« 超人の面白ラーメン紀行 183 湯河原町『らぁ麺 飯田商店』 | トップページ | 超人の面白読書 103 六草いちか著『それからのエリスーいま明らかになる『舞姫』の面影』 11 »

2014/07/28

超人の面白ラーメン紀行 183 湯河原町『らぁ麺 飯田商店』 2

筆者好みのやや柔らか目の細麺にスープがよく絡んでいる。上品なうどんを食べている感じだった。
トッピングのチャーシューは豚と鶏の2種類、決して超柔らかとは言い難いが歯応えがあって美味。材木メンマは硬目。ここまで書いて気づいたことが、それは追加で頼んだトッピングのわんたんのことに触れていなかったことだ。何せ醤油ラーメンだと思って食べていたがわんたんがあったのだ!わんたん入りのラーメンは滅多に口にしない筆者が、何故だかうまそうに見えたので食べてみたくなったのが正直な気持ちだった。どっこい、ここの店では醤油ラーメンと同じ位売れ筋のわんたん麺(つけ麺?)と思うが、筆者としてはやはり重過ぎたかも。わんたんの味も悪くはなかったけれど、少なくとも別々に味わいたかった。全体的にいえば、バランスの取れた上品な醤油ラーメンである。美味。昭和の時代がメチャ残る店に若者が2人、汗びっしょりになってラーメンを捌いている姿は、猛暑日なのに却って涼しげー。店内はカウンター席7名とテーブル席2名の9名で目一杯のこぢんまりした地方の食堂の趣。メニューは醤油らあ麺(750円)、醤油わんたん麺(900円)、つけ麺(900円)、醤油チャーシュー麺、二ボっちゃん(750円)他、サイドメニューはたまごかけごはん(300円)それにバター醤油ごはん(220円)。客層もカップル、独身男性、家族連れ、中年夫婦、年配者など幅広い。2010年3月開店だからまだ4年と4ヶ月を過ぎたばかりだ。少しばかりタイムスリップしたワンダーラーメンハウス的な雰囲気を味わうには最適な空間かも。下向きな好青年たちよ、ガンバレ。珍しく応援したくなった。
店を出たら暑さもピーク、途中セブンイレブンに寄ってアイスコーヒーを買い喉を潤した。
住所 : 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2ー12ー4  電話 : 0465ー62ー4147 営業時間 : 11時~15時 定休日: 月曜日
湯河原町『らぁ麺 飯田商店』1.スープ★★★2.麺★★☆3.トッピング★★☆4.接客•雰囲気★★☆5.価格★★☆

Image. Image_2

« 超人の面白ラーメン紀行 183 湯河原町『らぁ麺 飯田商店』 | トップページ | 超人の面白読書 103 六草いちか著『それからのエリスーいま明らかになる『舞姫』の面影』 11 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 183 湯河原町『らぁ麺 飯田商店』 2:

« 超人の面白ラーメン紀行 183 湯河原町『らぁ麺 飯田商店』 | トップページ | 超人の面白読書 103 六草いちか著『それからのエリスーいま明らかになる『舞姫』の面影』 11 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31