« 超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) | トップページ | 超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) 3 »

2019/01/27

超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) 2

『金閣寺』は難解な小説である。下記に概略を記そう。一人称で告白の形を取っている。

日本海沿岸近くにある村のお寺の息子溝口は、父から金閣はこの世で一番美しいとよく聞かされていた。父のコネで京都の金閣寺(鹿苑寺)の住職のところに預けられる。将来は金閣寺の住職にと期待をかけられて修行に励む。しかし、溝口は吃音症の持ち主でそれがコンプレックスになっている。村の若い看護婦に淡い恋を抱くも吃り症のせいで実らない。その女も脱走兵と出来てしまい妊娠したことを知るが、その後の溝口に暗い影を落とす。また、ある時母は蚊帳で親戚の人と関係するも、父が息子溝口の目を覆ってその行為を隠す。その父の死後、母は親戚の家にあって上洛する度に息子に金閣寺の跡継ぎにと再三期待をかける。溝口は吃音症で人としゃべるのが苦手故自ずと孤独を感じていた。やがて修行仲間の明るい鶴川と知り合いになる。鶴川と訪れた南禅寺の部屋では軍人と女の露な行為を見せつけられショックを隠しきれなかった。戦争末期に食料調達が覚束なくなると、かつては心のなかに金閣の美しさは不滅と画いていた金閣も戦争によって一瞬にして燃やされ消滅してしまうのではと現実的に考えるようになる。溝口はその儚さと虚無を思った。時代は敗戦後の占領時代に移り、日本人の娼婦を連れたGIが京都の金閣寺にやって来て日本人を小馬鹿にしたようなショッキングな行動を境内で目にする。やがて溝口は寺の住職の計らいで大学に進学する。そこで内反症の柏木と出合い新たな友を得る。身体は少し不自由だが知識は人一倍あって論理的かつ策略的な人物だ。溝口は彼の奇妙な魅力に引き込まれ、女遊びの手解きまで受ける。ある時外出時に新京極界隈で住職の女通いを目撃、住職の闇の部分を見て嫌な感情をもってしまう。それは溝口を失望させたが住職は何もなかったように振る舞う。そのことが却って溝口を疑心暗鬼にさせてしまう。そんなわだかまりの状態から抜け出すため柏木から借金して田舎をさまよう。そこで金閣寺放火を思いつくが、不審者扱いにされ金閣寺の住職の元に送り返される。その報を住職から聞いて駆けつけた母から叱責されてしまう。借金返済に業を煮やした柏木が一計を案じて住職から借金を肩代わりしてもらうことに成功する。事故死した鶴川と柏木の恋愛関係を柏木が持参した手紙で溝口が知る。溝口は世話になっている金閣寺の住職からついに印籠を渡される。それからの溝口は放火を着実に実行するため、自殺まで視野に入れて毒薬、小刀、ハンカチそれに煙草を準備し決行を着々と進める。静まり帰った夜、マッチを持ち藁を抱えて境内の3階の部屋まで歩くが開かず仕方なく裏側のほうに出る。そこで火をつける。裏山に逃げた溝口は真夜中に燃え上がる炎を煙草を燻らせながら眺める。生きようと思う。ここでこの小説は終わる。(続く)


« 超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) | トップページ | 超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) | トップページ | 超人の面白読書 135 三島由紀夫著『金閣寺』(新潮文庫) 3 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31