« 超人の面白ラーメン紀行 258 神田神保町 海老丸らーめん | トップページ | 超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) »

2019/01/23

クロカル超人が行く 228 立川駅『武蔵野うどん こぶし』

_20190123_134826

立川駅『武蔵野うどん こぶし』 の肉汁つけうどん(730円)。遅い昼飯に国立駅南口のラーメン店と考えていたら、西国分寺駅を通過して終点立川駅まで来てしまった。仕方なく立川駅のECUTEの中にある武蔵野うどんに入ったのだ。今まで食べなれているうどんとは少し趣が違っていた。これが意外と美味。あまり見たことのない、すごくこしがある茶系の太麺を昆布、サバ、カツオ、イリコから取ったやや濃い目の醤油出汁に油揚げ、ネギ、ホーレンソウやシイタケを入れたつけ汁に浸して食べるのだが、これがいい味を出していて美味しかった。太麺はこりこりと音がするくらいだった(笑)。
武蔵野台地、多摩川~荒川間の郷土料理、武蔵野うどんは、大島うどん(九州、未食)、讃岐うどん(香川、既食)、氷見うどん(富山、未食)、きしめん(愛知、既食)それに稲庭うどん(秋田、既食)などと同じ郷土料理のうどんだそうな。

« 超人の面白ラーメン紀行 258 神田神保町 海老丸らーめん | トップページ | 超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 228 立川駅『武蔵野うどん こぶし』:

« 超人の面白ラーメン紀行 258 神田神保町 海老丸らーめん | トップページ | 超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31