« 超人の面白翻訳鑑賞 西脇順三郎作「雨」のドナルド・キ―ンの英訳 余話 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 215 町田『汁場 しおらーめん進化 町田駅前店』 »

2016/07/31

超人の面白テレビ鑑賞 終戦スペシャルドラマ・百合子さんの絵本~陸軍武官小野寺夫婦の戦争「スバイが暗躍する北欧、ムーミンの翻訳者の感動実話!」

第二次世界大戦中に北欧リトアニアで6000人のユダヤ人などを救った、外交官杉原千畝の人気は衰えるどころか益々高まっている。今度はイスラエルに杉原千畝通りができたとメディアが報道していた。命を省みず平和への偉大な貢献を果たした人物だ。さて、これまた北欧もの。戦争に翻弄された夫婦の絆を扱った土曜スペシャルドラマを観た。スウェーデンのストックホルムを舞台に繰り広げられた情報争奪戦を扱ったドラマで、小野寺百合子役の女優薬師丸ひろ子が夫の小野寺信役の香川照之と好演技を披露、飽きさせない90分だった。終戦スペシャルドラマと銘打ったテーマは、ある駐在武官夫婦の戦争中の知られざる真実だ。第二次世界大戦中、欧州の動向を探るため、スウェーデンのストックホルムに赴任した小野寺武官、そのあと子どもをおいて夫人もかの地へ。武官の夫を手助け秘書的な仕事をこなす。子どもの命を気遣い悲痛な気持ちになるも押し殺しながら、夫が極秘情報を入手したものを暗号化して日本の参謀本部に打電する仕事を続ける。そんな中、ヤルタ会談の極秘情報を入手し日本へ打電するも返事はなく無視され、日本はそのまま敗戦。戦後百合子はスウェーデンの児童文学などの翻訳の仕事に従事、夫は沈黙し続けるが、ある出版社が企画した座談会(当時の関係者を呼んで真相を語り合う)にようやく出席し自分の意見を述べる・・・。
NHKドラマのHPには、駐在武官の夫とともに諜報の最前線を生きた女性の姿を通じ、夫婦の愛と絆を描くスペシャルドラマ、と書かれていた。平和を求めて命懸けで闘った夫婦にはやはり愛と絆があった。筆者は小野寺百合子・信夫妻には偶然丸ビルのスウェーデン社会研究所で会ったことがある。本の出版の関係でこの研究所を訪ねたのかも。もう大分昔のことだ。記憶は益々不鮮明になりつつある。今世界のあちこちで不可解な事件が起きていて尊い命が奪われている。平和を求めていくことがいかに大切か━。歴史から学ぶことの好例の一つがここにあるような気がする。

« 超人の面白翻訳鑑賞 西脇順三郎作「雨」のドナルド・キ―ンの英訳 余話 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 215 町田『汁場 しおらーめん進化 町田駅前店』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白翻訳鑑賞 西脇順三郎作「雨」のドナルド・キ―ンの英訳 余話 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 215 町田『汁場 しおらーめん進化 町田駅前店』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31