« 超人の面白TV映画鑑賞 学歴の値段~集金マシーン化した米大学の真実 余滴 2 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 204 横浜市神奈川区六角橋『くり山』 »

2015/09/29

超人の面白TV映画鑑賞  学歴の値段~集金マシーン化した米大学の真実 余滴 3

フランスの先生は英語の拡大化に異論を唱え、マーケティング重視の今の大学について知識は商品ではないと痛烈に批判。シンガポールの言語学の先生は、マレー語やマンダリン語など多言語使用が普通の多民族国家のシンガポールでは文化の多様性を認め、グローバルな職場が求められて来ているので、英語をきちっと身につける必要があると語る。シンガポールは最近亡くなった元首相が資源のない小国が生き抜いて行くには教育しかないと早くから英語に力を入れてきた国なのだ。また、アメリカの先生が英語はたまたま共通言語であって経済学みたいな実学に力点をおく今の大学で、教育が何のためにあるのか考えなければならないと語る。人文社会系のクリエイティブさ、多様性、イノベートな研究、多言語主義は必要で、だからリベラル・アーツ教育が欠かせない。批判的思考が養われるからである。今アメリカでは産業界の要請で工学や生命科学の人材が求められて来ている。ここで番組はアメリカで3番目に古く人文学の名門エール大学が理工系に取り組んでいる例を紹介する。エール大学は最近10年間で学生の数が200人以上減少し、危機を募らせ、目下施設などにお金をかけて理系分野に力を入れているとリポート。理系や経済学がアップし、人文系がダウンしているという。(続く)

« 超人の面白TV映画鑑賞 学歴の値段~集金マシーン化した米大学の真実 余滴 2 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 204 横浜市神奈川区六角橋『くり山』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白TV映画鑑賞 学歴の値段~集金マシーン化した米大学の真実 余滴 2 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 204 横浜市神奈川区六角橋『くり山』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31