« クロカル超人が行く 191 春探し | トップページ | 超人の面白テレビ鑑賞 NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」 2 »

2016/03/04

超人の面白テレビ鑑賞 NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」

NHK朝の連続ドラマを本格的に見始めたのは、なぜか「まれ」に続けてのこと、その「まれ」は2015年度前半を飾ったが視聴率がイマイチだった。地方の宣伝色を全面に押し出し、ヒロインと何人かの個性派俳優などを配して面白可笑しく見せてくれたものの、結局はストリー展開がごちゃごちゃ過ぎてイマイチの感を拭い切れなかった。それが筆者の正直な感想だ。やはり脚本の良し悪しか。筆者的にはドラマの中盤で横浜中華街の一角を模した怪しげな店が登場し、そこで展開される人間ドラマは悲哀感たっぷりの、しかも可笑しみも加味されて面白かったが、これなどは大分前の「夢千代日記」(早坂暁によるこのドラマは夜9時台だった)のスナックシーン(確か照明を操っていたのはあがた森魚。怪しげさを十分に醸し出していた)を思い出して苦笑した。
さて、明治の女傑の一人、九転十起生・大坂の豪商加島屋の広岡浅子をモデルしたドラマ「あさが来た」だ。これが意外と面白い。けらけらと笑い転げるわけではないが、一大転換期の幕末・明治の時代を生き抜く力強い女性を描いてあまりあるが、一人の女性のビジネス好き、学問好きがやがてビジネスを大きくし、女性のための大学校創設に賛同し貢献するから驚きである。まさしくびっくりぽんや。(続く)

追記 昨夜偶然にTBSの番組「情熱大陸」を見ていたら、“まれ”役だった女優土屋太鳳TSUCHIYA Taoが出演していた。やがて弾けそうな人間を応援するドキュメンタリー番組だが、美人で爽やかさと清楚なイメージそれに人懐っこさも合わせ持ち、その上にダンスやスキーなど運動神経も抜群の21歳は、明るくのびのびとしていて誰からも好感の持てる優等生タイプ。今は日本女子体育大学の2年生に在籍中。テレビドラマや映画にと引っ張りだこで、人気急上昇中だ。セクシーさはないけれどそれはこれからかも。アジア圏他にもはばたいてもらいたいとの願いを込めて、あえてTSUCHIYA Taoと綴った次第。筆者も陰ながら応援したい!(2016.3,7 記)

追記2 「情熱大陸」でも触れていたミュージックビデオが大評判。新たな可能性を秘め、チャレジしている姿が写し出されていた。キレのある見事なまでの野性味ー。You Tubeでとくとご覧あれ!
https://youtu.be/Q6pTQd24iLs (2016.3.8 記)

« クロカル超人が行く 191 春探し | トップページ | 超人の面白テレビ鑑賞 NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白テレビ鑑賞 NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」:

« クロカル超人が行く 191 春探し | トップページ | 超人の面白テレビ鑑賞 NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」 2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31