« クロカル超人が行く 230 山の上ホテルのバー『ノンノン』 | トップページ | 自由の女神像にあるエマ・ラザラスの詩再考 »

2019/02/25

日本文学研究の第一人者で翻訳家ドナルド・キーン氏の死

日本文学研究の第一人者で翻訳家のドナルド・キーン氏が昨日亡くなった。享年96歳。東日本大震災後に日本に帰化、キーンドナルド鬼怒鳴門の日本名を持った。川端康成、三島由紀夫、谷崎潤一郎、安部公房など日本の作家と交流し、多数の日本文学の作品特に小説、詩歌、能や日記など古典から現代文学まで多岐にわたって翻訳した。筆者的には西脇順三郎を世界的文脈できちんと位置づけたことが印象に残る。(Together with Rirke, Valery, and Eliot, he is one of four great poets who represents the twentieth century. ―from P.323, DAWN TO THE WEST Japanese Literature of the Modern Era POETRY, DRAMA, CRITICISM, HOLT, RINEHART AND WiNSTON NEW YORK, 1984)また、流暢な日本語のなかに氏独特のアクセントがみられ、それが却って氏の人柄を表していて親しみが持てた。
氏の業績を讃えたコレクション・展示室には次のようなものがある。コロンビア大学のドナルド・キーンセンター(筆者も二三度訪ねている)、柏崎にあるドナルド・キーン・センター柏崎(地元の菓子製造会社ブルボンの好意で建てられたことは知っていて訪ねたいと思っている)それに晩年を板橋で過ごし、蔵書を板橋区に寄贈して造られた、板橋区立中央図書館内のドナルド・キーンコーナー(ここは近日中に訪ねたい)など。
ジャパンタイムズのドナルド・キーン死亡記事を読むはこちら➡https://www.japantimes.co.jp/news/2019/02/24/national/japanese-literature-scholar-donald-keene-dies-96/#.XHMs3eqCjqB

ドナルド・キーン氏には松尾芭蕉の有名な句の英訳もある。

古池や蛙飛び込む水の音

The ancient pond
A frog jump in,
The sound of water

追記 ドナルド・キーン氏の死を悼む「週刊NY生活」(電子版)の記事にはコロンビア大学のドナルド・キーンセンターで秋に追悼講演を開催それに奨学金制度を設立するとも書かれている。その記事を読むはこちら➡https://www.nyseikatsu.com/ny-news/02/2019/24655/

追記2 毎日新聞夕刊(2019年3月4日)には、寄稿 鳥越文蔵氏(早大名誉教授)の「運命を呼び寄せた天才 ドナルド・キーンさんを悼む」のタイトルで追悼記事が掲載されている。コロンビア大学の名物教授角田柳作先生のこと、中央公論社に書くようになったきっかけ、これは意外、荷風の日本語が一番美しかったとキーン氏が話していたことなど端的に書かれている。その記事を読むはこちら➡https://mainichi.jp/articles/20190301/k00/00m/040/289000c
(2019.3.6 記)

« クロカル超人が行く 230 山の上ホテルのバー『ノンノン』 | トップページ | 自由の女神像にあるエマ・ラザラスの詩再考 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本文学研究の第一人者で翻訳家ドナルド・キーン氏の死:

« クロカル超人が行く 230 山の上ホテルのバー『ノンノン』 | トップページ | 自由の女神像にあるエマ・ラザラスの詩再考 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31