« Untitled | トップページ | クロカル超人の面白散歩 有楽町・交通会館  『博多うどん よかよか』 »

2016/05/05

クロカル超人が行く 192 ラ・フォル・ジュネ・オ・ジャポン2016

1462446665987.jpg
1462446666735.jpg

今や5月恒例になったフランス・ナント生まれのクラシックの祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」も今年で11回目、東京丸之内会場他新潟、金沢、大津、鳥栖でも開催。今回のテーマはla nature ナチュール自然と音楽。5月3日、4日、5日の3日間有楽町の東京国際フォーラムが東京の会場だ。
最終日の5日の夕方、仕事帰りに会場に足を運んだ。無料演奏会場のところは多くのクラシックファンが詰めかけていて座るのが困難なほど。チケットは買っていなかったので、地上広場で食事しながら少しの間コンサートを聴いたあと、オッタヴァスタジオで音楽ジャーナリストの林田直樹さんと音楽ライターの飯田有沙さんの対談をこれまたさわりだけ聴いた。これだけ回を重ねるとネタに困ってしまうのではと素人ながら思ってしまうが、どうして、どうして、関係者の努力が充実度を表しているようだ。いわく、テーマを広がりのある普遍的なものにすることによって、地域も時代も超越した、飛躍的に自由度を増したプログラミングになってきていると。オッタヴァの司会を努める音楽ジャーナリストの林田直樹さんが ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのオフィシャルガイドに書いている。
武満徹のものを聴いてみたかったが、モーツアルトと自然~名手が奏でる春の協奏曲(5月5日、12:15~13:10、ホールA、小林愛美ピアノ、シンフォルニア・ヴァルソヴィア、リオ・クォクマン指揮)は聴きたかったー。
【写真: オッタヴァスタジオでの林田直樹さんと飯田有沙さん】

« Untitled | トップページ | クロカル超人の面白散歩 有楽町・交通会館  『博多うどん よかよか』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 192 ラ・フォル・ジュネ・オ・ジャポン2016:

« Untitled | トップページ | クロカル超人の面白散歩 有楽町・交通会館  『博多うどん よかよか』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31