« 超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) 4 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 32 ムンク展―共鳴する魂の叫び(東京都美術館) »

2019/02/11

超人の面白読書 136 雑誌『ニューヨーカー』電子版最新号に載った作家村上春樹のインタビュー記事

今冬一番の寒波が日本列島を襲撃(一昨日の北海道陸別町では気温が-31.8℃に達し観測史上初の記録となった。1週間前にはアメリカのシカゴで-46℃と大寒波襲来のニュースをアメリカの友人がラインで伝えてきたばかり)、珍しく関東地方でも雪が降っている。そんな寒い朝、スマホでザッビングしていたら、雑誌『ニューヨーカー』の電子版で作家村上春樹のインタビュー記事を偶然見つけ、途中朝ドラの「まんぷく」を見たため中断したが何とか読み終えた。少し長いインタビュー記事だが、作家の小説作法、作品を産み出すプロセス、考え方や日常それに小説を書き始めた頃などが知れて興味深かった。その記事(タイトルは“THE UNDERGROUND WORLDS OF HARUKI MURAKAMI ”)を読むはこちら➡https://www.newyorker.com/culture/the-new-yorker-interview/the-underground-worlds-of-haruki-murakami
インタビューアーのデボラ・トレ―ズマンDeborah Treisman女史に関する記事はこちら➡http://www.artscouncil.ie/Arts-in-Ireland/Literature/Deborah-Treisman/
追記 作家の村上春樹が自作の『海辺のカフカ』の舞台公演をパリで行うのを機会にフランスの若者と対話や講演をした。ロングランで開催されている「ジャポニズム 2018」(2018.7-2019.2)という日本フェスティバルの一環らしい。この日本祭典は国際交流基金が事務局を担い、フランスで伝統から現代まで、多種多様な日本文化・芸術を紹介する日仏友好160周年に因んだ企画。

« 超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) 4 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 32 ムンク展―共鳴する魂の叫び(東京都美術館) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) 4 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 32 ムンク展―共鳴する魂の叫び(東京都美術館) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31