« クロカル超人が行く 244 本郷 根津 谷中 千駄木 日本橋 秋葉原 | トップページ | 2020年 新年の詩 「2020ねん オリンピックいや」 »

2019/12/26

超人の面白ラーメン紀行 267 文京区本郷 『札幌ラーメン三好』

_20191226_092733

先週の土曜日の本郷界隈散策で出くわした札幌ラーメンの店。この時もう一つ眺めた本郷の古本屋の一つ、森井書店に草野心平関係の古本を買いに来たのだ。ネットで探していたらここの古本屋にぶち当たったので、電話してすぐ駆けつけた。で、遅いランチにとこの札幌ラーメンを選んだのだ。要は札幌系の味噌ラーメンしかも素朴な味噌―西山製麺の黄色い縮れ太麺、多めでシャキシャキ感のあるモヤシをはじめたっぷりの野菜、大きいチャーシュー、あふれるほどのコーンとバター、そうそう、1980年代の札幌駅から大通り界隈にあったラーメン店の味を求めて―を食べたかったのだ。
味噌バター(910円)を頼んだ。無料だったのでモヤシそれにスープも追加した。一啜りの感想は似て非なるもの、ナンチャッテラーメンで出汁がイマイチ、インパクトがない。平べったく縮れているようでいないような中細麺、モヤシは茹で過ぎてシャキシャキ感はほとんどない、バターは少し小さいとナンチャッテラーメンそのもの。その中でもチャーシューだけはまあまあ。全体的に小ぶり、あの大ぶりの素朴な札幌味噌ラーメンはどこへ行った? 見れば中国系のラーメン店の様子。客は3、4人いたか。店内も少し暗い感じ。折角期待して入ったのに、これでは看板倒れだ。

文京区本郷『札幌ラーメン三好』1.スープ★☆2.麺☆☆3.トッピング★☆4.接客係・雰囲気☆5.価格★

【追記】穴あきスプーンは使わなかった、いな、使えなかった、必要なかった、邪魔だった(笑)
【追記2】偶然にコンビニで新発売のカップラーメンの札幌ラーメンを見つけ試食。スープはリアルなラーメン店顔負けの味だ。(2019.12.26 記)
_20191227_002820

« クロカル超人が行く 244 本郷 根津 谷中 千駄木 日本橋 秋葉原 | トップページ | 2020年 新年の詩 「2020ねん オリンピックいや」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クロカル超人が行く 244 本郷 根津 谷中 千駄木 日本橋 秋葉原 | トップページ | 2020年 新年の詩 「2020ねん オリンピックいや」 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31