« 超人の面白読書 142 第1回中央公論新人賞 深沢七郎著『楢山節考』(新潮文庫) & 次席 鈴木一郎「神童」(『中央公論』昭和32年3月号掲載複製版)を読む 5 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 264 神田神保町『ザボン 神保町店』 »

2019/09/20

超人の面白ラーメン紀行 263 横浜・神奈川区・六角橋 『つけ麺 くり山』

_20190920_132743

この辺の大学に用事があって済ませた後、ラーメン店に寄った。実は以前訪ねた折りには製麺機故障で閉店していたのだ。このコラムでその時の写真が出てきた。あれから4年、月日の経つのが早い。

さて、並ぶこと20分、カウンター席でつけ麺(800円)を食した。麺はもちもち感のある太麺でスープとの相性もいい。スープもまろやかで美味。チャーシューは形状が独特でしかも硬軟織り混ぜたてある。海苔、メンマ、刻みネギに混じって小さなナルトが―。食べ始めの頃は麺が少ない感じと思っていたが、どっこい量はそれなりにあった。カウンター8席とテーブル2席は満席で、外には10人がウェティング。比較的若い店主は池袋大勝軒の亡くなった山岸氏をレスペクトしているらしく、店内には彼のポスターが貼ってあった。スタッフはアシスタントの男性と中国人の女性の3人。おばちゃんにもラーメン好きがいるらしくあれこれとラーメン談義をしていた。少し煩さかった。

横浜・神奈川区六角橋『つけ麺 くり山』1.スープ★★☆2.麺★★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★★5.価格★☆☆

« 超人の面白読書 142 第1回中央公論新人賞 深沢七郎著『楢山節考』(新潮文庫) & 次席 鈴木一郎「神童」(『中央公論』昭和32年3月号掲載複製版)を読む 5 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 264 神田神保町『ザボン 神保町店』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 142 第1回中央公論新人賞 深沢七郎著『楢山節考』(新潮文庫) & 次席 鈴木一郎「神童」(『中央公論』昭和32年3月号掲載複製版)を読む 5 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 264 神田神保町『ザボン 神保町店』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31