« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 29 大学町ウプサラ | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 31 ウプサラ大学図書館 続 »

2018/09/26

クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラ8の旅 30 ウプサラ大学図書館

_20180925_082205

【写真: 改修工事中のウプサラ大学カロリナ図書館】

ウプサラ大学は、1477年に創設された北欧最古の由緒ある大学で、人文社会自然科学分野をカバーする総合大学である。学生数、約23000人、職員数1800人余。植物学研究や生命科学の世界的な拠点(スウェーデンの製薬会社との結びつきが強いらしい)だがまた、千単位の共同研究もあって世界中から研究者がやってくる。筆者などは植物学の分類法のカール・フォン・リンネの出身大学それに大きな聖書があることぐらいは知っていた。アフリカなどの紛争解決に尽力したことで有名な前国連事務総長だったハマーショルドに因んだ図書館もある(彼はウプサラ大学出身で彼の家系はスウェーデン王室と関係が深いらしい)。ハマーショルドといえば、飛行機事故で不慮の死を遂げた政治家だ。11年前に飛行機事故に疑問、という記事がスウェーデンの有力紙に掲載されて読んだことを思い出した。このコラムでも書いたが、この話は別な機会に譲ろう。
さて、ウプサラ大学図書館は蔵書520万冊、電子ジャーナル購読12,000を誇る大学図書館(A科人文科、B科社会科、C科リンネ科の3科それと別に文化保存科がある)で本館にあるカロリナ図書館で北欧最後の研修をした。
図書館スタッフによる約30分間のプレゼン、レクチャー→リンネの部屋でfika(スウェーデン式コーヒーブレイク。ヘルシンキにしてもストックホルムにしても北欧はコーヒー先進国で美味しい)→歴史の重味に耐えた羊皮紙の書籍が天井高く幾層にも積み上げられた貴重書室、近寄って背文字を読めばラテン語をはじめ外国語の文字。見事という他ない。貴重な体験→特別コレクション室(シルバーバイブルといわれている6世紀ごろのゲルマン語祖語であるゴード語で書かれた聖書。Condex Argenteus 銀泥聖書。銀装丁の美本。海図、ツュンベリーの『日本誌』、江戸時代の浮世絵師勝間龍水の魚絵図、杉田玄白の『解体新書』、シーボルトのものなど日本関係特別展示品閲覧→驚嘆の“デジタル工房室”へ。この項続く。

_20180925_082809

【写真: Condex Argenteus 銀泥聖書の複製】


« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 29 大学町ウプサラ | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 31 ウプサラ大学図書館 続 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 29 大学町ウプサラ | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 31 ウプサラ大学図書館 続 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31