« クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 6 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 196 淵野辺駅『大勝軒 淵野辺店』 »

2015/04/20

クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 7

余滴の余滴。
常盤新平の仇敵小林信彦氏は、前述した『週刊文春』で昔のことを話していたが、その小林信彦氏がまだテレビの構成作家の頃に手掛けたテレビ番組「巨泉・前武ゲバゲバ90分」という当時としては斬新なナンセンス ショートコント番組があった。大橋巨泉、前田武彦、愛川欽也、藤村俊二や萩本欽一などが出演。その出演者の一人愛川欽也がつい先日亡くなった。生前病名を明かさずという本人の意志を守った妻のうつみ宮土里さん、病名は肺癌だった。享年80歳。情報番組「アド街っく天国」の司会を20年間務めてこの3月に降板したばかりの悲報。仕事好きだったという。ラジオ深夜番組「パックインミュージック」は学生時代、アルバイト先で聞いていたし、「巨泉・前武ゲバゲバ90分」は、勿論実家でも観ていたが、上京したばかりの頃に東中野にいた中学校の同級生Y君の下宿していた家(新潮社の編集者で『アルベール・カミュ全集』の担当者だった兄の家)で観た記憶が鮮明だ。テンポの速い“ナンセンスなストーリー”についていけず、考え込んでいるうちに場面は次々と切り替わって、いつのまにか終わっている感じだった。

追記 そう言えば、出演者はこんなに。朝丘雪路、松岡きっこ、小川知子、吉田日出子、うつみみどり、野川由美子、宮本信子、小山ルミ、キャロライン洋子、ジュディオング、小松方正、宍戸錠、常田冨士雄、坂上二郎、大辻伺郎など女優、タレント、男優、芸人。「巨泉・前武ゲバゲバ90分」の名付け親は小林信彦氏、名前をつけただけで10万円をもらったという。その名前の「ゲバゲバ」は元々ゲバルト(暴力)の意で、当時の学生運動から採った。一部「ウィキペディア」を参照。

« クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 6 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 196 淵野辺駅『大勝軒 淵野辺店』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 7:

« クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 6 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 196 淵野辺駅『大勝軒 淵野辺店』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31