« 超人のジャーナリスト・アイ 159 花の都パリで同時多発テロ | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 209 神戸・らぁめんたろう 阪急六甲店 »

2015/11/23

クロカル超人が行く 181 大阪 EXPOCITY (エキスポシティ)

昨日19日にオープンした〈三井ショッピングパーク ららぽーとEXPOCITY〉と8つの大型エンターテイメント施設。コンセプトは万博のコンセプトを引き継いだ形の『遊ぶ、学ぶ、見つける』楽しさをひとつにである。
EXPOCITY(エキスポシティ)は、地上1階~3階、敷地面積172,239.68㎡、延床面積約223,000㎡の複合商業施設。(三井不動産のwebsiteを参照)

Image_2

Image_3

Image_4

Image_5

1448098821987.jpg

【写真左上から : エキスポシディ入口 案内図 ららぽーと外観 イングリッシュ ビレッジ 最寄りの駅近くにある木々の間から見える岡本太郎作「太陽の塔」】

① NIFREL(ニフレル) 水族館、動物園、美術館で感性を豊かにする「生きているミュージアム」② 109シネマズ大阪エキスポシティ 地域最大11スクリーンの最新シネコン、IMAX次世代レーザー ③ ANIPO(アニポ)「動物キャラクターの移動遊園地」をテーマにしたアミューズメントゾーン ④ OSAKA ENGLISH VILLAGE(オオサカ イングリッシュ ビレッジ) 日本初の「体験型」英語教育施設(上4番目の写真) ⑤ Orbi Osaka(オービイオオサカ) 2016年初頭オープン予定 日本最大級の大迫力で匂いや霧などの演出を体験しながら楽しめるシアターなど。⑥ REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール) 2016年春オープン予定 120メートルをこえる日本一高い大観覧車 ⑦ ポケモンEXPOジム ⑧ENTERTAINMENT FIELD(ひつじのショーンファミリーファーム) 体験型アミューズメントパーク。8つの大型エンタ―テインメント施設が掲載されているパンフレットを見ながら紹介したが、ついでにショッピングゾーンのららぽーとにある2つの食空間の店の紹介は下記の通り。食い道楽大阪のバラエティに富んだ庶民の味に各国の新鮮な味も加味され、多種多様な食文化が楽しめるように工夫を凝らしているようだ。
左サイドの【レストラン街 EXPO KITCHEN】には18店舗が軒を連ねる。洋食他 ミツケキッチン SOBA DINNING 結月庵そじ坊 定食 ごはんとわたし 洋食レストラン BARBARA EXPO RESTAURANT 鉄板・お好み焼き 大阪 粉もん お好み焼き 五郎ッペ食堂 回転寿司 大起水産回転寿司 焼肉 焼肉 平城苑 とんかつ工房和幸 中華・飲茶 浪漫路 KITCHEN ワールドビュッフェ BUFFET RESTAURANT Atlantic カジュアルレストラン Egg's Things ショップ&カフェ GUNDAM SQUARE スィーツビュッフェ スィーツパラダイス キャラクターベーカリー BC-bakery フライドチキン KFC 串揚ビュッフェ 神楽揚処本串家 洋食他 万博食堂 うどん 元祖セルフうどんの店 竹清。
右サイドの【Food Pavilionフードコート】には17店舗が並ぶ。牛たん 仙臺たんや利久 ソフトクリーム 町村牧場 ジュースバー フルーツバーAOKI ラーメン RAMENEXPRESS 博多一風堂 セルフうどん 讃岐うどん まごころ たこ焼き・粉もの たこ焼き発祥のお店 大阪玉出 会津屋 オムライス 元祖オムライス 北極星 親子丼 鶏三和 天丼 日本橋 天丼 金子半之助 つけ麺 つじ田 ハワイアン ハワイアングルメバーガー クア・アイナ 中華 チャーハンスタジアム 追立 韓国料理 Korean Kitchen まだん タイ料理ティーヌン イタリアン PIZZERIA Tana Formo FRESCA 全国ご当地どんぶり 全国ご当地 丼ぶり屋台 駄菓子 静屋。

仕事で移動中にモノレールに乗ったら、万博記念公園駅近くに新たな複合商業施設がオープンしたばかりなのを知って少し寄り道してみた。この付近は1970年の大阪万博会場だったところで、今回はパスしたが筆者はここから仕事で民博へよく出かけたものだ。その当時はがらんとしていてタクシーを乗るのにも台数が少なく一苦労したのを覚えている。万博記念公園内にある岡本太郎の作品「太陽の塔」だけがとてつもないスケールと不思議な造形美で圧倒的な存在感を示していると勝手に思っていたが、この公園は紅葉の名所としても知られているのだ。それこそ今がみどころ。そんなところに新たな商業施設のオープンである。時代は流転するのだ。新たに老若男女が楽しめるアミューズメントパークに生まれ変わった。オープン2日目とあって最寄りの駅から商業施設のエキスポシティまで人が絶えなかった。若いカップル、学生、関西のおばちゃん、子ども連れの家族、実年夫婦等様々。さすがにまだ中国人やタイ人など外国人の観光客は押し寄せていなかった!筆者は時間もなかったのでほんの少し覗いただけだった――。
ところで、昨晩夕食に手頃な和幸のとんかつを食べたくなったので、それらしき店をネットで検索後、まずはナンバの高島屋のレストラン街に出かけたが本物のとんかつ和幸ではなく、グループ店で値段も高めだった。次に今度はキタの大阪駅周辺で店を探したがなかった。仕方なく阪急三番街にある別の店(大阪では有名な店かも)で食べたのだ。とんかつ和幸は、東京周辺には結構店があるのに大阪駅周辺(南船場や西ノ宮などにはあるが店数は少ない)には一軒もないのは不思議だった。食い道楽の大阪には関東勢はそもそも無理かと思っていた矢先、この新しい商業施設エキスポシティのレストラン街EXPO KITCHENのパンフレットに“工房和幸”の文字を見つけてびっくりぽんや!次回の楽しみとしたい。エキスポシティの紹介がいつも間にかとんかつ店の話に。
さてさて、三井不動産が開発した新感覚の複合商業施設は浪花の賑わいを何色に染めてくれるか楽しみだ。昨日は大阪府知事・市長選のダブル選挙日、自公が維新組に敗退。大阪都構想が再浮上するか?政治の混乱のために権力を無理に行使して血税を無駄にすることだけはやめてもらいたい。庶民のために魅力ある地方政治の実現を期待したい。
(註。この記事は11月20日~23日にわたって書き綴ったもの)

« 超人のジャーナリスト・アイ 159 花の都パリで同時多発テロ | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 209 神戸・らぁめんたろう 阪急六甲店 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 181 大阪 EXPOCITY (エキスポシティ):

« 超人のジャーナリスト・アイ 159 花の都パリで同時多発テロ | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 209 神戸・らぁめんたろう 阪急六甲店 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31