« 超人の新刊紹介 永江雅和(専修大学教授)著『京王沿線の近現代史』 | トップページ | クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街 2 »

2017/04/23

クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街

1492934689634.jpg

ほぼ5年振りの谷中銀座商店街は予想通りの賑わいだった。晩春の晴れた日曜日の午後、路地があちこちに残る下町散歩は格別だが、人混みを避けたい気持ちも手伝って些か複雑な心境。5年前と比べると新規の店も出来ているがほとんど変わらずお馴染みの店が並ぶ。
ドーナツや、
陶器や、
酒や、
肉や、
着物や、
洋服や
蕎麦や、
花や、
珈琲や、
お茶・陶器や、
焼鳥や、
ギャラリー、
和物や、
拉麺や
それにプチバル
など。
どこか懐かしい昭和の香りが漂う。だから外国人が以前より増えても家族連れや年配の男女などで溢れていたのだ。ノスタルジア、あぁ、ノスタルジア。70人くらい並んでいたかき氷の店『ひみつ屋』はほとんどが若いカップル。肉やのメンチかつとコロッケで商店街を食べ歩き、酒やの前ではちょい呑み、楽しみ方はいろいろあるが、その一つがこのプチイベントだろう。筆者もまた両方味わったのだ。
実は以前にこの商店街の『金吉園』で買い求めたマグカップを壊してしまい、わざわざ遠くから買いに来たのだ。 ついでにもう一つ信楽焼のビアタンもゲット。

Img_0649

上の写真の焼き物が何故かアルジェリア風のオブジェに見えるから不思議(笑)。

« 超人の新刊紹介 永江雅和(専修大学教授)著『京王沿線の近現代史』 | トップページ | クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街:

« 超人の新刊紹介 永江雅和(専修大学教授)著『京王沿線の近現代史』 | トップページ | クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街 2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31