« 超人のドキッとする絵画 24 平塚市美術館『石田徹也展ーノート、夢のしるしー』 2 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 24 平塚市美術館『石田徹也展-ノート、夢のしるし- 』 4 »

2014/05/29

超人のドキッとする絵画 24 平塚市美術館『石田徹也展ーノート、夢のしるしー』 3

石田徹也は自分のアイデア帖に書いている。

最初は自画像に近いものだった。弱い自分をギャグやユーモアで笑えるものにしようとした。結果は、笑えるものだったり、余計かなしいものができたりして、見る人にとっては、風刺や皮肉と受け止められることもあった。そうやって続けていくかていで、自分自身が消費者、都市生活者、労働者、と広がってきて、自分の感じる社会問題も意識するようになった。 
僕が、強く感じることができるのは、人の痛み、苦しみ、不安感、孤独感などなどで、そういったものを自分の中で消化し、独自の方法で見せたい。

1999年4月頃のアイデア帖より(P.267『石田徹也・ノート』求龍堂 2013)

さて、印象に残った作品の続き。
33.無題 1977年頃 アクリル、板 1820×145.6 静岡県立美術館蔵
34.無題 1997年頃 アクリル、板 182.0×91.0 個人蔵
36.めばえ 1998年頃 アクリル、板 145.6×206.0 静岡県立美術館蔵
37.説教 1999年 アクリル、板 51.5×72.8 個人蔵
40.父性 1999年 アクリル、カンヴァス 45.5×53.0 個人蔵
42.分解 1999年 アクリル、カンヴァス 51.5×72.8 静岡県立美術館蔵
49.捜索 2001年 アクリル、カンヴァス 112.1×162.1 第一生命保険会社
66.無題(絵皿) 1996年 陶器 193×19.8×1.8 個人蔵
69.無題 はりこ、絵付け前の高崎だるま 24.0×22.0×19.5 個人蔵
76.無題 2001ー03年頃 アクリル、カンヴァス 130.3×162.0 静岡県立美術館蔵
84.無題 2003年頃 アクリル・油彩、カンヴァス 91.0×117.0 個人蔵
102.転移 2004年頃 アクリル・油彩、カンヴァス 91.0×91.0 個人蔵
103.無題 2004年頃 アクリル・油彩、カンヴァス 145.5×194.0 静岡県立美術館蔵
特別出品 2003年頃 アクリル・油彩、カンヴァス 45.5×38.0 個人蔵
〈つづく〉

« 超人のドキッとする絵画 24 平塚市美術館『石田徹也展ーノート、夢のしるしー』 2 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 24 平塚市美術館『石田徹也展-ノート、夢のしるし- 』 4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人のドキッとする絵画 24 平塚市美術館『石田徹也展ーノート、夢のしるしー』 2 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 24 平塚市美術館『石田徹也展-ノート、夢のしるし- 』 4 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31