« 超人の面白ラーメン紀行 200 六本木『麺屋武蔵虎嘯』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 201 京都市右京区『桃花春』 »

2015/07/05

超人の面白翻訳鑑賞 西脇順三郎作「雨」のドナルド・キーンの英訳

南風は柔らかい女神をもたらした
青銅をぬらした 噴水をぬらした
燕の羽と黄金の毛をぬらした
潮を濡らし 砂をぬらし 魚をぬらした
静かに寺院と風呂場と劇場をぬらした
この静かな柔らかい女神の行列が
私の舌をぬらした

rain

The south wind has brought soft godnesses.
They have wet the bronze, wet the fountain.
Wet the swallow's wings, wet the golden feathers
wet the tidewater , wet the sand, wet the fishes.
Gently, wet the temples, baths and theaters
The procession of gentle, soft godnesses
Has wet my tongue.

『日本文学史 近代・現代篇 8』(中公文庫)P.273-P.274より

何ともエロチックな詩だが、キーンの英訳のwetの響きがこれまたいい。

« 超人の面白ラーメン紀行 200 六本木『麺屋武蔵虎嘯』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 201 京都市右京区『桃花春』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白ラーメン紀行 200 六本木『麺屋武蔵虎嘯』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 201 京都市右京区『桃花春』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31