« 超人の面白ラーメン紀行 237 御茶ノ水駅『なおじ 御茶ノ水店』 | トップページ | 超人の生真面目半分転生人語 14 最近の政治ショー »

2017/10/24

クロカル超人が行く 205 八丁堀欧風カレー『ロダン』のカツカレー

_20171018_145832 Dsc_0308

八丁堀にある欧風カレー専門店でロースカツカレーを食べた(850円)。カツは揚げたてでサクサク、カレーは甘口の欧風。燻玉と小さめのじゃがいも半分もサイドに。手作り感たっぷりだ。店主はテレビのバラエティー番組に出てカツカレーを実際に揚げて供した。その食べ方コーナーで師匠のマッキー松元がカツカレーの究極の食べ方を伝授。①カツにルーをかけない②カツはフォークで半分にカット③重ねる順番で味が変わる。③の場合、ごはん、カツ、カレーと組み合わせが6通りあって、それぞれの味が楽しめる由(詳細はこちらにアクセスされたい。https://selfshot-digi.com)いざ食べる段階になると忘れてしまい、カツにカレーをかけて食べるといういつものパターンに。今度はフォークとスプーンを使って食べてみたものの、ぎこちなくステーキを食べるスタイルでナイフを探したが見つからず(ひょっとしたらフォークやスプーンが置いてあるところにあったか?)、結局はスプーンでカツを切りフォークで刺して食べた。ガツンと一切れ全部食べるのが普通かも。カツカレーと言えば、筆者的にはその昔白山上にあった洋食屋が思い浮かぶ。ステンレスの皿にカレーをたっぷりかけたカツカレーだ。今もそのイメージが強烈で頭から離れない。
『ロダン』のロースカツカレーは上記の写真のように見た目はきれいで美味だが筆者的にはもう少し辛いカレーが好み。フランス的な絵が飾ってある店内は15、6人が入れば一杯の昔風な雰囲気の店。券売機は外に備えてあって店構えもレトロ。入ってすぐにアジア系の女性に案内されたのにはビックリ。スタッフは店主ほか3名。店の昼終了時間の40分前に入ったが、この時間帯でも客が結構入って来る。これでカツカレーの店1位、2位を“制覇”。あとはキッチン南海のカツカレーか。キッチン南海のカツカレーはずっと昔に食べているはずだが。

追記 これが『キッチン南海 神保町店』のカツカレー(750円)。カツはサクサク、カレーは甘系。(2017年11月20日 記)

_20171117_140525


« 超人の面白ラーメン紀行 237 御茶ノ水駅『なおじ 御茶ノ水店』 | トップページ | 超人の生真面目半分転生人語 14 最近の政治ショー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白ラーメン紀行 237 御茶ノ水駅『なおじ 御茶ノ水店』 | トップページ | 超人の生真面目半分転生人語 14 最近の政治ショー »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31