« 超人の面白落語鑑賞 立川志の八の落語 | トップページ | 超人の面白読書 126 『ちくま 』2016年11月号を読みながら »

2016/11/02

珍しい北欧料理の店紹介 7 沖縄・久米島 スウェーデン家庭料理店『SMÅKAKA』

10月の日曜日(10月23日)の夕方に放送された、テレビ東京の人気番組『モヤモヤさまぁ~ず 2』で沖縄・久米島にある小さなスウェーデン料理店『SMÅKAKA』(小さなクッキー)が紹介された。カウンター席6席とテーブル一つのスウェーデン家庭料理の店。切り盛りしているのはスウェーデンのイェーテボリィから移住したアンナさん。スウェーデンからこの沖縄の離島久米島に移り住んでいる人は本当に珍しいというか初めて。沖縄の海が故郷の海と似ていて、一目惚れし古民家を購入して、今年の4月に小さなレストランを開店したのだ。
番組のコンセプトは、ぶらぶらと緩く歩きながら店などを訪ねて、その都度出会った人々や面白おかしな品物などを紹介しながら楽しむのだ。今回は沖縄・久米島紀行。お笑いコンビ大竹と三村のさまぁ~ずの2人と大江、狩野アナに続いて3代目に抜擢された新任福田アナの3人でこのレストランに立ち寄ったのだ。日本語が出来ないスウェーデン人と英語が出来ない日本人とのチンプンカンプンな会話はもの一つ頼むのにも大変でむしろ滑稽な寸劇状態。しかし、そこは良くしたもので新任の福田アナが英語でカバー、さすが三村に英語、上手いじゃんと言わせたのも束の間、今度は“krona”(スウェーデンの通貨)のスウェーデン語の発音が出来なくて身振り手振り(with hands)の始末。結局、スウェーデンではごく普通に食べられているというシナモンロールとミルクをオーダー、スウェーディシュ スタイルでシナモンロールをミルクにつけて試食していた。Lycka till !!
詳しくはこのスウェーデン家庭料理店のオーナーアンナさんのブログを参照されたい。→https://smakaka.org/

Image Image_2 Photo_2

【写真はアンナさんのブログから】

ついでに「琉球新報」の記事はコチラ→http://http://ryukyushimpo.jp/news/entry-320941.html

それにしても日本からは遠い北欧のスウェーデン南西部のイェーテボリー、Göteborg(確か自動車メーカーのボルボや通信機器メーカーのエリクソンなどの本社があって、18世紀にはスウェーデン東インド会社の拠点だった人口52万の港湾都市)から移住するとはサプライズ、決断と実行の賜物で、さすがヴァイキングの末裔だけはある。沖縄・久米島はここからも遠いので食べには行けないが、いつか寄ってみたい。その前に首都圏で行っていない北欧料理の店に足を運ぶとするか。まずは吉祥寺にあるスウェーデン料理・ノルウェー料理のレストラン『ALLT GOTT』から始めるとしよう。

« 超人の面白落語鑑賞 立川志の八の落語 | トップページ | 超人の面白読書 126 『ちくま 』2016年11月号を読みながら »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白落語鑑賞 立川志の八の落語 | トップページ | 超人の面白読書 126 『ちくま 』2016年11月号を読みながら »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31