« 超人の面白ラーメン紀行 192 徳島ラーメン『ラーメン東大京都店』 | トップページ | 超人の面白読書 107 西脇順三郎を偲ぶ会編『西脇順三郎物語』ー小千谷が生んだ世界の詩人ー »

2015/02/06

超人の面白ラーメン紀行 193 神田神保町『うち田』

Ramenuchida__

3ヶ月前に地下鉄神保町駅のすぐ近くにオープンした濃厚豚骨ラーメンの『うち田』。ご存知神保町界隈はラーメンの激戦区、ここで成功すればかなりの実力ということだ。過去に何度も進出しては撤退しているラーメン店を見てきた筆者としては、できれば成功してこの界隈に溶け込んでほしいと思うのだ。
実は神保町駅すぐの羽根つき鯛焼き屋『神田達麿』の脇に新しいラーメン店ができてどうかなとずっと躊躇していたら、よく行く地元のラーメン店で『ラーメン2014』なる雑誌にこのラーメン店が載っているのを偶然見つけあとを押されたのだ。
さて、遅い昼食時に、味噌ラーメンが食べられるとあって思いっ切って入ったまでは良かった。券売機前で財布を広げたら中身が空っぽなのに気付いて一旦外へ。銀行へ寄り大型書店の文房具で用事を済ませた後、ラーメン店に再び入ったのだ。迂闊だった!本当は味噌ラーメンと行きたいところだったが、初めて入るラーメン店は基本の「ラーメン」と決めているので、ここでもそのルールに従ってラーメン(720円)をオーダー。背脂少しと頼んでいたラーメンが出てきた。シャキシャキ感のあるたっぷりのモヤシを掻き分けてスープを一啜り、濃厚豚骨系だがまろやかさがあり、太麺とよく絡んでいる。二昔前の札幌ラーメンを彷彿させる。また、どっしりと存在感を示しているチャーシューは、硬いイメージの予想を覆して柔らかそのもの、美味。食べごたえのある一杯だ。完食。午後の遅い時間帯でも客入りはまあまあ。店はカウンター12席のみ。スタッフは厨房2人、ホール1人の3人で切り盛りしているこぢんまりした店。聞けばここが初めての店だという。近いうちに今度は味噌ラーメンに挑戦してみたい。

神田神保町『うち田』1.スープ★★2.麺★★3.トッピング★★☆4.接客・雰囲気★★5.価格★★

追記 3日後この店を再訪して味噌ラーメンを食した。懐かしい味に一味進化させた感じのラーメンである。特にスープの味噌味が顕著。コーンこそトッピングになかったが、探していた札幌味噌ラーメンの味に近かった。懲りずに翌日も食べてしまった!

Image_3 Image_5


« 超人の面白ラーメン紀行 192 徳島ラーメン『ラーメン東大京都店』 | トップページ | 超人の面白読書 107 西脇順三郎を偲ぶ会編『西脇順三郎物語』ー小千谷が生んだ世界の詩人ー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 193 神田神保町『うち田』:

« 超人の面白ラーメン紀行 192 徳島ラーメン『ラーメン東大京都店』 | トップページ | 超人の面白読書 107 西脇順三郎を偲ぶ会編『西脇順三郎物語』ー小千谷が生んだ世界の詩人ー »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31