« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014/07/28

超人の面白ラーメン紀行 183 湯河原町『らぁ麺 飯田商店』 2

筆者好みのやや柔らか目の細麺にスープがよく絡んでいる。上品なうどんを食べている感じだった。
トッピングのチャーシューは豚と鶏の2種類、決して超柔らかとは言い難いが歯応えがあって美味。材木メンマは硬目。ここまで書いて気づいたことが、それは追加で頼んだトッピングのわんたんのことに触れていなかったことだ。何せ醤油ラーメンだと思って食べていたがわんたんがあったのだ!わんたん入りのラーメンは滅多に口にしない筆者が、何故だかうまそうに見えたので食べてみたくなったのが正直な気持ちだった。どっこい、ここの店では醤油ラーメンと同じ位売れ筋のわんたん麺(つけ麺?)と思うが、筆者としてはやはり重過ぎたかも。わんたんの味も悪くはなかったけれど、少なくとも別々に味わいたかった。全体的にいえば、バランスの取れた上品な醤油ラーメンである。美味。昭和の時代がメチャ残る店に若者が2人、汗びっしょりになってラーメンを捌いている姿は、猛暑日なのに却って涼しげー。店内はカウンター席7名とテーブル席2名の9名で目一杯のこぢんまりした地方の食堂の趣。メニューは醤油らあ麺(750円)、醤油わんたん麺(900円)、つけ麺(900円)、醤油チャーシュー麺、二ボっちゃん(750円)他、サイドメニューはたまごかけごはん(300円)それにバター醤油ごはん(220円)。客層もカップル、独身男性、家族連れ、中年夫婦、年配者など幅広い。2010年3月開店だからまだ4年と4ヶ月を過ぎたばかりだ。少しばかりタイムスリップしたワンダーラーメンハウス的な雰囲気を味わうには最適な空間かも。下向きな好青年たちよ、ガンバレ。珍しく応援したくなった。
店を出たら暑さもピーク、途中セブンイレブンに寄ってアイスコーヒーを買い喉を潤した。
住所 : 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2ー12ー4  電話 : 0465ー62ー4147 営業時間 : 11時~15時 定休日: 月曜日
湯河原町『らぁ麺 飯田商店』1.スープ★★★2.麺★★☆3.トッピング★★☆4.接客•雰囲気★★☆5.価格★★☆

Image. Image_2

2014/07/27

超人の面白ラーメン紀行 183 湯河原町『らぁ麺 飯田商店』

Image_2

34、5℃位の猛暑日が続き、身体が悲鳴を上げているときにも決行したラーメン紀行。熱海の手前の湯河原に出かけた。ここに麺とか出汁が美味いと評判の新興ラーメン店がある。神奈川県では一番美味いラーメンらしい。
早速湯河原駅を降りて右側の道路沿いに歩くこと8分、行き過ぎて引き返したら土肥2丁目のバス停あたりに門川タクシーを、その前の方角に薬局を見つけて右折、行列している一角を発見して一安心。やっと『らぁ麺 飯田商店』にたどり着いた。午後1時直前、すでに13人が並んでいたが思ったほどではなかった。でも入るのに30分、食べ終えるのにはわずか10分、トイレタイムを入れてもトータル42分のラーメンタイム。比較的新しい券売機で鶏醤油ラーメン(750円)それに追加で鶏わんたん(250円)を頼んだが、出て来たのは一緒盛りになった鶏わんたん麺だった。これには些かビックリ、本当は別々に味わいたかったのだ。もちろん値段は一緒盛りの鶏わんたん麺に変身したものと同じ。透明感のある淡麗系の一品なのだが白いすりばち状のどんぶりには表面張力っぽい油脂がたっぷり、少し気になったが一啜りしてまろやかな味わいに。逸品に変身していく様子がジワリときて先ほどの懸念が一蹴された感じだ。それもそのはず、材料のこだわりが半端じゃないのだ。麺は北海道江別産の小麦粉を店の2階で自家製麺したもの、スープは自家火入り生醤油と秋田の比内鶏ガラそれに東京軍鶏をブレンドしたもの、塩は沖縄産、冠水はモンゴル産のを使用とこだわり抜いている。同じく材料こだわり派の若者組、早稲田の『らぁ麺 やまぐち』の鶏そばと劣らず美味、否、むしろ塩辛さはこちらのスープにはないようだ。


2014/07/25

超人の面白読書 103 六草いちか著『それからのエリスーいま明らかになる『舞姫』の面影』 10

第3章 ベルリン余話では鷗外の『独逸日記』から繙き、ドイツ留学仲間の橋本春と梅錦之丞を取り上げている。この二人は言わば挫折組に属するが、明治20年代にあってはエリートで前途洋々の未来が待っていたはずだった。少なくともドイツ留学する前は。
2005年2月23日付朝日新聞夕刊に、ドイツ留学中の小池正直が石黒忠悳にあてて書いた手紙が発見されたが、「小池の尽力で鷗外が『伯林賤女』と別れることになった」といった内容が報じられた。この件に関して著者はまったくの誤報とバッサリと切り捨てている。実は「伯林賤女」は橋本春の恋人で、鷗外とは関係なかったと著者は書く。筆者は以前にこの朝日新聞夕刊に掲載された記事を読んだことがある。〈続く〉

2014/07/19

超人の面白読書 103 六草いちか著『それからのエリスーいま明らかになる『舞姫』の面影』 9

このコラムが節目の1500本目。懲りずによく書いてきたと思う。正直言って途中弛みもあった。今は持続することの意義を見出している。これからもご贔屓に。

さて、鷗外 の話の続き。エリーゼは鷗外を追って日本に来たことは良く知られている。本書でもエリーゼ探しの合間に今までの整理の意味でまた、検証する意味でも章を設けている。それにしてもドイツのブレーメンから横浜まで片道一等船室で1750マルクもの高額な渡航費ー今でも大金には違いないーを、青年鷗外が工面して出したらしいがそれも尋常を超えている。この件については詳細はまだ分らないらしい。当時の円は今の12000倍だそうだから、マルクを円に換算したら相当な金額になることは間違いない。しかし、鷗外を追ってきたエリーゼは、森家の計らいで滞在10日余りでドイツへ返されてしまう。この復路の過程を調べた話が本書にあって少しばかり心を動かされた。マイナスの意味でだが。日本から離れた乗換港の香港からは二等船室だった。そしてイタリアのジェノバからは陸路を使って帰国させたという。何と森家は費用をケチったのだ。著者が書く行きは“姫君”帰りは“賤女”の所以だ。
鷗外の『独逸日記』の梅某の言及とエピソード、ドイツ留学時の鷗外の下宿考証と執拗な調査と発見が続く…。〈続く〉

2014/07/18

超人の面白読書 103 六草いちか著『それからのエリスーいま明らかになる『舞姫』の面影』 8

著者は前著の『ベルリン住所帳』1898~1904年でエリーゼの消息が確認できたと書く。それは下記のようだ。

『ベルリン住所帳』[1894年版]
E.Wiegdrt,Putzmacherin, C KⅠ. Poststr. Ⅰ.Ⅲ
(E.ヴィーケルト、帽子製作者、中央区、クライネ・ポスト通り、第三階層)

エリーゼ探しは教会公文書館の名簿からあたり、出生については洗礼簿を見る。また、墓地調査も。教会公文書館で調査していると必ず現れる“墓地の女”から戸籍役場へ行けとアドバイスを受ける。そして戸籍役場での調査。しかし悪戦苦闘するもエリーゼの正体が掴めない。再度『ベルリン住所帳』でエリーゼについて確認する。
出版年1898年~1899年、住所表記名エリーゼ/縫製業、1900年~1903年、ルーツィ/帽子製作、1904年、エリーゼ/縫製業とあり、名前を替えてまた元の名前に戻っていることが分かる。だが、依然として出生、結婚、死亡記録が分からない。このルーツィの名前が後の新発見の導線となる‥‥。〈続く〉

2014/07/17

超人の面白読書 103 六草いちか著『それからのエリスーいま明らかになる『舞姫』の面影』 7

著者六草氏は前作『鷗外の恋ー舞姫エリスの恋』の発刊後の反響から筆を起こし、『舞姫』モデルを再考、再びエリーゼ探しの旅に出る。鴎外の妹喜美子の日記にはエリーゼが妊娠しているのではなかと書かれている。先人たちの研究を踏まえながら仮説を立て取材し緻密に分析して行く。鷗外の母峰の送金では書籍代にしては高額な送金もあって、それがエリーゼの子どもの養育費に充てれていたのではないかと当時の郵便振替などの分析を試みている。しかし、確証はない。
著者は早くからドイツに留学していて今はベルリン在住、日本の雑誌に映画評や女性誌にドイツ事情を定期的に寄稿しているジャーナリストである。(続く)

2014/07/14

超人の面白読書 103 六草いちか著『それからのエリスーいま明らかになる『舞姫』の面影』 6

本書の目次で特に筆者が惹かれた箇所は、意外にも第5章 後ろ姿が見えてきた 3 地図を広げた石の段のところだ。千葉県日在にある森鷗外の別荘での話。次女杏奴の『晩年の父』を引用しながら著者は現場に出かけて書いている。
夜娘杏奴を連れて川岸の階段で一休みし、ベルリンの地図を広げて物思いに耽る晩年の鷗外ー。地図を見ながら遥かベルリンにいるエリーゼを思いつつ‥‥。しかし、エリーゼとの再会はもはや果たせない、このやるせなさが行間から伝わって来るのだ。この思いとは些か違うが、似たようなことが筆者にもあって長い年月を越えて近い将来再会できるか?ドイツより北の国、しかし、大雑把にしか居場所が分からない。
鷗外の心境、分からないでもないが。ロマンチックといえば格好良いが、鷗外先生は些か年を取りすぎたー。

2014/07/09

文化講演会の案内 クロスカルチャー出版主催 第9回文化講演会 落合 功先生「徳川時代の平和」

クロスカルチャー出版主催 第9回文化講演会が開催されます。ご関心のある方は奮ってご参集されたい。

演題「徳川時代の平和」

講師 : 落合 功 青山学院大学教授
日時 : 2014年7月19日(土)午後1時半~4時半
場所 : YMCAアジア青少年センター3階会議室
    東京都千代田区猿楽町2-5-5 電話03-3233-0611
    JR水道橋駅東口5分/御茶ノ水駅徒歩7分
資料代 : 1,000円(学生は半額)

今「平和」を考えることが極めて重要です。歴史を遡って近世の徳川時代ではどうだったのか。長年このテーマを追ってきた歴史家を講師に迎え、存分に語ってもらいます。

講師は日本経済史、日本史がご専門。
主な著作は、『江戸内湾塩業史の研究』、『戦後、中手造船業の展開過程』、『地域形成と近世社会―兵農分離制下の村と町―』、『入門 事例でみる江戸時代』、『近世の地域経済と商品流通―江戸地廻り経済の展開―』、『入門 日本金融史』、『評伝 大久保利通』、『近世瀬戸内塩業史の研究』など。

この文化講演会の問い合わせ先 :
クロスカルチャー出版 文化講演会係
電話03-5577-6707
ファクス03-5577-6708
email : crocul99@sound.ocn.ne.jp

2014/07/06

超人の面白ラーメン紀行 182『ラーメン魁力屋 四条烏丸店』

取り上げるか迷った京都一乗寺が本店のラーメンチェーン店京都北白川『ラーメン魁力屋 四条烏丸店』。一杯飲んだ後入った店だが、頼んだ特製醤油ラーメン(600円)はそれなりに美味かった。背脂が多少キツかった以外はー。特に醤油ベースのスープとトッピングの薄切りチャーシューが。スープは鶏ガラを炊き込み透明感のある青湯に仕立てた独特の製法らしく、味はいい。どちらかと言うと京都の老舗『本家第一旭たかばし本店』の味に近い。店員の応対もまあまあ、締めの一杯に最適。
この『ラーメン魁力屋』はチェーン店らしく、一乗寺の本店以外に京都に3店、大阪に7店、兵庫に4店、三重に1店、東京に4店、神奈川に11店、千葉に6店、埼玉に4店それに宮城に2店の43店もある。これは店からもらった店舗情報を見て書き写したもの。さらに店は増え続けているらしい。
また、翌日にはあのラーメンの伝道師故佐野実氏も訪ねた“火柱”ラーメンでマスコミにも度々登場している、二条城近くの『麺馬鹿一代』のネギラーメン(1150円)にもチャレンジ。しかしこのラーメン店はファイヤーパフォーマンス以外に論評は無用のようだ。ネギを焦がすだけのことにしては大袈裟。麺、スープ、トッピング、接客•雰囲気、価格いずれの項目でも★はせいぜい一つが精一杯。こういう店もあるのだ。折角雨の中青葉マークのタクシードライバーに行き先を告げて走るも、地理に疎く散々迷った挙句辿り着いたというのに。アンラッキー、ラーメンの神様はいなかった。
さて、翌々日は気持ちを切り替えて、ラーメン紀行とは少し逸れてしまうが同じ麺でもうどん屋探しに。仕事の合間に昼食と思い、乗り込んだタクシーのドライバーに聞いて電撃訪問したのが、京都東山の八坂神社(すでに祇園祭が始まっていてこの辺が中心。今年は山鉾巡行が17日の前祭と24日の後祭もあるらしい)近くにあるカレーうどん屋『味味香』。東山にはカレーうどん屋がそれなりにあるらしい。ここの豚角煮カレーうどんを食べた。麺は細麺、出汁、とろみ、カレー、豚角煮それにネギ、いずれも絡み合って効果抜群。美味。特に角煮はとろとろ。価格が900円とちと高いのが難点かも。

【写真左上から『魁力屋四条烏丸店』の特製醤油ラーメン、『麺馬鹿一代』のネギラーメン、店入口、カレーうどん屋『味味香』、店入口】

Image Image_3 Image_5 Image_7 Image_8 Image_10


2014/07/02

クロカル超人の面白ラーメン紀行 181 ニューヨーク•アイバンラーメン2号店リポート

今回の超人の面白ラーメン紀行は、趣きを変えてニューヨークからの最新ラーメン事情だ。
ニューヨーク在住のI君に2ヶ月前にオープンしたばかりのロウアーイースト サイドにあるアイバンラーメン2号店(25 Clinton St., New York)をリポートしてもらった。このリポートによると、評判の割 りには美味しくなかったようだ。しかし、届いた店内の写真を見ると分かるように、さすがニューヨークのインテリアはスタイリッシュ。
個人の好みに左右されやすいのがラーメンである‥‥。やはり『MOMOFUKU NOODLE BAR』の方が美味いかー。

I君からの辛口ラーメンレポートをどうぞ。
店内はおしゃれなカフェ的な感じで裏庭まであります。働いてる人はみんなアメリカ人で、アジア人はあまりいないみたいです。東京醤油ラーメン13ドル。注文してすぐ出てきました。具は、チャーシューとネギだけのとてもシンプルなラーメンです。見た目通り、真っ黒、スープがとても濃厚です。塩辛過ぎて、つけ麺のつゆを飲んでいるような食感。美味しいとは言えない味。チャーシューは柔らかいけど、味付けがうすめです。スープを飲んだ後に喉がすごく渇きます。麺をハシであげたらスープが濃厚過ぎて、麺の色が茶色くなっています。麺は細麺でした。折角食べに来たのに期待を裏切られた感じです。★一つです!
【I君撮影の東京醤油ラーメンと店内】
Image_2 Image Image_3 Image_4 Image_5 Image_4


2014/07/01

超人の面白読書 103 六草いちか著『それからのエリスーいま明らかになる『舞姫』の面影』 5

それでは一応目次を追ってみよう。

序章 続きの始まり

第1章 エリーゼは鷗外の子を産んだのか
1 森家の不思議な送金
2 戸籍役場に行きなさい
3 クララの子ども

第2章 ままならね思い
1 鷗外の再婚をめぐって
2 行きは「姫君」、帰りは「賤女」
3 モノグラフ型とカフスボタン

第3章  ベルリン余話
1 橋本春の恋
2 梅錦之しょうの忘れ形見
3 考証・鷗外の下宿

第4章 うしろ姿が見えてきた
1 エリーゼは結婚していた
2 妹エルスベス
3 地図を広げた石の段

第5章 あともう一歩
1 ユダヤ人墓地へ
2 『普請中』と『即興詩人』
3 マックスの墓

第6章 その面影に
1 「暗号」の幻
2 ああ、ルーツィー! ルーツィーだ
3 エリーゼの写真

終章 つらいことより喜びを

主要参考文献

あとがき

〈続く〉

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31