« 超人のドキッとする絵画 25 板橋区立美術館『種村季弘の眼 迷宮の美術家たち』 2 | トップページ | 超人の面白俳句 »

2014/10/04

超人の面白ラーメン紀行 185 北区東十条『麺処 ほん田』

1412406926804.jpg

東京駅ラーメンストリートに出店している『麺処 ほん田』の本店に出向いた。土曜日午後、曇天下1時間待ちで注文の香味鶏ラーメン(750円)に出会えた。あっさり系。どこか懐かしい醤油ラーメンに通じる味だ。中細ストレートの麺が独特で、もちもち感、スルスル感たっぷり。トッピングは歯ごたえのあるピンク色をしたチャーシューとアクセントの水菜、刻みネギ、細切れのメンマそれに海苔といったシンプルな構成だ。メニューはあっさり系とこってり系に分かれていて、それぞれ醤油ラーメン、塩ラーメン、豚骨魚介ラーメンそれにつけ麺だ。若き店主が腕を振るうカウンター10席の店。

住所 : 北区東十条1-22-6 tel : 03-3912-3965 営業時間 : [月木土」11:30~16:00(材料切れ次第)[火金日]11:30~16:00 18:30~22:00(材料切れ次第終了)定休日: 水曜日
北区東十条『麺処 ほん田』 1.スープ★★2.麺★★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★★5.価格★★

食べ終えて路上をJR十条駅に向かって歩くこと2分、またまた行列のできている店を発見。やきとんで超有名らしい『埼玉屋』である。開店前に30人以上の行列ができていた!

追記 もう一つ十条駅には有名店があった。駅西口出口を出て歩くこと2分、左側角に独特の味で根強いファンを持つ、どら焼き専門店『黒松』である。実は和菓子まで趣味範囲が広くない筆者にとって、こんな所に行列?不思議だったが、知り合いに教えてもらって納得。東十条は寂れているなと思ったが、意外や意外、狭いエリアに有名店が3店舗も。ラーメン、やきとん、どら焼きとジャンルも違って。こりゃ、おもしろい。


Image_5


« 超人のドキッとする絵画 25 板橋区立美術館『種村季弘の眼 迷宮の美術家たち』 2 | トップページ | 超人の面白俳句 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 185 北区東十条『麺処 ほん田』:

« 超人のドキッとする絵画 25 板橋区立美術館『種村季弘の眼 迷宮の美術家たち』 2 | トップページ | 超人の面白俳句 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31