« 超人の面白ラーメン紀行 238 神田神保町『黒須』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 239 平塚『泪橋』 »

2017/10/30

超人の面白読書 130 小冊子『神保町が好きだ!』第11号 特集 神田神保町書肆街考

_20171030_212640_2

台風が過ぎ去った日の朝は秋晴れそのもので清々しい。このところ週末に二度も台風が日本列島を襲ったから尚更だ。
神保町古本祭りは10月27日~11月3日まで開催中だが、前半3日は雨にやられた格好だ。どうやら今週は木曜日頃までは天気はもつようだ。関係者は天気に負けず一踏ん張りしてほしい。
さて、東京古書会館で見つけた小冊子『神保町が好きだ!』最新号は、かつて筑摩書房PR誌『ちくま』に4年にわたって連載された『神田神保町書肆街考』を特集している。対談や座談会形式でわずか34ページだが内容は面白くかつ刺激的だ。鹿島茂、逢坂剛、森まゆみ、飯澤文夫、江草貞治、亀井崇雄、酒井健彦、八木壮一のそれぞれの分野の本に関するオーソリティーが登場している。(続く)

« 超人の面白ラーメン紀行 238 神田神保町『黒須』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 239 平塚『泪橋』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白ラーメン紀行 238 神田神保町『黒須』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 239 平塚『泪橋』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31