« 超人の映画鑑賞 遠藤周作原作 マーティン・スコッセッシ監督「沈黙」 | トップページ | 珍しい北欧料理の店紹介 6 フィンランド料理店『KIPPIS !』 »

2017/02/16

超人の文学鑑賞 2月、如月 西行のあまりにも有名な歌一首

願わくは
花の下にて
春死なむ
その如月の望月のころ


西行のあまりにも有名な歌一首。“いまさら感”も漂うが。2月15日は西行忌だった。吉野の千本桜見にでかけ西行庵に出会ったのが懐かしい。雨上がりのせいか道中足下がドロドロ状態で一苦労したことも今となっては良い思い出だ。その道中記を読むはこちら→https://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2008/04/post_84b2.html

追記 昨日の毎日新聞夕刊(2017年2月15日)の石 寒太の「こころの歳時記」には西行法師の忌日因んだ一首が掲載されていた。

ほしいまま旅したまひき西行忌  石田波郷

追記2 昨日詩人で評論家の大岡信が亡くなった。享年86歳。
聞けば「願わくは花の下にて春死なむ」を愛し、事実その願い通りの死だったという。合掌。(記 2017年4月6日)

« 超人の映画鑑賞 遠藤周作原作 マーティン・スコッセッシ監督「沈黙」 | トップページ | 珍しい北欧料理の店紹介 6 フィンランド料理店『KIPPIS !』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の文学鑑賞 2月、如月 西行のあまりにも有名な歌一首:

« 超人の映画鑑賞 遠藤周作原作 マーティン・スコッセッシ監督「沈黙」 | トップページ | 珍しい北欧料理の店紹介 6 フィンランド料理店『KIPPIS !』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31