« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016/05/31

文化講演会の案内 クロスカルチャー出版主催 第10回文化講演会 光本 滋北海道大学准教授『学問と教育の危機―「文系廃止」』問題の本質

昨日(2016年5月30日)の毎日新聞夕刊には、「即戦力育成に重点、中教審答申 職業大学制度創設」の見出しが躍った。中央教育審議会は30日、ITなど成長分野で即戦力となる人材育成を目指し、実践的な職業教育を行う新しい高等教育機関の創設を馳浩文部科学省大臣に答申したとの記事。「専門職大学」「専門職業大学」の名称案を考え、2019年春の開学を目指し、法改正や制度設計を進めるという。ITや観光、農業などの成長分野の現場で牽引役を担う人材育成が必要との指摘。4年生課程と2、3年の短大など専門高校を含む高卒者だけではなく、工業高校など専門学校生や大学生、社会人などを受け入れると。この記事で真っ先に思い出したのは50年以上前に鳴り物入りで国立高等専門学校(高専)ができたことだった。この高専がその役割に陰りが出始めたのはいつごろからだったか―。ドイツや北欧の国々では早くからこの職業学校、ギムナジウムがあるが、その高等教育機関という位置づけか。一体日本ではどう根付くのか。少子化なのに大学をまたつくる? 時代の変化に対応といっても既存の大学がいろいろと疲弊している中、それこそ100年後を目指す人材を育成できる大学、自治を守れる大学、、自由闊達で幅広い教養を身に付けられる大学を抜本的に考えて制度設計を見直すことが求められていると思うのだが。目先だけでは何年もつか、危ういのだ。グローバル大学ができたが、予算は当初より削減されるわ、余計な仕事が多くなるわ、と理想にほど遠いと嘆いている関係者の声もあるのも事実だ。
さて、この職業大学制度創設の話も出るはずと思われる文化講演会がクロスカルチャー出版主催で開催される。記念の第10回文化講演会の演題は、学問と教育の危機―「文系廃止」問題の本質。講師は光本 滋北海道大学准教授(高等教育論が専門で『危機に立つ国立大学』の著者)。
2016年7月9日(土)午後1時半~4時半まで江戸東京博物館1階学習室。サプライズコーナーもあるし、ともかくわかりやすくてめちゃおもしろいかも。奮って参集されたい。詳しくはこちらを。「20160531173938.pdf」をダウンロード

2016/05/29

超人のジャーナリスト・アイ 164 広島訪問 オバマ米大統領所感

下記はオバマ米大統領の広島訪問所感。毎日新聞2016年5月28日付朝刊から。

Full text of Obama's speech at Hiroshima Peace Memorial Park
May 27, 2016 (Mainichi Japan)

U.S. President Barack Obama delivers a speech at Hiroshima Peace Memorial Park on May 27, 2016.

U.S. President Barack Obama visited Hiroshima on May 27, becoming the first sitting American president to do so after the United States dropped an atomic bomb on the city 71 years ago. After visiting the Hiroshima Peace Memorial Museum with Japanese Prime Minister Shinzo Abe, Obama laid a wreath before the cenotaph for A-bomb victims and made a speech at the Hiroshima Peace Memorial Park.

Seventy-one years ago on a bright, cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city, and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force unleashed in the not-so-distant past. We come to mourn the dead, including over a hundred thousand Japanese men, women and children, thousands of Koreans, a dozen Americans held prisoner. Their souls speak to us, they ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become.

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man. Our early ancestors, having learned to make blades from flint, and spears from wood, used these tools not just for hunting, but against their own kind. On every continent, the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain, or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen. Peoples have been subjugated and liberated. And at each juncture, innocents have suffered -- a countless toll, their names forgotten by time.

The world war that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities, and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth. And yet the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes -- an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints. In the span of a few years, some 60 million people would die: men, women, children, no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death.

There are many sites around the world that chronicle this war, memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps that echo of unspeakable depravity. Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies we are most starkly reminded of humanity's core contradiction -- how the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our tool-making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will -- those very things also give us the capacity for unmatched destruction.

How often does material advancement or social innovation blind us to this truth? How easily we learn to justify violence in the name of some higher cause. Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness. And yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith is a license to kill.

Nations arise, telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different.

Science allows us to communicate across the seas and fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.

The wars of the modern age teach us this truth. Hiroshima teaches this truth. Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.

That is why we come to this place.

We stand here, in the middle of this city, and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see. We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow. Mere words cannot give voice to such suffering. But we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.

Someday the voices of the hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of Aug. 6, 1945 must never fade. That memory allows us to fight complacency. It fuels our moral imagination. It allows us to change.

And since that fateful day, we have made choices that give us hope. The United States and Japan forged not only an alliance, but a friendship that has won far more for our people than we could ever claim through war.

The nations of Europe built a union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy. Oppressed peoples and nations won liberation. An international community established institutions and treaties that worked to avoid war, and aspired to restrict, and roll back, and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.

Still, every act of aggression between nations, every act of terror and corruption and cruelty and oppression that we see around the world shows our work is never done.

We may not be able to eliminate man's capacity to do evil, so nations and the alliances that we formed must possess the means to defend ourselves. But among those nations like my own that hold nuclear stockpiles, we must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them. We may not realize this goal in my lifetime. But persistent effort can roll back the possibility of catastrophe.

We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles. We can stop the spread to new nations and secure deadly materials from fanatics. And yet that is not enough. For we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale.

We must change our mindset about war itself -- to prevent conflict through diplomacy, and strive to end conflicts after they've begun; to see our growing interdependence as a cause for peaceful cooperation, and not violent competition; to define our nations not by our capacity to destroy, but by what we build. And perhaps above all, we must reimagine our connection to one another as members of one human race -- for this, too, is what makes our species unique. We're not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted. We see these stories in the hibakusha: the woman who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized that what she really hated was war itself; the man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own.

My own nation's story began with simple words: "All men are created equal and endowed by our Creator with certain unalienable rights, including life, liberty, and the pursuit of happiness." Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents and across oceans.

The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family: That is the story that we all must tell.

That is why we come to Hiroshima, so that we might think of people we love, the first smile from our children in the morning, the gentle touch from a spouse over the kitchen table, the comforting embrace of a parent. We can think of those things and know that those same precious moments took place here, 71 years ago. Those who died, they are like us.

Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life, and not eliminating it.

When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.

The world was forever changed here. But today, the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting, and then extending to every child.

That is the future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.

二度ほど読んだが、平易な英文で分かりやすかった。だが、この17分の所感は核兵器の廃絶を唱えるも、まだスタートラインにたったばかりと締め括った。一方で、“核のボタン”を持ち歩いているオバマ大統領の現実がある。私たちはいつになったらこういった矛盾から解き放たれるだろうか。

2016/05/27

超人のジャーナリスト・アイ 163 オバマ大統領の歴史的な広島訪問

オバマ大統領の歴史的な広島訪問を外国メディアはどう伝えたか。下記はNPRからの記事。

Obama Makes Historic Visit To Hiroshima Memorial Peace Park
by Elise Hu & Camila Domonoske

"Seventy-one years ago, on a bright, cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed," President Obama said Friday, in the first visit by a sitting U.S. president to Hiroshima, Japan.
In 1945, the United States dropped the first atomic bomb used in warfare on that city, killing an estimated 140,000 people. A second bomb was dropped on Nagasaki three days later. Within weeks, Japan surrendered, ending the war in the Pacific Theater.
Today, the city of Hiroshima is home to a park dedicated to honoring the dead and calling for peace. During Obama's historic visit, the president spoke at length about the costs of war and the need for peace and nuclear disarmament, without apologizing for any U.S. actions during World War II.
During the visit, Obama and Japanese Prime Minister Shinzo Abe walked silently down a long path in the park. A young woman handed the president a wreath, which he laid by the Memorial Cenotaph, a monument containing the names of the dead. A moment later, Abe was handed a wreath and did the same.
Speaking afterward in Hiroshima Peace Memorial Park, Obama said he was there to mourn the dead of World War II, and that the memory of Aug. 6, 1945 — the day the bomb was dropped on Hiroshima — "must never fade."
"That memory allows us to fight complacency," he said. "It fuels our moral imagination. It allows us to change."
Obama spoke about the "silent cry" of Hiroshima, and the suffering wrought on the day the bomb fell.
"In the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity's core contradiction: how the very spark that marks us as a species — our thoughts, our imagination, our language, our tool-making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will — those very things also give us the capacity for unmatched destruction," he said.
The president called for the world to unite to prevent such violence from happening again. Nations need the ability to defend themselves, Obama said, but countries with nuclear arsenals "must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them.
"We may not realize this goal in our lifetime, but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe."
As NPR's Scott Horsley reported, Obama spelled out his vision of a world without nuclear weapons early in his presidency. That stated goal contributed to his winning of the Nobel Peace Prize.
But since then, he has made only "modest progress" in that campaign, as the president himself put it in an interview with the Japanese press this week.
Speaking at Hiroshima on Friday, Obama spoke more broadly — calling not only for an end to nuclear weapons, but for a broader peace. He called for the "radical and necessary notion that we are part of a single human family."
"We must change our mindset about war itself," Obama said.
After the speech, Obama met briefly with survivors of the Hiroshima attack who had been sitting in the audience during his remarks.
The Peace Memorial Park includes memorials for the dead, the iconic bombed-out Peace Dome — a building preserved as it looked after the attack — and a museum on the bomb and its aftermath. The entire park is dedicated to the pursuit of peace and nuclear disarmament.
In a visit heavy on symbolism, the street in front of the Hiroshima Peace Memorial Museum was lined with Japanese and American flags, flying side by side. Thousands of Japanese crowded in front of the entrance to the memorial, awaiting the president and Abe's arrival.
The announcement of the visit to Hiroshima reopened debates on the decision to attack Hiroshima and Nagasaki in the closing days of World War II.
As we've reported, the question of "apologizing" is fraught for Obama. During the 2012 presidential campaign, Obama was criticized by Republican candidate Mitt Romney for going on an "apology tour," traveling the world apologizing for American foreign policy.
The claim was denounced as untrue by multiple fact checkers, but the specter of that phrase has dogged Obama's foreign trips and statements on foreign policy decisions. Before the Hiroshima trip, the administration was particularly concerned about offending World War II veterans and their families, Scott Horsley reports.
President Obama did not offer an apology on this visit; Japan has said it did not seek one. Instead, leaders of both nations have described the visit as a chance to heal the wounds of the past and reaffirm a commitment to nuclear disarmament.
"Any more nuclear weapons is an inherently more dangerous world, more dangerous region," says Alexis Dudden, a history professor and Japan specialist at the University of Connecticut. "It's Obama's 'reality tour.' It's an acknowledgement at the highest level that the United States bombed a city, something that never happened before. The way to move all history forward is to acknowledge the truth of what has happened."
As NPR's Scott Horsley reported on Thursday, the atomic bombing of Hiroshima and Nagasaki is perceived very differently in the U.S. and Japan:
"Americans see the bombing as hastening the end of a costly and deadly war. A survey by the Pew Research Center last year found 56 percent of Americans approve of Truman's decision, while 34 percent disapprove. In Japan, nearly 8 out of 10 people see the bombings as unjustified.
"Japanese leaders have been accused of minimizing their own country's conduct during the war. Prime Minister Abe told reporters he has no immediate plans to visit Hawaii this year for the 75th anniversary of the Pearl Harbor attack. Abe noted that he did visit the World War II memorial in Washington last year and placed a wreath in honor of all those who died during the war."
Meanwhile, neighbors Korea and China, where many feel Japan hasn't properly atoned for its wartime atrocities, have been critical of the president's trip. China criticized Obama's decision to visit Hiroshima, calling it another opportunity for Japan to play victim rather than aggressor. Hundreds of thousands of Chinese civilians were killed in the Japanese Imperial Army's invasion and occupation of Manchuria; Korea was occupied by the Japanese from 1910 to 1945, and many of its women forced into sexual slavery, servicing the Japanese army at "comfort stations" near battlefields.
In his remarks, Obama looked forward in hope as frequently as he looked backward in mourning.
While he opened his remarks with death in the sky, he closed with a celebration of life.
"Today the children of this city will go through their day in peace," Obama said. "What a precious thing that is. It is worth protecting — and then extending to every child.
"That is a future we can choose."

2016/05/25

クロカル超人の面白散歩 3 上野駅ナカ『洋食や 三代目 たいめいけん』

1464135156210.jpg

上野駅ナカにある『洋食や 三代目 たいめいけん』のオムライス(1080円)。東京都美術館で『若冲展』を観た帰りに寄った洋食屋。約4時間、飲まず食べずの状態だった!オムライスは小振りだったが味はまあまあ、その前に生ビールで喉を潤したのだった。

2016/05/24

クロカル超人が行く 194 上野・東京都美術館『若冲展』 6

米国収集家が愛した若冲Jakuchu Beloved By American Collectors
40 月梅図(絹本着色、宝暦5年1755年、メトロポリタン美術館蔵)、41 菊花図(紙本墨画、寛政4年1792年、デンバー美術館蔵)、42 葡萄図(紙本墨画、江戸時代18世紀、エツコ&ジョー・プライスコレクション蔵)、43 旭日雄鶏図(絹本着色、江戸時代18世紀、エツコ&ジョー・プライスコレクション蔵)構図技法の巧みな絵、44 雪芦鴛鴦図(絹本着色、江戸時代18世紀、エツコ&ジョー・プライスコレクション蔵)、45 紫陽花双鶏図(絹本着色、江戸時代18世紀、エツコ&ジョー・プライスコレクション蔵)、46 虎図(絹本着色、宝暦5年1755年、エツコ&ジョー・プライスコレクション蔵)、47 竹梅双鶴図(絹本着色、江戸時代18世紀、エツコ&ジョー・プライスコレクション蔵)、48 鳥獣花木図屏風Birds, Animals, and Flowering Plants in Imaginary Scene(紙本着色Color on paper、江戸時代18世紀Edo period, 18 century、エツコ&ジョー・プライスコレクション蔵Etsuko and Joe Price Collection)若冲絵画最高傑作の一つ、方眼に見事なまでに塗り込まれた動植物。豊かな想像力の世界。何となくユーモアのある象の表情と大きさが際立つが独特な青色も印象的。アメリカ人がこの絵に取りつかれたことも納得がいくような気がする。ところで、若冲は本物の象を見たのか?家人が何度も筆者に訊いていた・・・。江戸時代に象が江戸まで運ばれたことはあるようだ。さぞかし驚いたに違いない―。象プライス、と駄洒落まで出た。

1464091370030.jpg

1464091370608.jpg

【生誕300年記念 若冲展 カタログ】より

49 伏見人形図(紙本着色、寛政12年1800年、エツコ&ジョー・プライスコレクション蔵)、50 鷲図(紙本墨画、寛政12年1800年、エツコ&ジョー・プライスコレクション蔵)

20 : 47 『若冲展』鑑賞終了。この混雑では絵をじっくり鑑賞できる状態ではなかった。

追記 言語学者の井上史男氏が2016年6月7日付「日刊ゲンダイ」の週間読書日記欄で若冲展に言及して、こんなことを書いていた。

5月×日 若冲の絵の中の文字に注目。「画像言語学」の実践だ。ほぼ漢字だけだ。仏教に帰依して描いたからだろう。浮世絵で漢字以外にひらがなが使われ、近代の写真や絵はがきでカタカナやアルファベットも現れるのとは大違いだ。筆者も若冲絵画のタイトルを書き写して不思議に思ったことの一つを言い当てているみたい。(2016年6月16日 記)

2016/05/23

クロカル超人が行く 194 上野・東京都美術館『若冲展』 5

2-21 動物綵絵 芦鴛図(絹本着色、宝暦11年1761年、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-22 動物綵絵 芦雁図(絹本着色、明和3年1766年頃、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-23 動物綵絵 池辺群虫図(絹本着色、明和2年1765年以前、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)蛙(かわず)の表情の可愛いこと、観察眼の勝利!生命の讃歌ともいえる絵。

1464090796068.jpg

【生誕300年記念 若冲展 カタログ】より

2.-24 動物綵絵 貝甲図(絹本着色、明和2年1765年以前、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-25 動物綵絵 諸魚図(絹本着色、明和3年1766年頃、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-27 動物綵絵 蓮池遊魚図(絹本着色、明和2年1765年頃、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-28 動物綵絵 菊花流水図(絹本着色、明和3年1766年、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-29 動物綵絵 紅葉小禽図(絹本着色、明和3年1766年頃、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-30 動物綵絵 桃花小禽図(絹本着色、明和2年1765年以前、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)。

20 : 37 混雑し過ぎてじっくり観られず、極めて残念。待った時間の長さと美術鑑賞時間の短さ、何だこれはと思いながら、2階の画遊人、若沖(2)の陳列室へ。Jakuchu, A Man Rejoicing in Painting(2)

7 雪梅雄鶏図(絹本着色、江戸時代18世紀、京都・両足院※5月8日までで観られず)、15 百犬図(絹本着色、江戸時代18世紀、個人蔵※5月8日までで観られず)、25 果蔬涅槃図(紙本墨画、江戸時代18世紀、京都国立博物館蔵)、30 石峰寺図(絹本墨図、寛政4年1792年、京都国立博物館蔵)、34 菜蟲請(重要文化財、絹本着色、寛政4年1792年、佐野市立吉澤記念美術きい館蔵)、35 仙人掌群鶏図襖絵(重要文化財、紙本金地着色、寛政2年1790年、大阪・西福寺蔵)この展覧会の監修者で日本美術史家の辻氏が何度もこの襖絵について言及している前衛画家杉全直氏のことばにすべてが凝縮しているような気がする。それは『奇相の系譜』の引用を読めば足りる。このコラム(「クロカル超人が行く 194 上野・東京都美術館『若冲』」でも言及しているので参照されたい。またもやじっくり観られないのが何よりも惜しい。

1464003660423.jpg

【生誕300年 若冲展カタログ】より

36 蓮池図(重要文化財、紙本墨図、寛政2年1790年、大阪・西福寺蔵)、37 三十六歌仙図屏風(紙本墨画、寛政8年1796年、岡田美術館蔵)、38 石燈籠図屏風(紙本墨図、江戸時代18世紀、京都国立博物館蔵)、39 象と鯨図屏風(紙本墨図、寛政9年1797年、MIHO MUSEUM蔵)(続く)

2016/05/22

クロカル超人がゆく 194 上野・東京都美術館『若冲展』 4

1-1 釈迦三尊像 釈迦如来像(絹本着色、明和2年1765年度末以前、京都・相国寺蔵)、1-2 釈迦如来釈迦像 文殊菩薩像(同上)、1-3 釈迦如来像 普賢菩薩像(同上)8年前に京都・相国寺で観たもの。独特な技法のなかにも温かみがある。
2-1 動物綵絵 老松孔雀図Colorful Realm of Living Beings, White Peacock, Peonies, and Old Pine Tree(絹本着色、宝暦11年1761年以前、宮内庁三の丸尚蔵館)、2-2 動物綵絵 老松鳳図(絹本着色、明和3年1766年頃、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-3 動物綵絵 薔薇小禽図(絹本着色、明和2年1765年、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-4 動物綵絵 牡丹小禽図(絹本着色、明和2年1765年以前、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-5 動物綵絵 梅花皓月図(絹本着色、宝暦11年1761年以前、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-6 動物綵絵 梅花小禽図(絹本着色、宝暦8年1758年、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-7 動物綵絵 老松鸚鵡図(絹本着色、宝暦11年1761年以前、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-8 動物綵絵 老松白鶏図(絹本着色、宝暦11年1761年以前、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-9 動物綵絵 梅花群鶴図(絹本着色、明和2年1765年以前、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-10 動物綵絵 棕櫚雄鶏図(絹本着色、明和2年1765年以前、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-11 動物綵絵 向日葵雄鶏図(絹本着色、宝暦9年1759年、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)向日葵の描写と鶏の鶏冠の赤、見事なまでの描写力だ。2-12 動物綵絵 南天雄鶏図(絹本着色、明和2年1765年以前、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)南天と鶏の組み合わせが観る者を圧倒させる。その赤と黒のコントラストそれに白が添える。描写技法のすばらしさそして迫力。

Image_3

【生誕300年記念 若冲展 カタログ P.58―P.59】

2-13 動物綵絵 芙蓉双鶏図(絹本着色、宝暦11年1761年以前、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-14 動物綵絵 紫陽花双鶏図(絹本着色、宝暦9年1759年、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-15 群鶏図(絹本着色、明和2年1765年、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)一連の鶏図の中でも最高傑作の一つ。精密描写、極才色、構図の取り方、躍動感、どれをとってもすばらしい。たとえ鶏を飼って観察して描いたとしてもここまでできるだろうか。天才のなせる技だろう!2-16 動物綵絵 大鶏雌雄図(絹本着色、宝暦9年1759年、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、

Image_2

【生誕300年記念 若冲展 カタログ P.62-P.63】

2-17 動物綵絵 芍薬群蝶図(絹本着色、宝暦7年~8年1757~58年頃、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-18 動物綵絵 秋塘群雀図(絹本着色、宝暦9年1759年、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、2-19 動物綵絵 雪中鴛鴦図(絹本着色、宝暦9年1759年、宮内庁三の丸尚蔵館蔵)(続く)

2016/05/21

クロカル超人が行く 194 上野・東京都美術館『若冲展』 3

20-2 鹿苑寺大書院障壁画 松鶴図襖絵(重要文化財、紙本墨画、宝暦9年1759年、京都・鹿苑寺蔵)、20-3 鹿苑寺大書院障壁画 芭蕉叭々鶏図襖絵(重要文化財、紙本墨画、宝暦9年1759年、京都・鹿苑寺蔵)、20-4 鹿苑寺大書院障壁画 菊鶏図襖絵(重要文化財、紙本墨画、宝暦9年1759年、京都・鹿苑寺蔵)この長い墨襖図は人、ヒト、ひとでじっくり観られず!他人の肩の間などから覗いて観たのが大半。21 竹虎図(紙本墨図、江戸時代18世紀、京都・鹿苑寺蔵)、22 鳳凰之図(紙本墨画、江戸時代18世紀、京都・相国寺蔵※5月8日までで観られず)、樹木雄鶏図(紙本墨画、江戸時代18世紀、イセ文化基金蔵)、24 虹に双鶏図(紙本墨画、江戸時代18世紀、細見美術館蔵)、26 瓢箪・牡丹図(紙本墨画、明和元年1764年以前、細見美術館蔵)、27 亀図(紙本墨画、寛政12年1800年、京都・鹿苑寺蔵)、28 月に叭々鳥図(紙本墨画、江戸時代18世紀、岡田美術館蔵※5月8日までで観られず)、29 虎図(紙本墨画、江戸時代18世紀、石峰寺蔵)、31 乗興舟(紙本拓版、明和4年1767年、京都国立博物館蔵)、32 玄圃瑤華(紙本拓版、明和5年1768年、青裳堂書店蔵)、33-1 花鳥版画 櫟に鸚哥図(木版着色、明和8年1771年、公益財団法人 平木浮世絵財団蔵)、33-2 花鳥版画 青桐に砂糖鳥図(木版着色、明和8年1771年、公益財団法人 平木浮世絵財団蔵)、33-3 花鳥版画 椿に白頭翁図(木版着色、明和8年1771年、公益財団法人 平木浮世絵財団蔵)いやはや、昨夜見た満月もこの月とそっくり。この絵を描いてから245年後だ!若冲はすごい、また感動だ。(2016年5月22日 記)、33-4 花鳥版画 雪竹に錦鶏図(木版着色、明和8年1771年、公益財団法人 平木浮世絵財団蔵)若冲最高傑作の一つ、雪の上の錦鶏。その色彩の鮮やかさよ!その尾の長さの美しさよ!

Image_4

【生誕300年記念 若冲展 カタログ P.198】

33-5 花鳥版画 薔薇に鸚哥図(木版着色、明和8年1771年、公益財団法人 平木浮世絵財団蔵)、33-6 花鳥版画 鸚鵡図(木版着色、明和8年1771年、公益財団法人 平木浮世絵財団蔵)

1463932925194.jpg

【生誕300年記念 若冲展 カタログ P.196 】


20 : 22 1階の〈釈迦三尊像〉と〈動物綵絵〉Sakyamuni Triad and the Colorful Realm of living Beingsの展示室へ。(続く)

クロカル超人が行く 194 上野・東京都美術館『若冲展』 2

1463808594959.jpg

20 : 01 『若冲展』入口通過。
20 : 05 地階から鑑賞。わっ、こんなに人が、まるで芋洗いの中へ突入する感じ。思わず笑ってしまった。
LBF 画遊人、若冲(1) “ 画遊人”とは何とも言い得て妙。3 牡丹・百合図(絹本着色、江戸時代18世紀、京都・滋照寺蔵)精密に描かれかつ鮮やかな色の配置。牡丹の赤、百合の白が対称的。構図の確かさそれに安定感があって動きも感じられる。4 隠元豆・玉蜀黍図(和歌山県指定文化財、紙本墨画、江戸時代18世紀、和歌山草堂寺蔵)可愛い蛙はどこを見ている?空間処理が上手い。5 糸瓜群虫図(絹本着色、江戸時代18世紀、細見美術館蔵※5月8日までで観られず)、6 雪中雄鶏図Rooster in the Snow(紙本着色、江戸時代18世紀、細見美術館蔵) 竹林の雪の白さ加減、鶏の目と鶏冠の赤、丹念に塗り込まれた茶、白、黒の羽根のリアル過ぎる躍動感、構図、色彩の極致。8 雪中雄鶏図(絹本着色、江戸時代18世紀、岡田美術館蔵※5月8日までで観られず)、9 花卉雄鶏図(絹本着色、江戸時代18世紀、岡田美術館蔵) 鶏図の極細と色使いの巧みさが凄い、10 梅花小禽図(絹本着色、江戸時代18世紀、岡田美術館蔵)花と戯れる鶏、やはり赤の鶏冠の表情はインパクト抜群。11 旭日鳳凰図Phoenix and Sun(絹本着色、宝暦5年1755年頃、宮内庁三の丸尚蔵館蔵) 赤と白のコントラスト、構図の抜群さは観るものを惹き付けてやまない。特に鳳凰の練り上げた白さは感動もの。「鳳凰図が観れれば長蛇の列で待つ甲斐があるのよ」とおばさんが呟いた。12 孔雀鳳凰図(絹本着色、宝暦1755年頃、岡田美術館蔵)色鮮やかなことこの上ない。孔雀の色合い、松の緑がいい。13 月夜白梅図White Plum Blossoms on a Moonlit Night(絹本着色、江戸時代18世紀、個人蔵)月夜に咲く梅の白さが何ともユニーク、花月風詠の典型的な景色。丸い月の色合いに風情が─。ていねいに描き込まれた梅の見事さよ。14 白梅錦鶏図(絹本着色、江戸時代18世紀、MIHO MUSEUM蔵)極彩色の錦鶏、見事というほかない。16 厖児戯箒図(絹本着色、宝暦14年1764年以前、京都・鹿苑寺蔵)猫と箒のおわそび的ポーズ。ユーモラス、ユーモラス。

Image_5

【生誕300年記念 若冲展 カタログ】より

17 伏見人形図(紙本着色、江戸時代18世紀、国立歴史民俗博物館蔵)絵師の眼差しが解るよう。人形の色使いと滑稽さを醸し出すユニークさ。18 達磨図(絹本着色、江戸時代18世紀、MIHO MUSEUM蔵)滑稽さのなかに親しみも込められているよう。 19 売茶翁蔵(絹本墨図、宝暦7年1757年、個人蔵)商売人のユーモラスな表情がいかにも人間臭い。20-1 鹿苑寺大書院障壁画 葡萄小禽図襖絵(重要文化財、紙本墨画、宝暦9年1759年、京都・鹿苑寺蔵)(続く)

2016/05/20

クロカル超人が行く 194 上野・東京都美術館『若冲展』

伊藤若冲生誕300年記念東京都美術館『若冲展』鑑賞ドキュメント。
16 : 38 JR上野駅を降りて東京都美術館へ。
16 : 45 東京都美術館の前に到着して長蛇の列に並ぶ。
17 : 10 少し立ちすくむ。今週はじめに出張もあって疲れ気味かも。並びながら軽くストレッチをする。
17 : 15 持参した若冲関係の文庫本を読む。近くの中年女性が「初日の4月22日に来たが15分で入れた よ」と得意そうにすぐ脇のおばさんに話しかける。チケットをネットでゲットしていたみたい。また観に来てこの長蛇の列にびっくりしている。しかし愉しげ。
17 : 30 長蛇の列は係員の指示に従って4人一列になって進むが、まだ250メートルくらい。新緑がやたらに目に入る。「クマモンは熊本県では営業部長、顔に2つの赤いトレードマークが無くした時には降格しおったばってん」と前に並んでいたばあさんが退屈しのきではしゃいでいる。「くまモンはかわいいじゃろ。そういえば、こちらにはふなっしーがいるんじやないの。実物は見たことないけん、あまりかわいくないないみたいじゃけん」。
18 :45 長蛇の列の進み具合と光景をパチリ。

1463752326091.jpg

美術館の入口の方に近づいたがまだらしい。
19 :05 東京都美術館で並ぶことすでに2時間半、時計は午後7時をまわる。美術館の入口あたりに来たが入館はまだ先だ。昨日とは温度も幾分下がって過ごしやすいが、夜風が吹く時間帯になる。辛抱強く並ぶ人の数は優に20000人以上か。やはり中高年の女性が目立つようだ。新緑で幾分か清々しいと感じられるもやはり、長時間蛇行しながら並ぶのは辛く、時には足腰が痛くなる、気分が悪くなる、血圧が上がる。いやはや、どうにも耐えられない─。
19 :40 やっと入口から館内へ。それでもまだ『若冲展』エンターできず。(続く)


Image_2

1463819956350.jpg

1463819956950.jpg

1463819957633.jpg

1463819958210.jpg

追記 ついに土曜日の今日、ヤフーの直近のニュースで『若冲展』に320分(5時間20分)待ちの見出しが出た。もはや事件である。病人などが出たりしたら大事だ。主催者側に早く対策を講じてもらいたい。整理券を配布するなり、近くの博物館や美術館に特別に入れるようにして緩和策を取っていただきたい。過熱な若冲人気で関係者はほくほくだろうが(開催期間でざっと見積もっても5億円以上、それに3000円の図録もある!)、きちっと対策を取らないと大事故で中止になるとも限らないのだから。油断大敵だ。暴動でも起きたらそれこそ台無しなのだ。そういえば外国人やこどもがほとんど見あたらなかった。
筆者も昨日196分待って入ったが、比較的空いているだろうと予測して午後4時半過ぎに並んだが、入れたのは3時間16分過ぎた午後8時01分だったのだ。異常だし呆れた。入ったら入ったでまるで芋洗いで満足に絵を鑑賞できず、却ってストレスを溜めて帰宅したのだ。(2016年5月21日 記)

2016/05/17

クロカル超人が行く 193 近鉄名駅のナナちゃん人形

1463490867728.jpg

名古屋名物ナナちゃん人形、夏バージョンに衣替え中のところをパチリ。これは貴重!
女版ガリバーはどこを見ている?

超人の ドキッとする絵画 28 東京都美術館の『若冲展』

今上野の東京都美術館で開催中の『若冲展』(5月24日まで)。戦前から数えると今回で10回目の展覧会らしい。土曜日の朝早く家を出た家人がてっきりこの美術展を鑑賞してきたと思っていたら、3時間半待ちでは身体が持たないと諦めて近くで開催していた『黒田清輝展』を観てきたと言った。東京都美術館のホームページでも、チケットを購入するまで40分、それから鑑賞できるまでさらに240分かかると書かれていた。NHKや新聞、『芸術新潮』などの雑誌もこの美術展に言及していて拡散し続け、人々を上野の森に集結させている。それが異常なまでの盛り上がりを見せているのだ。過去に何度か若冲ブームが起きたとは、若冲絵画の第一人者、日本美術史研究家の辻惟雄氏が、「伊藤若冲、ジョウ・プライス、そして私」のタイトルで岩波の『図書』2016年5月号に寄稿している。筆者的には京都のお寺で発見された天井に書かれた絵を観れば足りるのだが、はて、いつ行くか。そろそろ出かけないと終わってしまうのだ・・・。
それにしてもこの過熱振りは狂気の沙汰である。幸いに筆者は京都の相国寺で開催された時には観ることができたのだがー。そのコラムを読むはこちら➡http://cocolog-nifty.com/callsay/2007/05/post_8e60.html

Image_4

伊藤若冲絵画の第一人者、日本美術史研究家の辻惟雄氏が若冲絵画の真髄を伝えて余りあると絶賛する前衛美術家杉全直が『美術手帖』に書いた感想文を引用しているので、それを上記の『図書』から書き写してみるのがよさそうだ。

鶏々の厳しくくぎられた奇妙な凝結は、心の中を揺り動かすようなフォルムを形作って、不定形のシャボテンと噛みあい、響きあって流れて行く。
‥‥‥若冲がシャボテンの俘になったのではなく、形にならない形を持つシャボテンに託し、自由に、自己内面に持つ解放されたフォルムを次々に重ね、無限に拡がってゆく世界を形成しているようだ。

2016/05/12

超人の面白スポーツ 東京大学野球部投手 宮台康平

先週のこと、あるミニコミ誌に東大記録70年ぶりに更新、六大学野球で13奪三振 と書かれた見出しに目を奪われた。えっ、地元にこんな若者がいるんだと興味津々でその記事を読んだ。掲載されている写真も笑顔が似合う好青年。その記事によれば4月9日に行われた東京六大学野球春季リーグの早大戦で13奪三振を記録、1946年に山崎論選手が樹立した「1試合12奪三振」の東大記録を70年にぶりに更新したという。左腕からのストレートは最速145キロ、走り込みをするなどして足腰を鍛えてきたと。その3日後の先週日曜日、「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで宮台投手の東大が立大に勝ったと話題になった。敗けが普通の東大にいま異変が起きているのだ。これにはかつて「ニュース9」のキャスターを努めた東大野球部出身の大越氏も喜んでいるのでは。爽やかな宮台投手、いいね。このままさわやか旋風を吹かせて勝ち進んでほしい。
ところで、この記事を書いているのは通勤電車内。それにしても2日連続で朝の通勤帯での大幅な電車の遅れにはウンザリだ!
宮台投手、快速球でこの状況を打破願います!(笑)

2016/05/11

クロカル超人の面白散歩 2 神保町『未来食堂』

先週の土曜日の夜にテレビ東京の番組「クロスロード」で紹介された『未来食堂』。リケ女が自分なりのシステムを開発して実践、今人気の食堂だ。店のネーミングもオシャレ。

Image_5

Image_6

Image_7


2016/05/10

クロカル超人の面白散歩 有楽町・交通会館  『博多うどん よかよか』

Image_6

4月29日の祭日にとある先生と登戸駅近くの店で食事をした。小田急線の鉄道物語をやさしく書いた先生は、福岡の出身で話は鉄道から終にはラーメンやうどんの話にまで及んだ。タレントで博多出身のタモリが機会あるごとに語ったことの一つに固めの讃岐うどんばかりがもてはらされ、柔らかい博多うどんが東京ではほとんど食べられないと残念がったことだ。大分昔仕事で博多にはよく出張していてラーメンやもつ鍋などは食べていたが、博多うどんにまでには手が出なかった。福岡出身の人が腰のない柔かうどんがいいと最近聞くようになった。登戸駅近くの店で食事をした先生もその一人だ。で、ネットで調べているうちにこの3月に博多駅地下街に地元の博多うどんチェーン店『牧のうどん』が出店したとあった。そこはかつて筆者が福岡出張中によく立ち寄った飲食店街の一角だった。

それはさておき、ネットで都内にある博多うどんの店を検索したら有楽町にそれらしき店があることがわかった。早速雨の中有楽町の交通会館地下1階に足を運んだ。狭いスペースで営業中の『博多うどん よかよか』はさながらアンテナ ショップ的な感じの店(立ち喰いそばや風)。厨房一人、ホール一人で切り盛りしていて、15人も入れば満杯である。人気のごぼう天うどん(600円)とトッピング用の辛子明太子(300円)を注文。うどんでは東京のうどん、名古屋のきしめん、関西のうどん、香川のうどんなどが有名で筆者もうどん派だが、東京では超マイナーな博多うどんを食するのは初めてかも。甘ったるい昆布出汁にもちもちした柔かうどんで、するすると口のなかに抵抗なく入る、意外に美味!トッピングの小さめのごぼう天の歯応えもまあまあ、辛子明太子もイケた。不思議だったのは明太子が入ると俄然レイアウトの色彩が嘘のように変化し際立つ、しかもごぼう天、刻みネギやワカメの名脇役もそれなりに主張しているよう。また、アクセントの板かまぼこの一片までハッピーな様子。連れも美味しい、美味しいと宣った。さらに餃子巻き、がんもに玉子のおでんと水なすを追加注文した。水なすは九州味噌をつけて食べるが、少しぱりぱり感があってさっぱりした食感が楽しめるのだ。乙なツマミといったところか。この店の近くに博多のアンテナショップもあるので、接客術に磨きをかけてコラボすればもっと流行ると思うのだが。

ところで、上記の福岡出身の先生と博多うどんの話をした3日後の2016年5月2日の毎日新聞夕刊のコラム「憂楽帳」(比較的若い女性記者なのかしら? ネットの記事を参照したかも。よく似ていた文言も)にそのうどんの記事が出てびっくりぽんや。早速その記事で紹介されていた『博多うどんはなぜ関門海峡を越えなかったのか』という経営コンサルタントが書いた本を注文したばかり。読むのが楽しみだ。博多うどん、よかばい。

Image_3 Image_4

2016/05/05

クロカル超人が行く 192 ラ・フォル・ジュネ・オ・ジャポン2016

1462446665987.jpg
1462446666735.jpg

今や5月恒例になったフランス・ナント生まれのクラシックの祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」も今年で11回目、東京丸之内会場他新潟、金沢、大津、鳥栖でも開催。今回のテーマはla nature ナチュール自然と音楽。5月3日、4日、5日の3日間有楽町の東京国際フォーラムが東京の会場だ。
最終日の5日の夕方、仕事帰りに会場に足を運んだ。無料演奏会場のところは多くのクラシックファンが詰めかけていて座るのが困難なほど。チケットは買っていなかったので、地上広場で食事しながら少しの間コンサートを聴いたあと、オッタヴァスタジオで音楽ジャーナリストの林田直樹さんと音楽ライターの飯田有沙さんの対談をこれまたさわりだけ聴いた。これだけ回を重ねるとネタに困ってしまうのではと素人ながら思ってしまうが、どうして、どうして、関係者の努力が充実度を表しているようだ。いわく、テーマを広がりのある普遍的なものにすることによって、地域も時代も超越した、飛躍的に自由度を増したプログラミングになってきていると。オッタヴァの司会を努める音楽ジャーナリストの林田直樹さんが ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのオフィシャルガイドに書いている。
武満徹のものを聴いてみたかったが、モーツアルトと自然~名手が奏でる春の協奏曲(5月5日、12:15~13:10、ホールA、小林愛美ピアノ、シンフォルニア・ヴァルソヴィア、リオ・クォクマン指揮)は聴きたかったー。
【写真: オッタヴァスタジオでの林田直樹さんと飯田有沙さん】

2016/05/04

Untitled

utan titel

ルート66
逆さまにして
トール99
この無限大に響くことば

何だか北欧神話の
戦神トールを思い出した

北欧ものの先駆的な
翻訳者山室静さんは
発音はいいのと
はにかみながら
少しだけ自己主張して
好きな煙草を代わる代わる吸っていたっけ
しかも和服だった

雑誌『北欧』の床枝さんはまんまるがおで
独特の話ぶり
日本酒を1合ごと進むと
陽気 元気

ああ 新宿アイランド
ああ 新宿アイスランド

二人ともいつの間にかみまかった

ルート66
今宵は少しだけエロく
69でいくか

宇宙樹(ユグドラシル)の世界が
今や現実

地球外生命体の発見が
神話や生誕の災厄を
崩すのか

ロマンがマロンに
66 99 69

チミ
ミチ
66

2016/05/03

クロカル超人が行く 191 江ノ島アイランド

1462004832439.jpg

吹く風やイタ飯にもシラス飛び

Strong wind blows
Against the island,
As whitebait on the pasta
Flew away.

荒海や島に横とう夏の雲

江ノ島や弁財天の銭飛沫


« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31