« 超人の書評紹介 2017年7月9日(日)新潟日報読書欄 にいがたの一冊 加藤孝男、 太田昌孝著『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 | トップページ | 超人の面白読書 128 雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行) 2 »

2017/07/25

超人の面白読書 128 雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行)

1500980965795.jpg

友人S氏からいわきの総合文化誌『うえいぶ』が届いた。終刊号に相応しく刺激的な記事が多い。地方創世といいながらこういった文化の香りたっぷりの雑誌が退場してしまうのが惜しい。創刊から29年、50号を出して終刊、一定の役割を果たしたのかも。筆者は時々S氏から贈られてくる号に目を通していたに過ぎなかったけれども―。紙面には『洟をたらした神』で有名な吉野せいに因んだ第39回吉野せい賞も発表されている。特に前半の3本の記事は秀逸までは行かないまでも結構読ませた。冒頭は草野心平記念館での詩人荒川洋治氏の講演「詩を知るよろこび」、続いて米倉明氏の「押し付け憲法論」無用論、樋口陽一・米倉明先生との出会いについて②そして草野心平の家系を追った力作、関内幸介の「夏井川のほとりにてー本郷界隈のことどもー」が並んでいる。講演記録とエッセイの類いだ。
荒川洋治氏の講演では面白い提案も。灘中学校の橋本武先生が中勘助の『銀の匙』をテキストで使い独自の奥の深い授業をしたように、吉野せいの『洟をたらした神』をテキストで使ったらどうかと。昭和期の農村の風景が読み取れる好テキストで一冊を一年間読み続けることを提案しているが、これは筆者も同感で、草野心平記念館主催でいわき駅近くで記念館サテライトを設けて開講したらいい。その際に小学生、中学生、高校生それに一般人向け広く開放することだ。「日本一不便で日本一の文学館」といわれている草野心平記念館(筆者的には日本一不便なことは分かるが、日本一の文学館かは分からないが。それはともかくとして友人S氏が配布した退職挨拶文の中に、この館を創設したことが自分の大きな実績の一つだと書いていたことを思い出した)をより身近な存在にしていくには関係者の柔軟な発想と気概が不可欠だろう。心平さん号とか名付けて専用の観光バス(横浜の港を走る「赤い靴号」などを参考にして)をループ形式で走らせるとか。いわき市は面積が広いからコストなど考えないといけないが、ボランティアのガイド付で吉野せい・三野混沌の菊竹山(その前に川中子の猪狩満直の生家も見学)→草野心平記念館→草野心平実家公園→天田愚庵・松ヶ岡公園→いわき市立美術館などを巡るコースを考えても良いではないか。コストは寄付金などで賄うとか。道中は草野心平の詩を読んだり、郷土の文学者に因んだクイズを出したりと楽しだらいい。
荒川洋治氏が言われているように、日本でたぐいまれな豊かな文学、特に詩歌文学が栄えた地域として語り継ぐ必要があるのかも。(続く)

« 超人の書評紹介 2017年7月9日(日)新潟日報読書欄 にいがたの一冊 加藤孝男、 太田昌孝著『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 | トップページ | 超人の面白読書 128 雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行) 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の書評紹介 2017年7月9日(日)新潟日報読書欄 にいがたの一冊 加藤孝男、 太田昌孝著『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 | トップページ | 超人の面白読書 128 雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行) 2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31