑誌『すばる』2020年2月号拾い読み | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 270 神田神保町『しじみ軒』 »

2020/02/13

知の巨人・批評家ジョージ・スタイナーの死

20200213120654_0000120200213120654_00002

雑誌『すばる』2020年2月号の藤田直哉の「江藤淳はネトウヨの“父”なのか」を読んだあと筆者は、江藤淳についてある思いを巡らしていた。妻の死後あとを追うようにして鎌倉の自宅で自殺したこと、著名な英文学者・詩人の慶大教授の西脇順三郎氏が若いうちからマスコミにちらほらされている江藤淳(西脇先生の教え子)を嫌っていたこと、『三田文学』に関わったこと、そして、1970年代前半に慶応大学の招きで来日した英国の文芸批評家・哲学者のジョージ・スタイナーと激しいバトルを繰り広げたこと(司会は彼の著書『言語と沈黙』の翻訳者由良君美)だ(見つけ出したらこのコラムに掲載したい。ジョージ・スタイナーと日本の知識人たちのやりとりがチョーオモシロイ。要は噛み合わないのである)。掲載誌が『展望』だったか(筆者の記憶が正しければの話だが)それとも他の雑誌だったか確認しようとあちこちの本棚を探しているが、今のところ未発見なのだ(その後確か髙宮利行氏がそのことを書いていたと記憶していて、探したがその記事も見当たらない。そうしたらネットで彼の記事を見つけ、雑誌は1974年8月号の『世界』であることが判明した。感謝!見つけ出した !! 該当のコピーがジョージ・スタイナー著高田康成訳『師弟のまじわり』の本に挟まっていた)。その記事を読むはこちら→
雑誌『世界』1974年/8月号 - 20200213120228.pdf
ついでに翻訳者の訪問記を読むはこちら→
翻訳者の訪問記 - 20200213120523.pdf
ジョージ・スタイナーの原著と翻訳書は何冊か持っているが、多言語を駆使し西洋古典文学(特にダンテやシェークスピアなど)や哲学を縦横無尽に論じたまさに博覧強記の記述の羅列で、素人にはなかなか手に負えない難解な書物だ。そうこうしているうちに昨日ネットでジョージ・スタイナーの死亡記事に出くわした。2月3日逝去、享年90歳。彼の新刊書や翻訳書が出る度に、少しかじっては投げ出しまた、かじりとその繰り返しが10年前までは続いたか。雑誌『ニューヨーカー』の書評でジョン・アップダイクと並んで彼の名前が出ている記事を読んだことが今となっては懐かしい。西欧文化中心主義に根ざしたユダヤ系の知の巨人だった。アウシュビッツにこだわり続けた人でもあった。イギリスの『ガーディアン』紙電子版にも彼の死亡記事が掲載されていたが、ここではアメリカの『ニューヨークタイムズ』の記事を引用したい。その記事を読むはこちら➡https://www.nytimes.com/2020/02/03/books/george-steiner-dead.html
【追記】上記で言及している慶大名誉教授髙宮利行氏が、オンライン『三田評論』にジョージ・スタイナーの来日とその一部始終を書いている。その記事を読むはこちら➡https://www.mita-hyoron.keio.ac.jp/foreign-visitors/201705-1.html

【追記2】人間の記憶はいい加減なものだということがよく分かった。図書館でジョージ・スタイナー来日時前後の雑誌『展望』を調べたら、1974年7月号の『展望』にジョージ・スタイナーの慶応大学での講演の記事を見つけ出すことができた。(その講演収録記事を読むはこちら→ジョージ・スタイナーの慶応大学での講演収録記事 - 20200224153630.pdf)
この雑誌で由良君美司会、ジョージ・スタイナー、加藤周一、江藤淳で鼎談したと思っていたのだ。筆者の勘違いだった。ついでに合本してある『展望』の目次などをしばし眺めた。花田清輝、いいだもも、森有正、堀田善衛、鶴見俊輔らの名前が目に留まった。1970年代前半の思想状況を概括していた評論もあった。

« 雑誌『すばる』2020年2月号拾い読み | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 270 神田神保町『しじみ軒』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑誌『すばる』2020年2月号拾い読み | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 270 神田神保町『しじみ軒』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31