« 超人の生真面目半分転生人語 8 相模原市の福祉障がい者施設での殺傷事件  | トップページ | クロカル超人が行く 196 横浜ユーラシア文化館特別展『ギリシャ考古学の父 シュリーマン』 続 »

2016/08/09

超人の面白テレビ観賞 リオオリンピック 2016 日本の体操、団体戦で見事金メダル

リオオリンピックが始まって4日目、南米初の大会で日本選手の活躍に一喜一憂しているが、競泳、重量上げで金と銅を獲得してさらにこの先の競技に弾みをつけたいところで、今朝のニュースが飛び込んできた。体操の内村航平選手率いるチームジャパンが3大会振りの金を獲得したのだ。彼らの願いだった団体で金を、が実現したのだ。テレビでみる彼らの表情には達成感がみなぎっていてその笑顔の素晴らしかったこと。内村選手は予選の鉄棒でまさかの落下、それを押しきっての難易度をこなす見事なパフォーマンス、白井選手の天才的なひねりの入った前人未到の高度で芸術的な業は神業としか言うようがないほど、その他の選手にも多少失敗はあったものの、気合充分で大舞台で達成する意気込みと内村選手の言った“神憑り的な”目に見えない力が加わり、見事なパフォーマンスを完成させた。体操のチームジャパンは新たな歴史をつくったのだ。競技終了後のインタビューで皆さん、異口同音に金メダルの重みを感じていたことが印象的。偉業を達成するのがいかに大変だったかかみしめていたのかも。優勝した内村航平、山室光史、田中祐典、加藤凌平、白井健三の選手にCongratulations !😃✌スポーツ選手の見事な心技体に拍手!

追記  リオオリンピックは日本選手の予想以上の活躍で(和・輪になった形で)21日に閉幕した。日本は金12、銀8、銅21を獲得して、前回のロンドンオリンピックより上回り、次回の東京オリンピック向け弾みをつけたようだ。
競泳、体操、柔道、テニス、卓球、バドミントン、レスリングなどの活躍が目立ったが、何といっても陸上競技の男子400メートルメドレーで3位銅メダルを獲得したことだ。これは画期的だろう。ところで、選手の報償金は金メダルが500万円、銀メダルが200万円、銅メダルが100万円とか。(2016.8.23 記)

追記2  男子卓球団体戦の決勝で破れたものの、中国のエースの選手を破ったことで一躍時の人になった水谷隼、その彼が今やノーパン男子とテレビ等で話題をさらっている。そもそもリオオリンピックの個人戦か団体戦の試合終了後にメディアのインタビューに答えて話したことだが、これが受けた。下ネタはすぐ多くの人に拡散するのだ。その余波があちこちのメディアに。確かに解放感もある・・・。(2016.9.6  記)

« 超人の生真面目半分転生人語 8 相模原市の福祉障がい者施設での殺傷事件  | トップページ | クロカル超人が行く 196 横浜ユーラシア文化館特別展『ギリシャ考古学の父 シュリーマン』 続 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の生真面目半分転生人語 8 相模原市の福祉障がい者施設での殺傷事件  | トップページ | クロカル超人が行く 196 横浜ユーラシア文化館特別展『ギリシャ考古学の父 シュリーマン』 続 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31