« クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 3 | トップページ | クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 5 »

2015/04/16

クロカル超人が行く 173 町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 4

候補作は常盤新平『遠いアメリカ』(353枚)の他に、逢坂剛『カディスの赤い星』(1289枚)、早坂暁『ダウンタウン・ヒーローズ』(592枚)、山崎光夫『ジェンナーの遺言』(277枚数)、赤羽尭『脱出のパスポート』(483枚)、小松重男『*の縁側』(69枚)、落合恵子『アローン・アゲイン』(394枚)の7作。筆者の知らない作家もいる。原稿枚数の最長は逢坂剛の『カディスの赤い星』で1289枚、最短は小松重男の『鰈の縁側』で61枚だ。常盤新平の『遠いアメリカ』は長さでは5番目。原稿枚数の長さで最長と最短の差は1228枚もある。勿論作品の良し悪しは内容だが。一行書くのに相当時間を費やす作家もいるくらいだから、それは作家の持ち味かも。〈続く〉

« クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 3 | トップページ | クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 173 町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 4:

« クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 3 | トップページ | クロカル超人が行く 173  町田市民文学館『常盤新平展』 余滴 5 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31