« 超人の面白セミナー参加  大学人会議主催 講師 : 吉見俊哉東大教授『文系学部廃止』の衝撃 : 大学はどこへ行くのか | トップページ | 超人の面白魚事情 秋刀魚の季節にまた異変 »

2016/08/24

超人の生真面目半分転生人語 8 相模原市の福祉障がい者施設での殺傷事件 続

昨日の新聞でこの事件の真相が少し明らかになったようだ。新聞によると、容疑者が職員にこの人は話せますかなど質問したら職員は機転を利かせて少し話せると容疑者に応えたという。その後容疑者はその人たちには手を出さなかったらしい。完全に重度障がい者を狙った犯罪と言わざるをえない。職員の機転を働かせた言葉は極限状況で人の命を救ったが、筆者的にはかなりショックだ。(2016.8.15 記)

追記 毎日新聞読者欄に掲載されていた女性看護士の言葉。喋れなくとも目や表情でよく伝わってきます、彼らは懸命に生きていますと現場サポートの声にグッと来る。また、同じ新聞の地方版に載っていたのは埼玉県羽生市の住職。彼には重度自閉症の息子さんがいて、敷地内に障がい者施設を建ててしまったほどの持ち主(いや、もうひとつも建てている!)、この事件でショックを受けご夫婦で事件のあった神奈川県のやまゆり学園に埼玉県から出向き供養なさったそうだ。
今朝の海外ニュースでヒットラーの側近の妻がアーリア人ではなく実はユダヤ人だったことを報じていた(スペインTV)が(今更ながらインチキも甚だしい。これが事実ならば許せない!)科学ジャーナリストの新聞コラムで優生思想の話を読んだばかりで薄気味悪かったが同時に、私たちはいつ障がい者にならんとも限らない、たまたま運がいいだけだと書いていた。然り、然り。(2016.8.24 記)

« 超人の面白セミナー参加  大学人会議主催 講師 : 吉見俊哉東大教授『文系学部廃止』の衝撃 : 大学はどこへ行くのか | トップページ | 超人の面白魚事情 秋刀魚の季節にまた異変 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白セミナー参加  大学人会議主催 講師 : 吉見俊哉東大教授『文系学部廃止』の衝撃 : 大学はどこへ行くのか | トップページ | 超人の面白魚事情 秋刀魚の季節にまた異変 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31