« 超人の面白読書 112 中村忠夫著『西脇順三郎の風土 小千谷を詠んだ詩の数々』 2 | トップページ | 超人の面白読書 112 中村忠夫著『西脇順三郎の風土 小千谷を詠んだ詩の数々』 3 »

2015/07/21

クロカル超人が行く 177 足立区の花火大会

Image_8 Image_9

梅雨明けがそろそろの7月18日、午後九段下で小さな研究会に出席後友人に誘われて町屋の彼の友人のマンションに出かけた。足立区の花火大会を観るためである。友人によれば、この足立区の花火大会を荒川区のマンションから観賞するのが毎年恒例行事だそうだ。Mさんのホスピタリティーに感じ入り、食、飲、談、観の揃った夏の夜の宴に相応しく、洒脱なテレビ番組「ヨルタモリ」ではないが異次元の、非日常の世界にしばし遊んだ。天候が心配されたが、花火大会開催直前に見事な虹が二つ出たのだ。これは願い事が叶う兆しー。納涼感たっぷりで楽しかった。パワーをもらった感じだ。
町屋駅すぐそばの赤提灯での二次会では一匹狼風の釣師H氏との出会いがこれまた粋で鰻獲りなど釣り談義をしばし。だが、筆者の酔いにまかせて変幻、夢遊したことは店主も埒外だったはず。一緒にいた友人も呆れ顔隠せず。おまけの“楽しさ”がついたのである。

Image Image_2 Image_4 Image_10

夏雲や静かに流れ隅田川

梅雨明けも何知るぞ虹の架け橋

花は華満天に咲く夏夜空

ワイングラスみえる灯りは夏ゆらり

虹二つ尾竹橋と不穀隣橋

乙まみに味が染み込む甲の夏

1 rainbow
2 rainbows,
And 3 rainbows
Seen as VENUS arch
On the Sumida River


追記 それにつけても下町の絵師水村喜一郎は今何処?

« 超人の面白読書 112 中村忠夫著『西脇順三郎の風土 小千谷を詠んだ詩の数々』 2 | トップページ | 超人の面白読書 112 中村忠夫著『西脇順三郎の風土 小千谷を詠んだ詩の数々』 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 177 足立区の花火大会:

« 超人の面白読書 112 中村忠夫著『西脇順三郎の風土 小千谷を詠んだ詩の数々』 2 | トップページ | 超人の面白読書 112 中村忠夫著『西脇順三郎の風土 小千谷を詠んだ詩の数々』 3 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31