« クロカル超人が行く 227 神田神保町 やきそば『みかさ』 | トップページ | クロカル超人が行く 228 立川駅『武蔵野うどん こぶし』 »

2019/01/22

超人の面白ラーメン紀行 258 神田神保町 海老丸らーめん

_20190122_143233

フレンチと和食ラーメンの融合形の新感覚ラーメンが開店して評判だ。開店して1年あまり、1月初めにテレビでも放映したことも手伝ってか行列が出来てなかなか入れないのだ。SNSなどで聞きつけてきたのか中国人の観光客が多い。で、半ば諦めムードで店を通りかかったら、偶然にも入れた。昨日といい、今日といい、ラッキーである。ウムウム、ここはついこの間までは辛気臭いラーメン店(筆者は一度入ったがいまどきのラーメン店のようなワクワク感がほとんど感じられなかった。ついでに書けばこの辺のエリアは競争が激しく店の交代が著しいエリア)だったはずだがすっかり活気のある店に変貌しているではないか。
さて、頼んだ海老丸カルボナーラ(950円)は、ラーメンのイメージからは少しかけ離れていて、フレンチヌードルア・ラ・オマールエビといった新感覚の創作ラーメンで、見た目ラーメンではないのである。生クリームとベーコンをミックスした濃厚なオマールエビとパスタ風太麺が絡んでどろどろ感たっぷり、トッピングのフランスパン、半熟玉子、水菜、細かなサイクロチャーシューなど歯応えも充分だ、まさにフレンチ仕立ての西洋ラーメンなのだ。濃厚といえば確かに濃厚で、その強烈さが残る感じだ。強いていえば『とみ田』の西洋版だろうか。どんぶりも大袈裟だが洒落ている。皆さん、一度試したらいかが。海老が苦手な筆者でも食べられた!まずは元祖海老らーめん(850円)➡次に海老丸カルボナーラ➡そして、最後は丸ごと一匹オマール海老らーめん(2500円)で試しては。ほかにサイドメニューも充実。雰囲気も明るく、イントネーションが効いた店の女性の発する“サンキュー”の響きもまたいい。惜しいかな、この店のwebsiteの英文に誤植が。

神保町『海老丸らーめん』1.スープ★★☆2.麺★★3.トッピング★★☆4.接客・雰囲気★★5.価格★★

ラーメンもここまで来るとイースト金

« クロカル超人が行く 227 神田神保町 やきそば『みかさ』 | トップページ | クロカル超人が行く 228 立川駅『武蔵野うどん こぶし』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 258 神田神保町 海老丸らーめん:

« クロカル超人が行く 227 神田神保町 やきそば『みかさ』 | トップページ | クロカル超人が行く 228 立川駅『武蔵野うどん こぶし』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31