« 超人の映画鑑賞 エゴン・シーレー死と乙女 続 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 30 国立新美術館 ミュシャ(ムハ)展 »

2017/03/03

超人の面白ラーメン紀行 219 横浜・伊勢佐木町『玉泉亭』

1488502349620_2

サンマー麺の発祥地の一つとして知られている『玉泉亭』。この近くにある映画館に行ったついでにぶらついていたらこの店があるのに気づいた次第。実はラーメンを食べようと家系ラーメンを探していたのだ。店を見つけ出したがさて、今度はどちらに入ろうかと迷ってしまった。この辺は滅多に来ないのでサンマの乗っているラーメン(笑)にしようと『玉泉亭』に入ってサンマー麺(600円)を食べた。誰かが長崎チャンポンみたいと書いていたが、確かに野菜たっぷりのシンプルな醤油味であんかけが絶妙。“身体にやさしい栄養たっぷりのラーメン”とは店のお品書きに添えてあった。午後の3時、中華料理店内はがらがらで男性客一人に母子二人連れのみ。レジ付近には朝ドラ「まれ」でだらしない父親役を演じて好評(?)だった大泉洋の写真やタレントの色紙が。2、3年前に入ったポルタ店の方がここより客は入っていた。場所柄か?いやいや、デイープなエリアにはラーメン店が似合っているのかやたらにラーメン店の看板が多い。激戦区かも。夜のお仕事帰りに一杯か―。急いで付け加えればサンマー麺のサンマーとは中国語で生馬と書き、「生」→しゃきしゃきとした、「馬」→上にのせると意味だそうだ。


横浜・伊勢佐木町『玉泉亭』1.スープ★☆2.麺★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気☆5.価格★★★

1488544693660.jpg

↑新家系ラーメンのチェーン店。店の前を通ったら10席位のカウンター席は満杯。

1488599189983

→音楽演奏などに使われる多目的ホール『クロスストリート』。名付け親は歌手のゆず。『玉泉亭』の前にあるモダンな建築だ。右端に『玉泉亭』の“亭”の看板が見える―。

« 超人の映画鑑賞 エゴン・シーレー死と乙女 続 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 30 国立新美術館 ミュシャ(ムハ)展 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 219 横浜・伊勢佐木町『玉泉亭』:

« 超人の映画鑑賞 エゴン・シーレー死と乙女 続 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 30 国立新美術館 ミュシャ(ムハ)展 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31