« 超人のドキッとする絵画 32 ムンク展―共鳴する魂の叫び(東京都美術館) 3 | トップページ | クロカル超人が行く 230 山の上ホテルのバー『ノンノン』 »

2019/02/20

クロカル超人が行く 229  国宝迎賓館赤坂離宮と藤田嗣治の絵

_20190106_144508

【写真: 迎賓館赤坂離宮State Guest House Akasaka Palace】

昨日の日経新聞朝刊(2019年2月17日の日曜日)の文化欄に作家の林真理子が「冬のパリ」と題してエッセイを書いていたが、そのなかで藤田嗣治の呼び名について言及していた。正式な呼び名は「ふじたつぐはる」で、林真理子は「つぐじ」と呼んでいた。藤田自身が、両方書いていたらしくどちらも正しいとか。筆者などもある画家の名前をそのまま勘違いして覚えてしまって“ふじたたいじ“と長い間呼んでいたのだ。【原】田【泰】治の2文字を混同して(笑)。わらっちゃいまんねん。ついでに書けば、この画家には日本の原風景(その昔朝日新聞の日曜版でよくお目にかかった)を描かせたらあの週刊新潮の表紙を飾った谷内六郎と双璧だろう。
さて、藤田嗣治(ふじたつぐはる)の話だ。彼の初期作品が見つかったとつい先日毎日新聞の社会面にその記事が掲載されていた。彼は生涯5回結婚したが、その一番目の妻の出身地の秋田で見つかった。初期の作品らしく画風はパリ時代と違っていて貴重らしい(その記事を読むは
こちら➡毎日新聞の記事)
前段はこれくらいにして本題に入ろう。実は去年のクリスマス前の12月22日に四谷にある国宝迎賓館赤坂離宮を訪ねる機会があった。その日は外国の賓客をもてなす晩餐会などに使われている国宝迎賓館赤坂離宮の内部を特別に見学できる日で、アメリカから一時帰国した友人家族と訪ねたのだ。この機会に日本における西洋建築の際立った実例をぜひ見たいと思ったからだ。最寄りのJR四谷駅を出たら小雨がちらついて戸惑ったが、歩いてそんなにかからない距離に迎賓館赤坂離宮はあった。テレビなどではお目にかかっているものの、実物は初めてで庭先から眺めるヴェルサイユ宮殿を模した建物全体は、まさしく西洋宮殿の威厳のあるがっしりとしたもので、両端が内にうねったアーチ状でカメラに収めるには難儀の逸品である。中に入ると玄関の天井の幾何学的な紋様、深紅の絨毯、柱の紋様と大理石、西洋特に栄華を極めたハプスブルク家のウィーンやパリなどを容易に想像できるネオバロック様式。玄関・大ホール➡彩鸞の間(控えの間、外国の元首との懇談などに使用)➡フランス製のシャンデリアや欄間のコブラン織風の綴織、壁面に楕円形の七宝が凄すぎの花鳥の間(晩餐会)➡羽衣の間(招待客に食前酒を振る舞う部屋で演奏会も行われる部屋)➡朝日の間(国賓が天皇皇后両陛下とお別れの挨拶する、最も格式の高い部屋)と室内をめぐる短い時間でも荘厳な雰囲気を堪能できた。些か勇ましくもありまた。和洋折衷の装飾もあって空間演出の重厚さを思わせた。士気高揚感が漂う感じだ。ナポレオンが馬に跨がっている勇姿も描かれているかと思うと日本の花や鳥をあしらった紋様も飾られていた。そうだ、国宝迎賓館赤坂離宮には藤田嗣治(レオナール・フジタ)の絵が2点かけてあったのだ。同伴者が誰の画家の絵?と尋ねてきた。少しファンタスティックでメルヘンぽい絵、それがまさしく藤田嗣治の初期の絵だった。銀座の洋菓子店の依頼に応じて描かれたものと小冊子に書かれていた。「ポプラ並木の女性と楽士」と「葡萄の収穫」。藤田嗣治といえば、ロイド眼鏡にちょび髭というユーモラスな出で立ちがトレードマークの画家である。
見学終了後庭園近くの広場に出た。雨が本降りに変わっていた。屋台の車が並びテラスは見学者の人で埋まっていて一息入れたかったが叶わなかった。聞けばこの広場の地下に商店街ができる計画があるらしい。それほど国宝迎賓館赤坂離宮に来る見学者が多く、人気のスポットになっていて賑わいを見せているのだ。
【迎賓館沿革】紀州徳川家中屋敷➡明治42年(1909)東宮御所➡戦後、国立国会図書館➡内閣法制局➡東京オリンピック組織委員会➡昭和49年(1974)迎賓館赤坂離宮
※このコラムを書くにあたって国宝迎賓館赤坂離宮の小冊子を参照した。
_20190217_134640

【写真: 右側。国宝迎賓館赤坂離宮の小冊子の中の藤田嗣治の絵】

_20190106_144347
_20181226_115342

【写真上: 庭園Garden 写真下: 門牆Gate and Fence】

« 超人のドキッとする絵画 32 ムンク展―共鳴する魂の叫び(東京都美術館) 3 | トップページ | クロカル超人が行く 230 山の上ホテルのバー『ノンノン』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 229  国宝迎賓館赤坂離宮と藤田嗣治の絵:

« 超人のドキッとする絵画 32 ムンク展―共鳴する魂の叫び(東京都美術館) 3 | トップページ | クロカル超人が行く 230 山の上ホテルのバー『ノンノン』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31