« 超人の面白読書 108 常盤新平著『遠いアメリカ』 | トップページ | 超人の面白読書 110 高槁政巳著『感じの漢字』 »

2015/05/18

超人の面白映画鑑賞 弁護士河合弘之監督『日本と原発』

Image_5

代々木上原のgallery「Hako」で弁護士河合弘之監督のドキュメンタリー映画『日本と原発」を観た。弁護士の映画初監督としては全体的にまとまっていた感じだ。原発事故の恐ろしさは今更言うまでのないが、例えば、福島第一原発事故の直接の原因が津波ではなく地震だという論拠を分かりやすく図解入りで突き詰めている。弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘う木村結そしてこの映画の監督の弁護士河合弘之の3人が、丸2年かけて有識者のinterview、現地での情報収集、報道資料、事故に巻き込まれた人たち、原発事故の背景、エネルギー政策のウソと真実を追求したドキュメンタリー映画。上映時間約120分。弁護士がなぜ原発の映画を制作したか、とはこの映画の宣伝文句だが、弁護士河合弘之は原発訴訟で何度も敗訴していて悔しい思いをさせられてきたからこそ、原発問題を通じて正義justiceとは何かを映画で訴えたかったのではないか。


« 超人の面白読書 108 常盤新平著『遠いアメリカ』 | トップページ | 超人の面白読書 110 高槁政巳著『感じの漢字』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白映画鑑賞 弁護士河合弘之監督『日本と原発』:

« 超人の面白読書 108 常盤新平著『遠いアメリカ』 | トップページ | 超人の面白読書 110 高槁政巳著『感じの漢字』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31