« 超人の面白ラーメン紀行 186 世田谷区・三軒茶屋『和正』 2 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 26 板橋区立美術館『種村季弘の眼 迷宮の美術家たち』 6 »

2014/10/12

超人のドキッとする絵画 26 横浜美術館『横浜トリエンナーレ 2014』

Ncm_1317_4 Ncm_1342_3

横浜みなとみらいにある横浜美術館で開催中の『横浜トリエンナーレ 2014』を観に行った。3連休の中日の午後、みなとみらい地区はジャズプロムナードも開催していて賑わいを見せていた。横浜美術館入口の当日券買いに200人位並んでいるあとにつけたが15分位で会場に入れた。今日は2000人の来場者があったと関係者。こんなことは珍しいらしい。2014年のテーマは、華氏451の芸術 : 世界の中心には忘却の海があるだ。ART Fahrenheit 451 : Sailing into the sea of oblivion.美術評論家森村泰昌氏などが企画•構成。マイケル•ランデイ《アート•ビン》が今回の展示品を象徴している。美術のためのゴミ箱で、創造的失敗のためのモニュメント、過去の作品を持ち寄り捨てることで成立する参加型のプロジェクトだ(横浜美術館のカタログから)。いろいろな現代美術の試みは理解できるも、全展示品の簡単な目録がないのはいかがなものか。

« 超人の面白ラーメン紀行 186 世田谷区・三軒茶屋『和正』 2 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 26 板橋区立美術館『種村季弘の眼 迷宮の美術家たち』 6 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白ラーメン紀行 186 世田谷区・三軒茶屋『和正』 2 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 26 板橋区立美術館『種村季弘の眼 迷宮の美術家たち』 6 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31