« 辛島泉さん追悼「豊後のくにのサイエンス リテラシー伝道師」続々 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞 スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 47 余滴 続 再録など »

2015/08/14

超人の生真面目半分転生人語 5 安倍首相の戦後70年談話

今更なぜ新たな談話が必要なのか?この人はよっぽど“新たな解釈”が好きとしか思えない。夕方6時から閣議決定後に記者会見に臨んだ安倍首相の提言をテレビの前で聴いての筆者の第一印象だ。そもそも閣議決定が必要なのか?日本政府の公式な見解として、近隣諸国の懸念を払拭したいという思惑が働いていたことは充分に想像できるが、玉虫色に包まれた美辞麗句のオンパレードで、誰が何を誰に対して行ったのかという具体的な明示を避けてぼやかしたままの提言になっている。俯瞰する歴史に対する認識も浅はかなところもあるようだ。A4版で5枚、4000字に認めた文章をもとに25分間読み上げた戦後70年談話だったが、意に反して一般論的で内容が今一つ響いて来なかった。過去の歴史を直視し謙遜さが必要と言うならば、韓国に対しては、遠回しな表現を避けてより踏み込んだメッセージがもっとあっても当然のような気がする。美辞麗句や婉曲表現が並び、植民地支配、侵略、反省やお詫びなどのキーワードがその中に軽く嵌め込まれている感じを受けた。安倍流の脱構築化だろう。あるテレビのコメンテーターは、この談話を安倍ドクトリンと位置付けしていたが…。誰かに論理的で響き合う文章に書き直してもらいたい。そう願うのは筆者だけだろうか。

« 辛島泉さん追悼「豊後のくにのサイエンス リテラシー伝道師」続々 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞 スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 47 余滴 続 再録など »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の生真面目半分転生人語 5 安倍首相の戦後70年談話:

« 辛島泉さん追悼「豊後のくにのサイエンス リテラシー伝道師」続々 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞 スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 47 余滴 続 再録など »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31