« 超人の面白音楽 クラシック音楽専門・インターネットラジオ『オッターヴァ』 2 | トップページ | 超人の面白読書 103 六草いちか著『それからのエリスーいま明らかになる『舞姫』の面影』 5 »

2014/06/30

超人の面白よみもの スウェーデンの日本人女医のブログ「Alltid leende いつも笑顔で」

つい最近スウェーデン王室のグスターフ6世の長男カール・フィリップ王子がモデルのソフィア・ヘルクビストさんと婚約したとのニュースが入ったばかり。そこでスウェーデン王室のウォッチャーでもある「Alltid leende」のブログを読んでみようと久し振りにアクセスしたら身近なところでサプライズがあった。このブログの女医さんの夫君のことが書かれていたからだ(なんでも夫君のことが書いていないので読者から嫌みを書かれたらしい)。しかもスウェーデンの有力紙「ダーゲンス・ニーヘーテル」に載ったというから二重にサプライズ。そしてさらにサプライズが。同じ境遇を持った3人が30年ぶりに会い食事をしたことが掲載されていたのだ。そのうちの一人がブログの女医さんの夫君だ。Magnus、CLaesとPerの3人。この3人は偶然にも同じ日に違った事故で脊髄損傷し車椅子生活者を余儀なくされた人たちだ。こういうこともあるのだ。

DN, 5/30/2014

Tre olyckor på samma dag ledde till vänskap.

Tre män bröt nacken i tre olika olyckor. På lördag, på dagen trettio år senare, ska de fira livet och tillsammans äta en god middag i Stockholm.

2014年5月30日の「ダーゲンス・ニーヘーテル」紙の記事。

違った事故にあった3人が友情を導く、との見出しで。
違った事故で3人が脊髄損傷を負い、30年後のこの日に人生に祝福しストックホルムで夕食を共にした。 

写真も掲載されていたがここではカット。「ダーゲンス・ニーヘーテル」紙の見出しやリードの次に詳細な内容も掲載されているので、読みたい方は「Alltid leende」へアクセスされたい。
「Alltid leende」のブログの女医さんはまた、まもなく2歳になる双子の子どもの母親でもある。なかなか頑張り屋さんなのだ。人生、楽あれば苦もあるを地で行く女性だ。最近の「Alltid leende」ブログより

« 超人の面白音楽 クラシック音楽専門・インターネットラジオ『オッターヴァ』 2 | トップページ | 超人の面白読書 103 六草いちか著『それからのエリスーいま明らかになる『舞姫』の面影』 5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白音楽 クラシック音楽専門・インターネットラジオ『オッターヴァ』 2 | トップページ | 超人の面白読書 103 六草いちか著『それからのエリスーいま明らかになる『舞姫』の面影』 5 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31