« Chojin's hobby : bonnsai dwarfted tree in a pot | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 197 東京メトロ丸ノ内線 後楽園駅『メンショー トーキョー』 »

2015/05/04

クロカル超人が行く 174  江の島 リストランテ『Il chianti cafe』

Image_4 Image_5 Image_6 Image_3 Image_8 Image_7

江の島展望灯台の下にあるチェーン店、イタリア式食堂『Il chianti cafe』で家人主催の一足早い小さな誕生会を開催。40分待って入ったテラスのテーブルは大海原が独り占めできるオーシャンビューの絶景ポイントで、午後のひと時を充分に堪能できた。この海はどこへ続く、富士山は見えるかとくだらない呟きをしながら、しばし大海原を眺めた。

浮世絵は時空を超えてここにあり

昼食はシラスのペペロンチーノ、オリジナルミックスサラダにマルゲリータとイタ飯の定番メニューだったが、どっこいここは江の島なので、やはり“シラス”のペペロンチーノに出会えて感激。フレッシュで美味。
シラスといえば、モノレールの江の島駅から江の島まで歩いたわけだが、沿道や参道沿いには、嫌というほど“シラス丼”店が立ち並んでいて、いずれの店も行列ができていた。昼時だったことも。もちろん参道沿いの超人気店『とびっちょ』にも行列ができていて入れる状態ではなかった。何だかあの半透明に点のある(これは目)、シラスの姿が脳裏に焼きついてしまったようだ。いやはやー。で、途中、絶景ポイントでたまたまいあわせたスイス人の男性に頼んで(英語で話しかけたが、返ってきた言葉は日本語!)筆者と家人の写真を収めることができた。彼は九段下の日本語学校に通っている由。次に向かったのは銭洗弁天。小銭を洗い清めた後金運を試すべく池の中にあるお賽銭箱に小銭を投げたが、7回目でようやく打ち止めた(ターゲットはあっていても箱の仕切りにはね返されて少し焦ったが)。それから展望台の近くのリストランテで遅い昼食を取ることにしたのだった。しかし、4年振りの訪問ですでにセルフサービス形式の前の店はなく、本格的なイタリア式食堂と100種のメニューを謳うイタリアン レストランに様変わりしていた。


« Chojin's hobby : bonnsai dwarfted tree in a pot | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 197 東京メトロ丸ノ内線 後楽園駅『メンショー トーキョー』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 174  江の島 リストランテ『Il chianti cafe』:

« Chojin's hobby : bonnsai dwarfted tree in a pot | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 197 東京メトロ丸ノ内線 後楽園駅『メンショー トーキョー』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31