« 超人の面白読書 138 川勝平太著『富国有徳論』 | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 14 憧れのスウェーデン・ストックホルムバス遊覧 »

2019/06/25

超人の面白読書 138 川勝平太著『富国有徳論』 2

目次

提言 富国有徳の国づくり
第1部 富国の士民
1 平成の“米騒動”と勤勉の徳
2 西洋の資本主義と東洋の資本主義
3 富の再定義――マルクスからラスキンへ
4 市民から士民へ
第2部 対談
1 鎖国と天皇――日中韓「近代化」の検証(毛利敏彦×川勝平太)
2 日本経済はどこから来てどこへ行くのか(速水 融×川勝平太)
3 東西文明システムと殖産融合― 一国資本主義から文明論へ(角山 榮×川勝平太)
4 シュムペーターを超えて(岩井克人×川勝平太)
第3部 今西錦司と宮沢賢治

1 心の書―今西錦司『生物の世界』今西錦司翁との一期一会
2 今西自然学の可能性
4 今西錦司と宮沢賢治
5 宮沢賢治―「地球時代」の先駆者
あとがき

追記   一通り読んで大分経つが、この本が約四半世紀前の1995年に出版された本に注目したい。バブルが弾けてから少し経った時期に相当するのだ。それとその前に刊行された『日本文明と近代西洋「鎖国」再考』(NHKブックス 1991年初版)では、イギリスとインドの具体的な例を取り上げて、有名な“イースタン・インパクト(東洋の衝撃)”について書かれている(✳)。いやー、何十年か振りで書店で再購入した。前に購入した本は手元にない。現物が書店にあることが不思議なくらい。普通なら絶版だが、いわゆるロングセラーものだ。購入した本は奥付けに2015年12月、19版とある。いろんな意味でインパクトのある本だ(2019.7.9   記)。

_20190716_115413

✳ 下記の文章を読めばより解りやすい。
木綿を例にとって説明した後、次のように書く。「イギリスはインド製オリジナルのコピーをつくるのに優に一世紀を要し、産業革命をまって初めてオリジナルを凌ぐコピーの生産に成功した。イギリス産業革命は自生的といわれる。しかし、むしろ産業革命――その定義上、経済と社会の根本的革命をともなう――を必要とするほどにオリジナル製品をもたらした地域からの外圧は強烈だったとも言えるのである。日本産業革命の国際的条件はウェスタン・インパクト(西洋の衝撃)であったといわれるが、イギリス産業革命の国際的条件はイースタン・インパクト(東洋の衝撃)――あるいはアジアの衝撃――であった。」(本文P.61)

追記2 『日本文明と近代西洋「鎖国」再考』(NHKブックス 1995年19版)の目次。

序  アイデンティティーの探求
グローバルな経済史をもとめて  経済学者の自然観   本書の立場と構成   社会科学の個性
第1部 日本と西洋の併行的「脱亜」―アジア文明圏からな自立
1 鎖国と近代世界システムの連関
木綿の西方伝播とイギリス産業革命
木綿の東方伝播と日本産業革命
「脱亜」の2つの形
第2部「経済と文化」の構想
1  唯物史観と近代日本
2  今西「自然学」への注目
3  文化・物産複合論
4 日本文明の形

(2019.7.15 記)

« 超人の面白読書 138 川勝平太著『富国有徳論』 | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 14 憧れのスウェーデン・ストックホルムバス遊覧 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 138 川勝平太著『富国有徳論』 | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 14 憧れのスウェーデン・ストックホルムバス遊覧 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31