« クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 7 | トップページ | Chojin's hobby : bonnsai dwarfted tree in a pot »

2015/04/27

超人の面白ラーメン紀行 196 淵野辺駅『大勝軒 淵野辺店』

Image_2

初夏のような陽気の昼下がり、一仕事を終えて淵野辺駅近くのラーメン店『大勝軒 淵野辺店』に入った。以前に横浜線淵野辺駅周辺にそれなりのラーメン店があったことを記憶していたからだ。
らーめん ふつう(780円)を注文。供されたラーメンは他の店なら大盛に匹敵するような、ボリュームのあるラーメンだ。煮干し出汁の醤油味スープ、麺は中細ストレート系、トッピングはチャーシュー3枚、メンマに葱を散りばめたあっさり味。少なめ、ふつう、大盛のカテゴリーで、らーめん、チャーシュー、メンマの3種類のラーメンのみとメニューはいたってシンプルだ。最初の一啜りで『永福町 大勝軒』のラーメンを彷彿させたので、支払い時にその系列かどうか店の女性に訊いてみた。
「『大勝軒』淵野辺店とありますが、『永福町 大勝軒』の支店ですか」と筆者。
「少しお待ちください」と女性がガラス張りの中の厨房にいる店主らしき男性に訊きに行った。
「違いますが。うちの店です」と答えが帰ってきた。含み笑いをしながら。
しかし、確かにここのラーメン店は、『永福町 大勝軒』のラーメンだけではなく厨房まで似ていて、『永福町 大勝軒』で修業したか、真似たかのどちらかなはずだ。『永福町 大勝軒』と違うとすれば、葱が豊富なことと煮干し出汁醤油味のスープに今一キレがないことか。それにしても看板の“大勝軒 淵野辺店”の紛らしいこと。“大勝軒”でもなく“支店”でもないという、二重の意味でややこしい。むしろ、寄らば大樹的なことに依存せず、オリジナリティ溢れる名前を看板に付けるべきじゃなかったかー。
午後2時を回った時間帯にもかかわらず、カウンター席、テーブル席併せて26席位ある客席は、初めは空いていたが少しずつ客が入ってきて、いつの間にか席はそれなりに埋まった。アットホームなやや緩い感じのするラーメン店だが、“ラーメン ふつう”で満腹感を味わった。
帰り際にラーメン店『浅沼屋』や『横浜家系大和家 淵野辺店』を見つけた。
淵野辺駅『大勝軒 淵野辺店』1.スープ★★☆2.麺★★3.トッピング★★4.接客・雰囲気★★5.価格★★

« クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 7 | トップページ | Chojin's hobby : bonnsai dwarfted tree in a pot »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 196 淵野辺駅『大勝軒 淵野辺店』:

« クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 7 | トップページ | Chojin's hobby : bonnsai dwarfted tree in a pot »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31