« 超人の生真面目半分転生人語 8 相模原市の福祉障がい者施設での殺傷事件 続 | トップページ | 超人のお薦めスイスワイン シュタイシュライファ―(有機ワイン) »

2016/08/26

超人の面白魚事情 秋刀魚の季節にまた異変

1472164621018.jpg

戻り鰹にやっと旨さを感じた矢先、今度は秋刀魚に異変が。今日で新秋刀魚の塩焼きを食したのは3度目だが、高値でやや細身しかも脂ののり具合がイマイチでややパサパサの感じ(いつものスーパーの鮮魚売場に仕事帰りの午後9時頃立ち寄って残り一匹分を安価でゲット。298円のが50%引きで149円!)。でも何か変、今年の秋刀魚、これではさんまもビックリや(笑)
この原因と言われているのが外圧で中国などの乱獲。中国などでは食生活が変わり、今や秋刀魚や鯖などが好んで食べられているという。鯖の味噌煮は人気商品の一つらしい。近年三陸沖にはこの季節になると中国船が横行していて、日本政府は資源の有効活用のため、国際会議の場で漁獲高の制限を交渉中とか。また、近年の海水温度の上昇に伴い、鰹と同じく回遊魚である秋刀魚の遊泳回路が変化して、より沖に行かないと獲れなくなったことも不漁の原因とか。しかし、去年も秋刀魚の出回る初期にはそう言われたが、その後多少は緩和されたはず。美味の秋刀魚の塩焼きにありつけたかは些か疑問である。

秋刀魚焼くわての楽しみ今何処

七輪で焦げた秋刀魚の懐かしき


追記 秋刀魚の食べ方も国によって様々。台湾ではパンに挟みサンドイッチにして食べ、中国では漢方のタレに浸した秋刀魚を串に刺して焼いたものを食べる。今や秋刀魚は日本の公海域で中国や台湾船の漁師によって大漁に捕獲されているのだ。その秋刀魚を台湾から中国やアメリカへ輸出されているという。先週の日曜日の夕方日テレの報道番組「バンキシャ」が特集していた。(2016.9.6 記)


« 超人の生真面目半分転生人語 8 相模原市の福祉障がい者施設での殺傷事件 続 | トップページ | 超人のお薦めスイスワイン シュタイシュライファ―(有機ワイン) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白魚事情 秋刀魚の季節にまた異変:

« 超人の生真面目半分転生人語 8 相模原市の福祉障がい者施設での殺傷事件 続 | トップページ | 超人のお薦めスイスワイン シュタイシュライファ―(有機ワイン) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31